「ANAワイドゴールドの最新キャンペーン」還元率や年会費の下げ方まで徹底紹介!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

引用:ANA

複数あるANAカードの中でも、コストパフォーマンスが高く人気のあるカードがANAワイドゴールドです。マイル還元率が高く、年会費もお手頃なため、陸マイラーがよく使っています。

ANAワイドゴールドはVISA/MASTER/JCBの国際ブランドに分かれおり、空港ラウンジも使えたり、旅行保険も付帯しているので皆さんが気になるサービスもしっかりしています。

今回は、ANAカード選びで迷っている方に、ワイドゴールドカードの魅力について紹介したいと思います。ぜひ最後までお付き合いください。

短縮記事:「カードについて知ってるよ」って方はこちら→カード発行で4,000マイル獲得

 

ANAワイドゴールド 基本スペック

引用:ANA

基本スペックは以下のようになっています。

国際ブランド VISA・MASTER・JCB
年会費 15,400円(税込) 家族会員4,400円(税込)
基本マイル還元率 1.0%
交換可能マイル ANAマイル
入会・継続マイル 2000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%

ANAワイドゴールドはANAゴールドカードに分類され、3つの国際ブランドに分かれています。

基本スペックは同じなのですが、ブランドにより発行されるクレジットカード会社が変わってくるので、マイル還元率や年会費などが変わってきます。

 

ANAワイドゴールド VISA/MASTER/JCB 3社の違い

ANAワイドゴールドは、国際ブランドによって発行しているカード会社が異なります。

  • VISA/MASTER:三井住友カード株式会社
  • JCB:JCB株式会社

どこのクレジットカード会社を発行されているかで大きく変わってくるのは、マイル還元率と年会費です。

 

マイル還元率の比較

<VISA/MASTER>

ANA・VISA/マスターワイドゴールドのポイントは「ワールドプレゼント」という三井住友カード独自のシステムを採用しています。

ワールドプレゼントポイントは、1,000円の利用に対し1ポイントが付与され、このポイントを利用して、商品交換やANAマイルに移行することができます。

マイル移行は、1ポイントを10ANAマイルに移行できる「10マイルコース」に無料で入っているため、マイル還元率は1.0%になります。

さらに、三井住友カード独自のリボ払いシステムのマイ・ペイすリボを利用すれば、ボーナスポイントがもらえます。

Kai
このボーナスポイントをマイルに移行することで、マイル還元率が最大1.3%にあがります。

 

<JCB>

ANA・JCBワイドゴールドはJCBの「Oki Dokiポイント」というポイントシステムになっており、ワールドプレゼントポイントと同じく1,000円の利用につき1ポイントが付与され、1ポイントを10マイルに移行できます。

さらに、JCBもボーナスポイントがもらえますが、このボーナスポイントがマイル還元率の差になります。

JCBの場合、ボーナスポイントはJCBスターメンバーズというシステムでもらうことができ、年間のショッピング利用額によって、メンバーランクが変わるというものです。

このランクで獲得できるポイントが変わるので、それに合わせてマイル還元率も変わります。

ショッピング利用額 会員ランク ボーナスポイント マイル還元率
50万円以上 スターβ 10% 0.03%
100万円以上 スターα 20% 0.06%
300万円以上 ロイヤルα 25% 0.075%
Kai
このようにJCBはボーナスポイントを加算しても、マイル還元率は最大1.075%までしか上がりません。

 

年会費

さらに、VISA/MASTERの場合は、三井住友カードのシステムを利用すると年会費が最大4,950円割引となります。

しかし、JCBの場合はそのような割引はないので、年会費は変わりません。

<年会費> VISA/MASTER JCB
本会員(税込) 10,450円(最安値) 15,400円
家族会員(税込) 2,750円(最安値) 4,000円
Kai
以上のことから、3つの国際ブランドの中だとVISA/MASTERを選ぶ方がお得であると言えます。

 

ここで、「VISAとMASTER CARDの違いはないのかな?」と思った人もいると思います。

2つのブランドの違いは、使える場面の多さです。世界№1シェアがVISA、2位がMASTER CARDです。MASTER CARDが使えてVISAが使えない場合は、まずないと思います。

Kai
知名度の点からみても私はVISAがおすすめですが、最後は好みの問題かもしれませんね。

 

他のANAカードとの比較

ANAワイドゴールドはVISA/MASTERを選ぶ方がお得だと分かりましたが、他のANAカードはどんな値なのか気になりませんか?

ANAカードはいろいろな種類がありますが、その中でもマイルがたまりやすいと言われているカードと比較してみたいと思います。

  ANAVISA/マスターワイドゴールド ANA一般カード ソラチカカード ANAダイナースカード
国際ブランド VISA/MASER VISA/MASTER JCB ダイナースクラブ
年会費
(本会員・税抜)
14,000円
(最安値9,900円)
2,000円
(初年度は無料)
2,000円
(初年度は無料)
27,000円
マイル還元率
(ANA航空券購入時)

1.0%
(2.0%)

1.0%
(1.5%)
1.0%
(1.5%)
1.0%
(2.0%)
マイル移行手数料(税抜) 無料 年間6,000円
(10マイルコース)
年間5,000円
(10マイルコース)
無料
カード継続ボーナスマイル 2,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25% 10% 10% 25%
空港ラウンジの利用  国内外32空港 × × 国内外800カ所以上
ビジネスカウンターの利用  〇 × ×
海外旅行傷害保険(最高額) 5,000万円 1,000万円 1,000万円 1億円 
国内旅行傷害保険(最高額) 5,000万円 1,000万円 1,000万円 1億円 
国内航空傷害保険  〇 × × ×
国内航空遅延保険  〇 × × ×
お買い物安心保険  300万円 × × 500万円
Kai
トータルで見ても、ANA・VISA/MASTERワイドゴールドはバランスのとれたカードと言えると思います。

 

マイル還元率を1.3%にアップさせる方法

通常1.0%のマイル還元率を1.3%にするには、「マイ・ペイすリボ」を利用することが条件となっています。

マイ・ペイすリボという三井住友カード独自のリボ払いのシステムを利用すると、通常のワールドプレゼントポイントのほかに、ボーナスポイントがもらえます。

このボーナスポイントは1ポイント=3ANAマイルに交換可能です。

つまりマイ・ペイすリボを利用した場合、1,000円の利用で10ANAマイル+3ANAマイル=13ANAマイルがもらえるということです。

よって還元率は1.3%に上がります

Kai
リボ払いは利子が膨らむイメージが強いと思いますが、利子は残高に比例するので、差額分が少なくなるように設定額を変更すれば、少額に抑えることもできますよ。

 

さらにマイル還元率をあげるには「東急ルート」

そして、1.3%に上がったマイル還元率をさらに高くする裏技があります。

それはポイントサイトを利用して、「東急ルート」でマイルの還元率を変えるということです。

ワールドプレゼントポイントは10マイルコースを利用した場合の方が還元率は高いですが、ボーナスポイントは東急ルートを使うことで、1ポイント=3.75マイルに移行できます。

 

 

しかし、その交換にはポイントサイトへの登録と、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」が必要になってきます。

引用:ANA

東急ルートに必須のポイントサイト、ドットマネーは登録無料なので、この機会にぜひ利用してください。

つまり、マイ・ペイすリボの利用+TOKYUルートの利用でマイル還元率は1.375%になります。

Kai
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを持っていなくても、マイ・ペイすリボのみで1.3%の還元率なので、陸マイラー活動をしていない人は無理に作る必要はないと思います。

 

さらにマイルがたまる「ANAカードマイルプラス」

引用:ANA

ANAカードマイルプラスとは、加盟店でANAカードを使って支払いをすると、クレジットカード会社のポイント移行で得られるマイルとは別に、100円または200円(税込)=1マイルが自動的に、ANAマイレージクラブの口座に精算されるサービスです。

マイル積算が確認できるまでに約1~2カ月ほどかかります。また、100円(税込)=1マイル/200円(税込)=1マイルのどちらが適用されるかは、利用する加盟店によって変わります。

加盟店はいろいろな種類があるのですが、その中でも普段から利用しやすいものだと、以下のような店舗があります。

  • セブンイレブン:200円(税込)=1マイル
  • スターバックス:100円(税込)=1マイル
  • 東京MKタクシー:100円(税込)=1マイル
  • 高島屋:200円(税込)=1マイル
  • アクアクララ:200円(税込)=1マイル

このほかの加盟店はこちらをご覧ください。

Kai
加盟店をチェックして、普段の生活の中でもっとマイルをためましょう。

 

年会費を安くする方法

以下の条件を満たしていると、年会費が割引きされます。

  • カード利用代金WEB明細書サービス※1の利用
  • マイ・ペイすリボの利用※2
  • カード利用代金WEB明細書サービス&マイペイすリボの併用

※1:過去1年間で6回以上の請求があった場合
※2:年1回以上リボ払い手数料の支払いがあった場合

  本会員(税込) 家族会員(税込)

カード利用代金WEB明細書サービスの利用

14,300円
(1,100円割引)
割引対象外
マイ・ペイすリボの利用 11,550円
(3,850円割引)
2,750円
(1,650円割引)

カード利用代金WEB明細書サービス

マイペイすリボの併用

10,450円
(4,950円割引)
2,750円
(1,650円割引)
Kai
WEB明細書サービスは、ペーパーレスです。

次回の支払い金額が確定したらメールでお知らせをし、WEBで詳細確認ができます。

 

ANA・VISA/マスターワイドゴールド メリット

年会費が割り引かれる・ANAマイル還元率が高いというメリットを説明してきましたが、この他にもメリットはあります。

<メリット> 

  • 搭乗時にボーナスマイルがもらえる
  • 空港ラウンジが利用できる
  • ビジネスカウンターが利用できる
  • 付帯保険(特に旅行関連)がある
  • ETCカードの発行手数料が無料

 

搭乗時にもらえるボーナスマイル

ANAカードを持っていると、飛行機に搭乗する時にもらえる搭乗マイルとボーナスマイルをもらうことができます

 

ANA・VISA/マスターワイドゴールドは25%プラスです。

引用:ANA

つまり、ANA・VISA/マスターワイドゴールドを持っている場合、通常マイル×1.25のマイルを得ることができます。

Kai
本会員はカードを継続すると毎年2,000マイルもらえますので、どんどんマイルがたまりますね。

 

空港ラウンジ

引用:三井住友カード

ANA・VISA/マスターワイドゴールドを持っていると、三井住友カードのゴールド/プライムゴールド/プラチナ会員の特典として、国内外の空港ラウンジが無料で利用できます。

 

ビジネスカウンターの利用

引用:ANA

飛行機を利用する時、エコノミークラスだと空港のチェックインで長い列に並ばなくてはいけません。

ANA・VISA/マスターワイドゴールドを持っていれば、ANA国際線の場合、エコノミークラスを利用していてもビジネス専用カウンターを使うことができます。

ただし、空港や搭乗する便によっては、この特典は利用できない場合もあります。

Kai
これでチェックインもスムーズに終わらせることができますね。

 

付帯保険

ANA・VISA/マスターワイドゴールドは以下の付帯保険があります。

  • 海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険(自動付帯)
  • 国内航空傷害保険(自動付帯)
  • 国内航空便遅延保険(利用付帯)
  • お買い物安心保険(利用付帯)  

自動付帯はクレジットカードに付いている保険、利用付帯はクレジットカードで決済された場合に適用される保険のことです。

 

<海外旅行傷害保険(自動付帯)>
ANA・VISAワイドゴールド本会員・家族会員以外の家族も対象となっています。(19歳未満)

    本会員・家族会員 家族特約
傷害 死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1,000万円
治療費用(1事故の限度額) 150万円 50万円
疾病 治療費用(1疾病の限度額) 150万円 50万円
  賠償責任(1事故の限度額) 3,000万円 1,000万円
携行品損害(1旅行中かつ1年間の限度額) 50万円 15万円(自己負担3,000円)
救援者費用(1年間の限度額) 100万円 50万円

 

<国内旅行傷害保険(自動付帯)>
国内旅行での公共乗用具搭乗中の傷害事故・宿泊中の火災傷害事故・募集型企画旅行に参加中の傷害事故が対象です。

  本会員・家族会員
死亡・後遺傷害保険金額 最高5,000万円
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 最高20万円

 

<国内航空傷害保険(自動付帯)>
航空機搭乗中の傷害事故が対象です。

  本会員・家族会員のみ
死亡の場合 5,000万円
後遺障害の場合 150万円~5,000万円
入院日額(事故日から180日が限度) 10,000円
通院日額(事故日から180日以内、かつ90日が限度) 2,000円
手術費用 10万円~40万円

 

<国内航空便遅延保険(利用付帯)>
事前に航空券をANA・VISA/マスターワイドゴールドで支払うことが前提です。

  本会員・家族会員
乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 1万円
手荷物遅延費用 1万円
手荷物紛失費用 2万円

 

<お買い物安心保険(利用付帯)>
カードを利用して、補償期間中に購入した商品が購入日より90日以内に、破損・火災・盗難などの偶然の事故により、損害を受けた場合に補償してくれます。

補償限度額(国内利用・海外利用) 300万円
自己負担額 1事故につき3,000円
Kai
旅行中のもしもの事態にも、付帯保険があれば安心ですね。

心もとないと感じた人は、別の保険もプラスで入るといいですよ。私のおすすめはこちら→旅行と言えばこのカード

 

ETCカードの発行手数料が無料

引用:三井住友カード

ANA・VISA/マスターワイドゴールドを持つと、三井住友ETCカードを発行することができます。

クレジットカードカード一枚につき、ETCカード一枚が発行可能です。(家族カードも同じ)さらに、60日前にさかのぼり、それ以降の不正利用を補償してもらえる会員保障制度もあり安心です。

前年に1度でもETC利用の請求があれば、年間手数料は無料です。前年に利用がない場合は、年間550円(税込)かかります。(初年度は無料)

そして、ETCカード利用分もワールドプレゼントポイントがつきます。

Kai
家族カードも対象になっているのは珍しいです。

ETCカードも利用すれば、さらにポイントがたまりますね。

 

ANA・VISA/マスターワイドゴールド デメリット

このカードのデメリットは、年会費を安くするにもANAマイル還元率を上げるにも、マイ・ペイすリボを利用しなければいけないことだと思います。

マイ・ペイすリボというのは三井住友カードの支払い方法の1つです。

引用:三井住友カード

カード利用をすると、支払い方法は自動的にリボ払いになり、支払金額も自分で設定できます。利子は実質年率15.0%となっています。

 


引用:三井住友カード

<支払日が毎月26日で・支払金額を5,000円に設定しており、6月に50,000円の利用があった場合>

7月の支払いは5,000円で残額は45,000円となります。

8月も5,000円支払い、残額は40,000円となり、手数料として手数料として92円※1かかります。

9月は30,000円を追加で支払うので35,000円の支払いで、残額は5,000円となり、手数料は563円※2となります。

 

<計算式>


※1:45,000円(7月の残額)×15.0%(実質年率)×5日(7/27~7/31)÷365日=95円

※2:{45,000円(7月の残額)×15.0%(実質年率)×26日(8/1~8/26)÷365日}+{40,000円(8月の残高)×15.0%×5日(8/27~8/31)÷365日}=563円

閏年の場合は366日になります。

このように雪だるま式に手数料が増えていくのが通常なのですが、ボーナスポイントのために手数料が多く取られては、元も子もありません。

 

毎月の手数料を少なくするためには

毎月の手数料を抑えるためには、翌月に繰り越される残高を減らすことが重要となってきます。

マイ・ペイすリボは、増額は1,000円単位・減額は10,000円単位で毎月自分で変えられます。

支払い金額の設定は、毎月25日~月末に「Vpass」という三井住友カード会員のインターネットサービスから無料で変更が可能です。

ボーナスポイントをもらうためにはリボ払い手数料を支払うことが条件となっています。

ですので、翌月のリボ払い手数料を1円以上にするために、予定額よりも少しだけ少なく支払うように金額設定すれば、手数料を少なく済ますことができます

例:<毎月10,000円の支払い設定の場合>
3万円クレジットカードを利用したので、19,000円を増額して29,000円を支払う 

これを忘れずに毎月継続すれば、リボ払いの手数料を抑えながら、マイル還元率を1.3%にすることができるのです。

Kai
毎月支払い金額を月末に設定するのはめんどくさいと思う人もいると思います。

しかし、年会費が安くなり、さらにマイル還元率も上がる方法なので、ぜひマイ・ペイすリボを利用してくださいね。

 

ANA・VISA/マスターワイドゴールド 審査

公式サイトによると、「満20歳以上で、本人に安定した継続収入のある人」が申し込み対象となっています。

ゴールドカード独自の審査基準が採用されるので、一般カードよりも審査は多少通りにくいと思います。

ANA・VISA/マスターワイドゴールドに限らず、クレジットカードの審査に落ちてしまう原因はいくつか考えられます。

  • 申し込み基準を満たしていない
  • 申し込みの時に不備があった
  • 前回の審査に落ちてから、まだ日が浅い
  • 信用情報がよくない
  • 30代以上でスーパーホワイトである 

申請時の情報は、氏名・勤め先などの本人情報だけでなく、これまでのクレジットカードの取引履歴や返済情報も含まれ、カード会社が審査の判断材料にします。

ですので、過去に支払いや返済が遅延したり、借り入れがあまりにも多いと、クレジットカードを作るにあたって信用できないと判断されてしまうことがあります。

ちなみに、ANA・VISA/マスターワイドゴールドは、審査に通ってからカード発行まで最短3営業日、カード受け取りまで1週間ほどかかります。

Kai
この期間をなるべく短くするには、オンラインで申し込み手続きをする・キャッシング機能を解除するという方法があります。

 

お得に申し込む方法

「ANA・VISA/マスターワイドゴールドに申し込みたいな」と思っている人はちょっと待ってください。

申し込み方法を工夫すると、お得に発行できるんです。その方法は以下の2つです。

  • マイ友プログラムを利用する
  • ポイントサイトから申し込む

 

マイ友プログラム

ANA・VISA/マスターワイドゴールドは入会特典として2,000マイルがもらえます。

しかし、ANAの入会キャンペーンの「マイ友プログラム」を利用すれば、さらに2,000マイルがゲットできるのです。

「マイ友プログラム」とは、対象のANAマイレージクラブ会員の人から紹介を受けた人が対象カードに入会すると、紹介者・入会者がマイルをプレゼントしてもらえるというものです。(紹介者の対象カード一覧はこちら)

引用:ANA

 

つまり、マイ友プログラムで入会すれば合計4,000マイルがもらえることになります。

登録はとても簡単で、このページにアクセスして、紹介者情報と申込み情報を入力するだけです。

Kai
知人にANAマイレージ会員の人がいたら、ぜひこのキャンペーンを使ってくださいね。この制度を利用しないと本当にもったいないです。

紹介者がいない場合は、下記を参考に当サイトからの紹介を利用して下さい。

 

当サイトからの紹介はこちら

※入力された情報はANAサイトへ伝わり、当サイトに連絡はありません。個人情報等を知られることは一切ありませんので、ご安心ください。 

赤いボタンをクリックして下記情報を紹介者欄に入力して下さい!
  • カナ氏名 (性)オオモリ (名)ハヤト
  • 紹介番号  00060729

この下に申込者の情報として

  • あなたの名前
  • あなたの生年月日

を入力したらマイ友プログラムへの登録申請が完了です。

登録が終了したら、そのままANAワイドゴールドカードを申し込めます。

以上が「マイ友紹介プログラム」になります。※マイ友プログラムは、すでにANAカードを保有している人は利用できません。

 

ポイントサイトから申し込む

以下のポイントサイトからANA・VISA/マスターワイドゴールド検索して、条件の良いところで申し込みします。※取り扱いがない場合もあります。

それらのポイントは、現金にも交換できますし、TOKYUルート等を利用すると、交換レート75%でANAマイルに移行することもできます。

 

 

!

 

また、ANA・VISA/マスターワイドゴールドの発行に限らず、マイルを貯める人は「ハピタス」、「モッピー」は登録必須サイトになりますので、この際に登録することをおすすめします。

 

Hapitas(ハピタス)

ハピタスの魅力は「楽天」や「Yahoo!」などの人気ショップと多数提携、ポイント数や還元率が業界最高水準となっている点です。

大量ポイント(ANAマイル)が最も貯めやすいとして、陸マイラーに絶大な人気を誇る登録必須の重要ポイントサイトです。

  • 登録料/年会費無料
  • f:id:bmwtatsu:20170628112727p:plainポイント単位:1pt=1円
  • ANAマイルへの交換:東急ルートで交換レート75%

 

moppy(モッピー)

モッピーの魅力はハピタスと同様に「楽天」や「Yahoo!」などの人気ショップ、そしてAmazonも含めた多数ショップとの提携です。特にAmazonユーザー必見の還元率2%はハピタスに劣ることない登録必須のポイントサイトです。

ポイント交換は、最低500ポイントや1000ポイントからの交換が多い中、モッピーはなんと300ポイントから交換が可能となっています。

  • 登録料/年会費無料
  • f:id:bmwtatsu:20170628112727p:plainポイント単位:1pt=1円
  • ANAマイルへの交換:東急ルートで交換レート75%

 

最後に

ANAカードはいくつか種類がありますが、その中でもANA・VISA/マスターワイドゴールドカードは他のカードに比べてコストパフォーマンスが優れているカードです。

日常生活や普段の買い物でどんどんマイルがたまるので、陸マイラーの人におすすめですよ。

マイ友プログラム、ポイントサイトの利用でお得にカードを発行して、これからのマイル生活を楽しみましょう。→ANA・VISAワイドゴールドカードの申し込みはこちら

 

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください