ANA・VISAワイドゴールドカードで公共料金の支払い!そのメリットとは

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

夢の海外旅行に備え、マイルをためるためにANA・VISAワイドゴールドカードはかかせないカードですよね。

ANA・VISAワイドゴールドカードは毎日のショッピングでマイルがたくさんたまる人気のカードですが、一番見落としがちなのが「公共料金」ではないでしょうか。

月々の支払いの中で大きな割合を占める水道光熱費などの「固定費」をANA・VISAワイドゴールドカードで支払う事によりマイルを安定して大量獲得することができるんです。

今回はANA・VISAワイドゴールドカードで公共料金を支払うメリットを紹介しましょう。

 

ANA・VISAワイドゴールドカード

引用:価格.com

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード(以下ワイドゴールドカード)は、三井住友銀行が発行するANA系列のクレジットカードです。

年会費が税別14000円(実際には割引サービスで4500円割引)と一般的なカードと比べやや高めですが、高いマイル還元率と旅行先でのサービスの充実度の高さから「コスパ最強カード」と人気の高いカードです。

ANA・VISAワイドゴールドのメリットとクレカ基本知識を紹介!

2019-11-01

 

公共料金をANA・VISAワイドゴールドカードで支払うメリット

公共料金には電気・ガス・水道の「光熱費」や電話料金、新聞代などの「固定費」があります。

今までの支払い方法は銀行口座からの引き落としか、自宅に送られるバーコードがついた振込用紙で銀行窓口やコンビニで支払う形が一般的でした。

しかし、近年はカード払いが可能なものも増えてきました。

では公共料金をANA・VISAワイドゴールドカードで支払いにするとどんなメリットがあるのでしょうか。

マイルがたまる

ANA・VISAワイドゴールドカードを使い、クレジット払いにすると支払金額に応じて最大1.56%のマイルがたまります。

以前は1.648%という還元率でしたが、2019年12月27日にソラチカカードのルートが廃止され還元率が低下しました。

補足

ソラチカルートとは、GポイントサイトでたまったポイントをANAマイルにするためにソラチカカードを経由する還元率アップの裏技でした。

Gポイント→LINEポイント→メトロポイント(ソラチカカード)→ANAマイル

しかし昨年末LINEポイントの移行が廃止になり、還元率がダウンしてしまいました。

それでも他のANA系カードと比べたら還元率の高さや各種特典の充実度を考えると、ワイドゴールドカードはおすすめです。

特に公共料金は日々の家計のやりくりの上でも高い割合を占める上、月々に必ず発生する支払いであるため、着実にマイルがたまります。

Kai
いつまでも引き落としやコンビニ払いにしているとかなり損をしてしましますね。
試算例(一般的な4人家族)

水道光熱費を月平均20,000円と仮定し、1年間カードで支払った場合

月20,000円×12カ月×1.56%=約3,744

Mama
なんと1年で約4,000マイル近くがたまる計算になります。

家族会員になって家族総出でマイルをためるとより早くマイルがたまりますよ。

ANAワイドゴールドの家族会員と年会費!カードに関するお得情報も満載!

2019-12-15

ANA・VISA/マスター「ワイドゴールドカード」マイルの有効期限と上手な活用方法!

2019-12-28

支払日の一本化で払い忘れなし

振り込みの場合、忙しくてついつい手続きが後回しになって「気が付いたら支払期限をオーバーしていた」経験はありませんか。

Kai
特に銀行でしか受け付けしていない場合、昼休みの限られた時間に銀行窓口で並んだり、ATMの手続きで苦戦したりわずらわしいですよね。

また口座引き落としの場合も支払日は種類や企業によってまちまちですので、度々口座残高を気にしなくてはいけません。

しかしカード払いにすれば支払日を一本化できるので、払い忘れや面倒な残高確認の手間が省けて便利です。

利用明細の一本化で管理が楽に

支出計算するとき、たくさんのレシートや明細がありその仕分けで苦労しているのではないでしょうか。

Kai
レシートが見つからず、財布の中を捜索した覚えがあります。

しかしカード払いにすれば毎月送られるカードの支払い明細に一本化できるので管理もシンプルになります。

また支払い明細をペーパーレス化すればパソコンやスマホで閲覧・管理できますよ。

 

カード払いにできるもの

ここでは公共料金の種類ごとに、カード支払いができるものはどんなものがあるか紹介しましょう。

通信費

  • 【携帯料金】

au・ドコモ・SoftBank・Y!mobileの主要キャリアに対応しています。

  • 【固定電話】

NTTコミュニケーションズ・NTT東日本・NTT西日本・KDDI・SoftBankで対応しています。

  • 【プロバイダー料金】

@nifty・AOL・OCN・hi-ho・BIGLOBE・Yahoo!BBで利用できます。

電気料金

全国の電力会社でカード払いが可能です。

カード払い可能な電力会社】

  • 東京電力
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 北陸電力
  • 中部電力

  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

ガス代

ガス代については全国の主要ガス会社でカード払いが可能です。

カード払い可能なガス会社】

  • 北海道ガス
  • いちたかガスワン
  • 東彩ガス
  • 東京ガス
  • 京葉ガス
  • 大多喜ガス
  • 東邦ガス

  • 北陸ガス
  • 大阪ガス
  • 広島ガス
  • 四国ガス
  • 西部ガス
  • 九州ガス
  • 筑紫ガス

ただし、地方の都市ガスを利用されている方は各自確認が必要です。

水道料金

水道料金については各自治体によって対応が異なりますが、まだまだカード払いに対応していない自治体が多いです。

実際、政令指定都市だけに限って調べてもカード払いが可能な所は半数程度です。(2020年1月現在)

政令指定都市の水道料金事情

【カード払い可の都市】

札幌・仙台・横浜・川崎・浜松・京都・大阪・神戸・福岡

【カード払い不可または不明の都市】

千葉・相模原・新潟・静岡・名古屋・堺・岡山・広島・北九州・熊本

水道料金のカード払い導入がなかなか進まない理由には諸説ありますが

  • 「システム導入や維持費に多額の費用がかかる」
  • 「カード払いのニーズがまだ見込めない」
  • 「カード払いによるポイント付与により口座引き落としのユーザーとの公平性が保てない」

という理由があるようです。

Mama
ただしカード払いのニーズが今後さらに高まれば、導入する自治体は今後増えるかもしれませんね。
その他の公共料金

  • 【新聞代】

朝日・毎日・読売・産経・日経等の主要新聞に対応しています。

※ただし地域によっては使えないところがあるので要注意です。

  • 【放送料金】

NHKやWOWOW・スカパー・J:COMに対応しています。

 

公共料金のカード払いの方法と手順

それでは公共料金のカード払いへの変更手続きについて紹介しましょう。

カード払いへの手続き方法は次の3つがあります。

  • 電話による申し込み
  • 振込用紙による申し込み
  • インターネットによる申し込み

これらは公共料金の種類や支払先によって、可能な手続き方法が異なります。

今回は東北電力を例に解説します。

郵送による手続き例

①インターネットの申込書請求フォームからの入力、またはお客さまセンターから電話により申込書の請求手続きを行います。

②自宅に郵送された書類にカード情報や電力会社から送られる「電気ご使用量のお知らせ」に記載されている顧客情報を記入して返信します。

引用: 三井住友カード 東北電力電気料金

インターネットによる申込例

①Vpass(ブイパス)に登録する。

②Vpass上で、「電気ご使用量のお知らせ」の記載事項を入力していきます。

Vpass(ブイパス)とは
三井住友カードではVpass(ブイパス)と呼ばれるカード情報の照会・各種お申し込みの受付ができるサービスのことです。

カード利用状況やたまったポイントの交換などが簡単に行えるので便利ですよ。

 

カード払いの注意点

良いことがいっぱいのカード払いですが、注意しなくてはいけない点もあります。

利用限度額のオーバーに注意

クレジットカードには利用限度額が設定されています。

公共料金をカード支払いすれば当然のことながら料金可能金額が目減りします。

そうすると他のショッピングなどの支払いの時に限度額オーバーで支払い出来なくなる恐れがあります。

口座残高チェックは忘れずに

これは主に給料手渡しの方や給料振り込み用以外の口座をカード用の口座に指定している場合の注意事項ですが、口座残高はまめにチェックしてください。

口座への入金が遅れるとカードが延滞になり、場合によっては公共料金の滞納にもつながる危険があります。

その場合、最悪クレジットの信頼度が下がり新たなクレジットの審査に影響を及ぼしますので、常に残高確認は忘れないようにしましょう。

口座引き落とし割引と比較してみる

公共料金の支払いには口座引き落としにすると割引になるサービスをもうけている所があります。

そのためクレジット支払いによるポイント還元より、口座引き落としの割引の方がお得な事もあります。

カード払いに設定する前にどちらがお得か比較した上で、それぞれ使い分けするとよいでしょう。

 

まとめ

今回はANA・VISAワイドゴールドカードで公共料金の支払いをする方法について紹介しました。

公共料金は日々の生活の中で基本的なサービスである上に、その金額も月々の支払い中でかなり大きな割合を占めるので、そのやりくりに苦労している人も多いのではないでしょうか。

しかし「月々の支払いでマイルをためて、家族旅行に行こう。」というお楽しみがあれば、面倒な家計のやりくりも楽になると思います。

これを機に公共料金の支払いをANA・VISAワイドゴールドカードに変えてみませんか。

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください