ANAワイドゴールドカードをENEOSで!ポイント3重取りでマイルを大量獲得しよう!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

日々の通勤やドライブで頻繁に車を使う人にとってガソリンスタンドはなくてはならない存在でしょう。給油時は、マイルをためたい陸マイラーさんには絶好のチャンスですよ。

ANAワイドゴールドカードは年会費の手軽さと効率的にマイルがたまるメリットから陸マイラーの間で人気の高いカードです。

今回はENEOS給油でワイドゴールドを使い、たくさんポイントを獲得するコツを紹介していきたいと思います。

まずは肝心のANAワイドゴールドとはどんなカードなのかを説明していきたいと思います。

もう知っているという人はContentsで読みたい見出しをクリックしていただければ、飛ばすことができますので、ぜひご活用ください。

 

ANAワイドゴールド 基本スペック

引用:ANA

基本スペックは以下のようになっています。

国際ブランド VISA・MASTER・JCB
年会費 15,400円(税込) 家族会員4,400円(税込)
基本マイル還元率 1.0%
交換可能マイル ANAマイル
入会・継続マイル 2000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%

ANAワイドゴールドはANAゴールドカードに分類され、3つの国際ブランドに分かれています。

基本スペックは同じなのですが、ブランドにより発行されるクレジットカード会社が変わってくるので、マイル還元率や年会費などが変わってきます。

 

VISA/MASTER/JCB 3社の違い

ANAワイドゴールドは、国際ブランドによって発行しているカード会社が異なります。

  • VISA/MASTER:三井住友カード株式会社
  • JCB:JCB株式会社

どこのクレジットカード会社を発行されているかで大きく変わってくるのは、年会費とマイル還元率です。

 

年会費

さらに、VISA/MASTERの場合は、三井住友カードのシステムを利用すると年会費が最大4,950円割引となります。

しかし、JCBの場合はそのような割引はないので、年会費は変わりません。

<年会費> VISA/MASTER JCB
本会員(税込) 10,450円(最安値) 15,400円
家族会員(税込) 2,750円(最安値) 4,000円
Mama
年会費を少しでも抑えたい人はこの記事をチェックしてください。→ANA・VISAワイドゴールドの年会費割引はリボ払いとWEB明細がカギ!

 

マイル還元率の比較

<VISA/MASTER>

ANA・VISA/マスターワイドゴールドのポイントは「ワールドプレゼント」という三井住友カード独自のシステムを採用しています。

ワールドプレゼントポイントは、1,000円の利用に対し1ポイントが付与され、このポイントを利用して、商品交換やANAマイルに移行することができます。

マイル移行は、1ポイントを10ANAマイルに移行できる「10マイルコース」に無料で入っているため、マイル還元率は1.0%になります。

さらに、三井住友カード独自のリボ払いシステムのマイ・ペイすリボを利用すれば、ボーナスポイントがもらえます。

そして、このボーナスポイントをマイルに移行することで、マイル還元率が最大1.3%にあがり、さらに東急ルートを利用した場合は最大1.375%となります。

Kai
東急ルートはマイルを効率よくためる上でとても重要です。

まだよく知らないという人はこの機会にしっかりと理解して活用していきましょう。→ANAマイル交換率75%の「東急ルート」と「東急カード入会キャンペーン」を徹底解説!

 

<JCB>

ANA・JCBワイドゴールドはJCBの「Oki Dokiポイント」というポイントシステムになっており、ワールドプレゼントポイントと同じく1,000円の利用につき1ポイントが付与され、1ポイントを10マイルに移行できます。

さらに、JCBもボーナスポイントがもらえますが、このボーナスポイントがマイル還元率の差になります。

JCBの場合、ボーナスポイントはJCBスターメンバーズというシステムでもらうことができ、年間のショッピング利用額によって、メンバーランクが変わるというものです。

このランクで獲得できるポイントが変わるので、それに合わせてマイル還元率も変わります。

ショッピング利用額 会員ランク ボーナスポイント マイル還元率
50万円以上 スターβ 10% 0.03%
100万円以上 スターα 20% 0.06%
300万円以上 ロイヤルα 25% 0.075%

このようにJCBはボーナスポイントを加算しても、マイル還元率は最大1.075%までしか上がりません。

Kai
以上のことから、3つの国際ブランドの中だとVISA/MASTERを選ぶ方がお得であると言えます。

 

ここで、「VISAとMASTER CARDの違いはないのかな?」と思った人もいると思います。

2つのブランドの違いは、使える場面の多さです。世界№1シェアがVISA、2位がMASTER CARDです。MASTER CARDが使えてVISAが使えない場合は、まずないと思います。

Kai
知名度の点からみても私はVISAがおすすめですが、最後は好みの問題かもしれませんね。

 

以上がANAワイドゴールドの基本情報となります。

ここからは本題のENEOSでカードを使うと、どれくらいのマイルがもらえるのかを説明していきたいと思います。

 

ANAワイドゴールドでENEOS給油するとマイルが大量獲得

引用:ENEOS

ANAワイドゴールドカードは国内最大手のENEOSでも利用できます。

しかも、ちょっとした工夫で二重・三重、それ以上の特典でがっつりマイルがためられるのです。

Kai
車を運転する人であれば給油は必ず行うと思います。給油する度にマイルをためられるのは嬉しいですよね。

 

ENEOSとえいば「JXTGホールディングス系列」の石油ブランドです。

2019年度にはJXTGホールディングス系列の「エッソ」「モービル」「ゼネラル」と統合し、全国のガソリンスタンドの約45%を占める日本最大の石油ブランドになりました。

ENEOSのスタンドは北海道から沖縄まで10000件以上あります。

Mama
最近ガソリンスタンドを探していると、ENEOSのオレンジ看板を見かける機会が増えました。

多くのスタンドがあるので、通勤から旅先の休憩の合間など多彩な場面で気軽にポイ活ができますよ。

 

まずはショッピング+給油の二重取り

上記でもお伝えしましたがANAワイドゴールドでショッピングをすると、基本のマイル還元率は1.0%です。

そして、カード発行会社のシステムを利用すると、VISA/MASTER:最大1.375%、JCB:最大1.075%のマイルをためることができます。

Mama
マイル還元率を上げる方法はこちらで説明していますので、ぜひご覧ください。→ANA・VISAワイドゴールドのワールドポイントとマイル還元率について!

 

さらに、ENEOSでANAカード決済をすると、クレジットカードのポイントとは別に、100円(税込)あたり1マイルが加算されるのです

ですので、ANAワイドゴールドを使ってENEOSを利用すると、マイル還元率はこのようになります。

  • VISA/MASTER:最大2.375%
  • JCB:最大2.075%

 

「文だけではよく分からない」と感じる人もいると思うので、例をあげて説明したいと思います。

ワイドゴールドの中でも、マイル還元率の高いVISA/MASTERを使って、1カ月40リットル給油したと仮定します。

ANA・VISA/マスターワイドゴールドで1カ月40リットル給油する場合

例えばガソリン価格140円とすると
140円×40リットル×1.1%(消費税)=6,160円

ショッピング+ENEOS給油マイルの利率を最大2.375%とすると
6,160円×0.02375%=約146マイル

1年間継続すると

146×12=約1,752マイル

なんとガソリン給油だけで年間約1,800マイルがたまる計算になります。

ちなみに成田⇔グアム間の直行便の往復チケットに必要なマイル数は20,000マイルです。

Mama
給油だけで年間2,000マイルも獲得できるのは嬉しいですが、なんでENEOSは別でマイルがもらえるのでしょうか?
Kai
それは、ENEOSが「ANAカードマイルプラス」に加盟しているからなのです。

 

ANAカードマイルプラスとは

引用:ANA

ANAカードマイルプラスとは、加盟店でANAカードを使って支払った場合、クレジットカード会社のポイントとは別に、税込金額100円または200円につき1マイルがたまるサービスです。

加盟店はスーパーやコンビニ、百貨店など数多くあり、利用する店舗によって100円=1マイルと200円=1マイルが変わってきます。(加盟店一覧はこちら)

Kai
ちなみに、ENEOSは100円=1マイルが獲得できるANAカードマイルプラス加盟店です。引用:ANA

ここまではショッピングと給油の二重取りでのマイル獲得についてでしたが、ここからはさらにマイルを得る方法を紹介していきます。

 

ANAワイドゴールドの三重取り+αにチャレンジ

引用:ENEOS

もっとがっつりマイルをためたい人には、Tカードの併用をおすすめします。

ENEOSでTカードを利用すると、200円(税抜)ごとにTポイントが1ポイント加算されます。

たまったTポイントは50%の交換率マイルに交換が可能です。なのでマイル還元率にすると、さらに0.25%アップするのです。※最低500ポイントから交換可能

1カ月40リットル給油する場合

先ほどのケースに当てはめると、Tカード利用だけで

140円×40リットル×0.0025%×12カ月=185マイル

クレジット+ENEOS給油+Tカード利用の三重取りで
1,752+185=1,937マイル

このように、ENEOS給油の支払い時にANAワイドゴールドとTカードを併用すると、年間で約2000マイルを獲得できます。

この他オイル交換などのメンテナンス費用の支払いやショッピングなどのTポイントも加算すれば、海外旅行のハードルもさらに低くなります。

注意

  • Tポイント利用の場合、一部対象外の商品・サービスがありますので注意してください。
  • 店舗ではポイント対象外のケースもありますので、事前に確認する事をおすすめします。

【Tポイント対象外の商品・サービス】

自動販売機・タバコ・金券類・車検時の法定費用・免税軽油・セルフ洗車機・配達灯油・車体購入・レンタカー・法人の利用に伴う個人カードへのポイント付与・転売目的商品(ガソリン・軽油・灯油のローリー買い、オイルのドラム缶買いなど、卸商品も含む)

Kai
Tポイントをマイルに交換する方法はこちらで詳しく説明しています。→期間固定TポイントとTポイントのANAマイルへの交換方法を教えます!

もっともっとマイルが欲しい人は、給油する日を選ぶことが重要になってきます。

 

給油する日を選んでプラスαのマイルをゲット

ENEOS給油でANAカードを利用するメリットはこれだけに留まりません。

ENEOSではスタンドごとにTポイント倍増デーを設けていることをご存じでしょうか?

大半は曜日ごとに2倍デー・3倍デーを行っています。一部では5倍デーを行う太っ腹なスタンドもあるそうです。

ポイント倍率の例

  • 2倍デー :200円ごとに2ポイント(1.0%)
  • 3倍デー :200円ごとに3ポイント(1.5%)
  • 5倍デー :200円ごとに5ポイント(2.5%)

倍率や実施日は各スタンドで異なりますが、近所のスタンドののぼりやポスターなどをチェックしてみてください。

 

しかし、ここでひとつ注意点があります。

ENEOSの給油の場合Tカードと併用できないカードがあるのですが、その中にANA系のカードも含まれているのです。

ANAカードでクレジット払いをしようとするとTカードが受け付けてくれません。

「な~んだ、がっかり」と諦めるのはまだ早いですよ。

Kai
実はちょっとした工夫でTカードとワイドゴールドの併用が可能になるのです。

 

ENEOSの支払いは「iD」・「QUICPay」を使うべし

ワイドゴールドカードとTカードの併用を可能にするには、電子マネー払いにすることです。

支払いの際に「クレジット払い」ではなく「電子マネー」払いを選択して「iD」または「QUICPay」を選択してみてください。

そうするとコンピューターがクレジットと認識しないのでTカードを受け付けてくれ三重取りが可能になります。

「iD」・「QUICPay」について

「iD」はNTTドコモが運営、「QUICPay」はJCBとイオンファイナンスが共同開発した電子マネーです。

どちらもポストペイ型と呼ばれる後払いタイプで、利用金額は連携しているクレジットカードの支払いに加算されるので、プリペイドカードのようにわざわざ現金をチャージする必要がなく大変便利です。

ANAワイドゴールドではVISA/MASTERにはiDが標準装備されており、QUIC PayはJCBのみ使用可能です。

Kai
VISA/MASTERを持っている人は「iD」を、JCBを持っている人は「QUIC Pay」が使用できるということですね。ANAワイドゴールドカード!電子マネーで効率よくマイルをゲット!

 

スタンドでの手順

給油の時に、必要な物は以下の3つです。

  • ANAワイドゴールドカード
  • Tカード
  • iDまたはQUICPay(iDはクレジットカード一体型のものがあります)

 

では大量マイル獲得のための手順を紹介しましょう。

  1. まず支払い選択で「電子マネー」を選択
  2. 利用したい決済サービスを選択し、電子マネーをかざす
  3. Tカードを通す
  4. ガソリンの種類を選び、給油

なおスタンドによって電子マネーに対応していない所もあります。

また利用したいスタンドが店頭支払いの場合は、店員さんにお断りされてしまいますので「電子マネー対応か」「セルフスタンドであるか」を確認してください。(検索はこちら)

Mama
操作手順もシンプルなので、私でも簡単に出来そうでよかったです。

 

まとめ

今回はANAワイドゴールドカードを利用してENEOSの給油でANAマイルを大量に獲得する方法について紹介しました。

  • ANAワイドゴールドはマイルをためやすく人気のあるカード
  • ENEOSはANAカードマイルプラス加盟店なので、カード利用のポイントとは別に100円(税込)=1マイルが獲得できる
  • さらにTカードも併用すると200円(税抜)ごとに1 Tポイントが獲得でき、そのポイントもマイルに移行できる
  • Tポイント倍増デーを狙って給油すれば、2~5倍のTポイントがもらえる(スタンドにより実施日や倍率は異なる)
  • しかし、ANAカードとTカードはそのままでは併用できないので、「iD」「QUIC Pay」いずれかの電子マネーを使って支払わなければならない

 

海外旅行を格安な価格で楽しむために、ワイドゴールドカードで日々マイル獲得を目指している陸マイラーの皆さんにとってガソリン給油は絶好のチャンスす。

しかもANAカードは全国10,000以上のスタンドを持つENEOSで対応している上、Tカードとの併用などの工夫でより効率よくマイルをためることができます。

皆さんもガソリン給油の一手間でリーズナブルな空の旅を実現しましょう。

ENEOSでANAマイルをゲット!さらにTポイントで三重取り!

2019-11-05

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください