ANAワイドゴールド!欠航や遅延した時の補償「航空便遅延保険」

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

旅行や帰省の移動手段として、飛行機を使う方は多いでしょう。しかし思わぬアクシデントとして、飛行機が欠航してしまったという経験がある方はいらっしゃるのではないでしょうか。

急な飛行機の欠航は代替の便やホテルの手配など面倒なものですが、事前の補償があると少しは安心ですね。今回はANAワイドゴールドカードの航空便遅延保険について紹介しましょう。

 

飛行機が欠航する理由

飛行機の欠航にはさまざまな要因があります。主な代表例は以下の理由によるものです。

  1. 天候不良による影響
  2. 航空会社による都合

 

天候不良による影響

一番分かりやすいのは天候不良によるものです。中でも一番多いのが強風です。

補足
基本的に飛行機は縦方向より横方向からの風圧に弱く、特に離着陸の際の横風は機体のバランスを崩し易くなります。その際地面に翼が接触してしまう恐れがあります。

欠航の基準は滑走路のぬれ具合や機体の大きさなどの条件をパイロットが加味して判断を下すので、明確な数値基準はありません。

Kai
一般的に空港周辺の横風の風速が15メートルを超すと欠航の危険性が高くなります。

また濃霧や吹雪による視界不良は安全な着陸の妨げになってしまいます。

 

航空会社の都合による影響

天候不良と並んで多いケースが機材の到着遅れや機体整備など、航空会社側の都合による欠航です。

飛行機は1日の間に複数回のフライトをこなしていますが、到着から離陸までの時間が短いと次のフライトに遅れが発生します。

また機体整備の際エンジンや車輪の整備などで不具合が見つかるとさらに遅れが大きくなり、場合によっては欠航になってしまいます。

その他もにシステム障害による影響やパイロットの休息時間の確保などの理由で欠航することもあります。

 

ANAワイドゴールドカード航空便遅延保険について

こうした飛行機の欠航にも安心なのが「航空便遅延保険」です。

ANAワイドゴールドカードにも国内線限定ではありますが、航空便遅延保険のサービスがあります。

 

乗継遅延費用

乗継便の遅れで出発便に乗れず、さらに4時間以内に代替便に搭乗出来なかった場合が対象です。

この場合搭乗可能になるまでのホテル代・食事代に対して最大で2万円まで保証されます。

 

出航遅延・欠航 ・搭乗不能費用

「4 時間以上の出航遅延」「欠航・運休」「搭乗予約受付業務のミスによる搭乗不能」などの理由で搭乗予定の便に乗れず、4時間以内に代替便に搭乗出来なかった場合が対象です。

この場合搭乗可能になるまでに負担した食事代に対して最大1万円まで保証されます。

注意

乗継の時と違いホテルの宿泊代は対象になりません。

 

手荷物遅延費用

搭乗した航空便が到着してから6時間以内に受託した荷物(衣類・下着・洗面用具などの生活必需品が含まれる場合に限る)が届かない場合の保証です。

現地で実際に購入した衣類・下着・生活用品の費用に対して最大1万円まで保証されます。

 

手荷物紛失費用

搭乗した航空便が到着してから48時間以内に受託した荷物(衣類・下着・洗面用具などの生活必需品が含まれる場合に限る)が届かない場合の保証です。

こちらは現地到着後96時間以内に購入した費用に対して最大2万円まで保証されます。

 

適用条件

ワイドゴールドカードの遅延保険は「国内旅行のフライト」かつ下記の支払い条件に該当するケースに適用されます。

ANA・VISAワイドゴールドカードでの支払い条件

  • 航空便に搭乗する前にその料金をカードで支払った場合
  • カード会社を通じて航空便の予約を行い、その料金をカードで支払った場合
  • 宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中で、その料金をカードで支払った場合

ちなみにまぎらしいのは「航空便単独」ではなく「旅行全体」が基準となっていることです。

そのため国内線の航空便利用でも、それが海外ツアーの一部に組み込まれている場合は対象外なので注意してください。

Mama
保険についてはこちらの記事でも紹介しています→ANA・VISAワイドゴールドの保険とは?自動付帯保険について解説!

 

ANA・VISAワイドゴールドカードについて

引用:価格.com

ANAと三井住友カードが提携によるANA・VISAワイドゴールドカード。

現在さまざまなクレジットカードが登場していますが、そのサービスの充実度から「コスパ最強カード」と言われています。

「ANAワイドゴールドの最新キャンペーン」還元率や年会費の下げ方まで徹底紹介!

2020-02-23

 

マイルがたまりやすい

まずはショッピングなどフライト以外の日常のシーンで、マイルがたまりやすいのが最大の特徴です。

通常のカードが0.5~1.0%程度なのに対して、ワイドゴールドカードは最大1.3%のマイルをためる事ができます。

しかも通常のショッピングだけでなく公共料金やガソリン給油などで大量獲得するお得な裏技もあります。

ANA・VISAワイドゴールドカードで公共料金の支払い!そのメリットとは

2020-01-20

 

フライト中のサービスも充実

せっかくの空の旅を楽しむなら、ゆったりとした時間とワンランク上のおもてなしがあると嬉しいですね。

ワイドゴールドカードにはカード利用者本人につき国外31+海外1の空港ラウンジが無料で利用できます。

空港ラウンジは各種ドリンクサービス、無料Wi-Fiの利用などがあります。

また空港によっては(料金がかかりますが)マッサージやシャワールームの利用も完備している空港もあります。

Kai
ラウンジについてはこちらで詳しく紹介しています→ANA・VISAワイドゴールドで利用できる空港ラウンジを紹介します!

 

また国際線利用の搭乗の際にもエコノミークラスの利用者しか使えないビジネスカウンターを利用できます。

エコノミークラスのカウンターはチェックイン際の混雑で搭乗まで待たされる事が多いですが、比較的空いているビジネスカウンターならフライト前の時間をゆったり過ごせますよね。

ANAワイドゴールドカードをENEOSで!ポイント3重取りでマイルを大量獲得しよう!

2019-12-19

 

手頃な年会費

「これだけサービスがあると年会費も高そうだな」って思うかもしれないですね。

ANA・VISAワイドゴールドカードの年会費は税抜きで14000円なので、年会費が無料または格安なカードと比較すると割高に感じるかもしれません。

しかし、年会費が割引になるお得なサービスがあります。

カードご利用代金WEB明細書サービス 月々の支払い明細をペーパーレス化 1000円割引
マイ・ペイすリボ 1回のショッピングの支払いを自動的にリボ払い 3500円割引

この両方を適用すると33%の割引を受けることができます。

これだけ特典が充実していて、さらに割引サービスが受けられるなら大変お得ですよね。

ANAワイドゴールドの年会費割引はリボ払いとWEB明細がカギ!

2020-03-11

 

まとめ

今回はANAワイドゴールドカードの航空便遅延保険について紹介しました。国内線の飛行機の欠航・遅延の場合に宿泊代や食事代などの保証をしてくれるサービスがあります。

  • 乗継便が遅れた場合の「乗継遅延費用」
  • 搭乗予定の便に乗れなかったときの「出航遅延・欠航 ・搭乗不能費用」
  • 手荷物が遅延した際の「手荷物遅延費用」
  • 手荷物が届かない場合の「手荷物紛失費用」

条件はありますが、かかった費用に対し補償されます。鉄道などの陸上の交通手段と違って、飛行機は天候などのトラブルによる欠航・遅延のアクシデントが発生しやすいです。

突然のアクシデントでも備えがあれば宿泊先で、じっくり次の旅行プランを練り直したり、美味しい料理でリラックスする事も可能になります。

ANAワイドゴールドカードで安心して空の旅を満喫してみてはいかがでしょうか。

 

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください