ANAワイドゴールドカードでプライオリティパスを利用しよう!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

みなさんはANAワイドゴールドのメリットの一つに「国内・国外の空港ラウンジを利用することができる」というのをご存知でしょうか?

国内旅行の場合、ANAワイドゴールド会員であれば、ほぼ全国の空港ラウンジを無料で利用することができるのでとても便利です。

しかし、「空港ラウンジが利用できる」というメリットにも一つだけ弱点があり、それは海外の空港ラウンジはほとんど利用できないという点です。

ですが、今回はその弱点を克服することができる「プライオリティパス」について詳しくご紹介するのでぜひご覧ください。

そもそもANAワイドゴールドをよく知らないという人もいると思うので、まずはカード情報からお伝えしていきたいと思います。

Kai
もう知っているからプライオリティパスのことを知りたい!という人は下記Contentsの「2プライオリティパスとは」をクリックしてください。

 

ANAワイドゴ-ルドとは

ANAワイドゴールドは、マイルをためている人たち(陸マイラー)の間でマイルがたまりやすいカードとして、とても人気のあるクレジットカードです。

そして、マイルがたまるだけでなく、旅行傷害保険などの自動付帯保険を始め、国内・国外ラウンジの一部利用などさまざまなメリットがあります。

Kai
もうANAワイドゴールドのことは理解していてあとは申し込むだけという人は入会キャンペーンや紹介プログラムを利用しましょう。

入会時にもっとマイルを獲得できますよ。→「ANAワイドゴールドの最新キャンペーン」還元率や年会費の下げ方まで徹底紹介!

 

基本スペック

引用:ANA

基本スペックは以下のようになっています。

国際ブランド VISA・MASTER・JCB
年会費 15,400円(税込) 家族会員4,400円(税込)
基本マイル還元率 1.0%
交換可能マイル ANAマイル
入会・継続マイル 2000マイル
搭乗ボーナスマイル 25%

ANAワイドゴールドはANAゴールドカードに分類され、3つの国際ブランドに分かれています。

基本スペックは同じなのですが、ブランドにより発行されるクレジットカード会社が変わってくるので、マイル還元率や年会費などが変わってきます。

 

VISA/MASTER/JCB 3社の違い

ANAワイドゴールドは、国際ブランドによって発行しているカード会社が異なります。

  • VISA/MASTER:三井住友カード株式会社
  • JCB:JCB株式会社

どこのクレジットカード会社を発行されているかで大きく変わってくるのは、マイル還元率と年会費です。

 

マイル還元率の比較

<VISA/MASTER>

ANA・VISA/マスターワイドゴールドのポイントは「ワールドプレゼント」という三井住友カード独自のシステムを採用しています。

ワールドプレゼントポイントは、1,000円の利用に対し1ポイントが付与され、このポイントを利用して、商品交換やANAマイルに移行することができます。

マイル移行は、1ポイントを10ANAマイルに移行できる「10マイルコース」に無料で入っているため、マイル還元率は1.0%になります。

さらに、三井住友カード独自のリボ払いシステムのマイ・ペイすリボを利用すれば、ボーナスポイントがもらえます。

そして、このボーナスポイントをマイルに移行することで、マイル還元率が最大1.3%にあがります(東急ルートを利用すると最大1.375%)

Kai
東急ルートはマイルをためる上でかかせません。東急ルートをまだ使っていない人はもったいないですよ。

 

<JCB>

ANA・JCBワイドゴールドはJCBの「Oki Dokiポイント」というポイントシステムになっており、ワールドプレゼントポイントと同じく1,000円の利用につき1ポイントが付与され、1ポイントを10マイルに移行できます。

さらに、JCBもボーナスポイントがもらえますが、このボーナスポイントがマイル還元率の差になります。

JCBの場合、ボーナスポイントはJCBスターメンバーズというシステムでもらうことができ、年間のショッピング利用額によって、メンバーランクが変わるというものです。

このランクで獲得できるポイントが変わるので、それに合わせてマイル還元率も変わります。

ショッピング利用額 会員ランク ボーナスポイント マイル還元率
50万円以上 スターβ 10% 0.03%
100万円以上 スターα 20% 0.06%
300万円以上 ロイヤルα 25% 0.075%
Kai
このようにJCBはボーナスポイントを加算しても、マイル還元率は最大1.075%までしか上がりません。

 

年会費

さらに、VISA/MASTERの場合は、三井住友カードのシステムを利用すると年会費が最大4,950円割引となります。

しかし、JCBの場合はそのような割引はないので、年会費は変わりません。

<年会費> VISA/MASTER JCB
本会員(税込) 10,450円(最安値) 15,400円
家族会員(税込) 2,750円(最安値) 4,000円
Kai
以上のことから、3つの国際ブランドの中だとVISA/MASTERを選ぶ方がお得であると言えます。

年会費を少しでも抑えたい人はこちらをぜひお読みください。

 

メリット

ANAワイドゴールドには、旅行に関するメリットが大きく3つあります。

空港ラウンジの利用と付帯保険は発行しているカード会社によって内容が異なります。

メリットである空港ラウンジの利用は、国内では31の空港・海外ではハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港にあるカード会社のラウンジのことを指します。

Mama
国内ではほとんどの空港で利用できますが、海外のラウンジを利用できないことが残念ですね。
Kai
でもプライオリティパスがあれば、海外でも数多くのラウンジを利用することができますよ。

 

プライオリティパスとは

引用:プライオリティパスホームページ

プライオリティパスは空港ラウンジ・アクセス・プログラムで、世界最大のネットワークを誇ります。

このプライオリティパスを持っていると、国内国外問わず世界130か国500都市1000カ所以上の空港ラウンジを自由に利用できるようになります。

Mama
空港ラウンジは飛行機に搭乗するまでの待ち時間をゆっくり快適に過ごすことのできる空間なので、できれば使いたいですよね。

 

しかし、ラウンジには利用条件があり、誰でも利用できるというものではありません。

ですが、プライオリティパスを持っていれば、本来満たす必要がある国内・海外の各ラウンジの利用条件を満たしていなくても、提携している世界1300カ所以上のラウンジであれば自由に使うことができるのです。

その他にも、空港内のレストランやスパ、ショッピングなどを割引料金で利用できるなどの独自の特典もあります。(詳細はこちら)

Kai
仮に、世界中の空港ラウンジをプライオリティパスを使わずに利用したい場合は各ラウンジの利用条件を満たす必要があり、あまり現実味がありませんよね。

しかし、プライオリティパスを使えばほぼ世界中のラウンジを利用することができるので、魅力的なサービスといえますね。

 

プライオリティパスのメリット

引用:プライオリティパスホームページ

プライオリティパスのメリットは大きく次の2つです。

  1. 空港ラウンジの種類を問わずラウンジが利用できる
  2. プライオリティパス・プレステージ会員であればラウンジの利用は無料
Kai
では、それぞれのメリットを解説していきますね。

 

空港ラウンジの種類を問わず世界中のラウンジが利用可能

まず空港ラウンジは3種類あります。

  • クレジットカード会社が運営しているラウンジ
  • プライオリティパス所有者のみが利用できるラウンジ
  • 航空会社が運営しているラウンジ

それぞれのラウンジを利用するにはクレジットカード会社であれば「ゴールドカード会員以上」、航空会社であれば「航空会社の上級会員」といったように利用するには一定の条件を満たす必要があります。

つまり、世界中のいろいろなラウンジを利用しようと思うと、世界中のクレジットカードや航空会社の上級会員にならなければいけないことになります。

Mama
それらの上級会員になるのは、コストが多くかかり、一般の人には難しいです。

 

しかし、プライオリティパスと提携しているラウンジであれば、プライオリティパスを所持しているだけで、その空港ラウンジの利用条件を満たさずともラウンジを利用できます。

これがプライオリティパスの最も大きなメリットです。

Kai
プライオリティパスがあれば、世界中のクレジットカード会社などの上級会員とならずとも世界中のラウンジの多くを自由に利用することができるようになるわけです。

 

プレステージ会員であればラウンジの利用は無料

プライオリティパスには、プレステージスタンダード・プラススタンダードの3種類のランクが存在し、プレステージが最も高いランクになっています。

このランクによって、1年間に無料でラウンジを利用できる回数が異なります。

  スタンダード スタンダード・プラス プレステージ
年会費 $99 $299 $429
会員のラウンジ利用料金 $32/1回 利用無料10回
それ以上の利用$32/1回
無料
同伴者のラウンジ利用料金 $32/1回

スタンダード会員に至っては利用のたびにお金を払う必要があり、スタンダード・プラスは1年間に10回までしか無料でラウンジを利用できず、それ以上は別途お金を払う必要があります。

しかし、プレステージ会員であれば、1年間に何度でも無料でラウンジを利用することができます。

Kai
プレステージとスタンダードの間には大きなサービスの違いがあることが分かりますね。

 

また、表を見ても分かる通り、プライオリティパスのランクごとの年会費はランクが上がるにつれて高くなります。

  • スタンダード:$99(約1万円)
  • スタンダード・プラス:$299(約3万円)
  • プレステージ:$429(約4万5千円)
Mama
わが家の恒例行事のグアム旅行でも、プライオリティパスがあれば、グアム国際空港のラウンジを利用できます。

空港を利用頻度によってランクを選べるので、自分に一番あったものに加入できるのは嬉しいですね。

 

プライオリティパスについてよくある質問

ここまでプライオリティパスのメリットについてご紹介してきました。

ですが、プライオリティパスの利用に関して「空港ラウンジは同伴者も一緒に利用することはできるのか」など、気になる点がいくつかあると思います。

ここではプライオリティパスに関する質問の中でも特に多い、「会員証を他の人が利用することはできるのか」「同伴者も一緒にラウンジを利用することはできるのか」という2つの質問について説明します。

 

会員証を他の人が利用することはできるのか

プライオリティパスについて、「誰か他の人のプライオリティパスを借りれば、自分も利用できるのでは?」と思った方がいるかもしれません。

確かに、プライオリティパスを家族など複数人で共有できたりしたら便利ですよね。

しかし、プライオリティパスの場合はラウンジの利用の際に受付がパスの会員証と搭乗券の名前が一致しているかを確認するので、会員証を他の人が利用することはできません。

なので、サービスを利用したい場合は、直接プライオリティパス会員となるか、クレジットカード経由でプライオリティパス会員になるようにしましょう。

 

同伴者も一緒にラウンジを利用することはできるのか

まず、プライオリティパスは家族などの大人数で利用を想定したサービスではなく、個人を想定しているため、個人向けのサービスであるという特徴があります。

そのことも関係して、プライオリティパスの利用によって料となるのは本人のみであり、同伴者の利用には$32($1=100円の場合、日本円で3200円)かかります

3200円という利用料は少し高いので、プライオリティパスを持っていない同伴者と一緒に利用するというのは、ちょっとハードルが高いですね。

しかし、多くのラウンジでは同伴者が子供の場合でも大人と同じ利用料金を払う必要がありますが、ラウンジによっては子供入場無料というところもあります。

Kai
あくまでもプライオリティパスは個人向けのサービスであるということを意識しておきましょう。

この他にプライオリティパスについて質問・疑問があるという方はホームページにて「よくある質問に対するQ&A」が掲載されているので参考にしてください。

 

ANAワイドゴールドを保持していて、なおかつ空港で快適に過ごしたいという人はプライオリティパスに登録するのがおすすめです。

ですが、クレジットカードによってはプライオリティパスを無料で利用できるものがあるのです。

 

プライオリティパスが付帯しているクレジットカード

プライオリティパス提携のラウンジを利用するには、ランクに応じた年会費・ラウンジ利用料金(スタンダードは1回ごと、スタンダード・プラスは10回の利用以降)がかかると説明してきました。

ですが、年会費を払わずとも加入できるクレジットカードがあるのです。

<例>

  • アメリカン・エキプレス・カード
  • 楽天プレミアムカード
  • JCBプラチナ
  • ANA・VISAプラチナプレミアム など

この他にもいろいろな種類があるのですが、カードによって付帯されているプライオリティパスのランクや家族カードにも適応されるのか、などが変わってきます。

  無料で入会できるランク 家族カード会員
アメリカン・エキプレス・カード スタンダード
楽天プレミアムカード プレステージ ×
JCBプラチナ プレステージ ×
ANA・VISAプラチナプレミアム プレステージ
Kai
例であげた中だと、付帯内容はANA・VISAプラチナプレミアムが一番豪華ですね。

このカードは最初に紹介しているANAワイドゴールドの1つ上のランクにあたります。

 

ANA・VISAプラチナプレミアムとは

引用:ANA

それではANA・VISAプラチナプレミアムカードとはどのようなカードなのかをANAワイドゴールドと比較しながら確認していきます。

まず決定的に違うのがクレジットカードとしてのランクです。

まず、ANAカードには一般カードゴールドカードワイドカードカードプレミアムといった主に4つのランクが存在します。

1位:ANAカードプレミアム 

2位:ANAゴールドカード 

3位:ワイドカード 

4位:一般カード 

つまり、ANA・VISAプラチナプレミアムカードはANAワイドゴ-ルドのワンランク上で、ANAカードの中で最もランクの高いカードということになります。

Mama
でも、クレジットカードのランクはブラックが一番上じゃないのでしょうか?

 

このように感じた人もいると思います。確かにクレジットカードの最上級といえばブラックカードというイメージがありますよね。

ですが、カードのランクというのは必ずしもシルバー、ゴールド、プラチナ、ブラックといったように決められているわけではなく、ランクの種類はそのカード会社などによって異なります。

Kai
そのため、ANAカードの場合はプラチナプレミアムが一番高いランクとなっています。

このカードランクの違いによって、カードスペックやメリットが変わってきます。

 

ANAワイドゴールドと比較すると

  ANAワイドゴールド ANA・VISAプラチナプレミアム
年会費(税込) 15,400円(家族会員4,400円)
割引後10,450円(家族会員2,750円)
88,000円(家族会員4,400円)
基本マイル還元率 1.0% 1.5%
入会・継続ボーナスマイル 2,000マイル 10,000マイル
搭乗時のボーナスマイル 25% 50%
旅行傷害保険(最高額) 5,000万円 1億円
プライオリティパス付帯 ×

(プレステージ)

ANAカードの最上位ランクのカードだけであって、獲得できるマイルや付帯保険の額など全てがワイドゴールドをはるかに上回っています。

さらに、プラチナグルメクーポン・VISAプラチナラグジュアリーダイニング・VISAプラチナトラベルなどワイドゴールドにはない魅力的な特典もいろいろあります。

Kai
年会費は高いですが、その分マイル還元率も高く、プライオリティパスのプレステージも付帯していているなど、内容が豪華なカードです。

海外に行く頻度が多い人などは、ANA・VISAプラチナプレミアムも検討されてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

以上、ANAワイドゴールド、プライオリティパス、ANA・VISAプラチナプレミアムについてでした。最後にこの記事のまとめです。

  • ANAワイドゴールドは最大1.375%のマイル還元率・年会費最安10,450円となっており、マイルをためやすいカードとして人気がある
  • ANAワイドゴールドのメリットの1つに空港ラウンジの利用があるが、海外のラウンジはハワイの1カ所のみ
  • プライオリティパスに加入していると、世界1,300カ所以上の空港ラウンジを利用できる
  • プレステージ>スタンダード・プラス>スタンダードの3つのランクに分かれており、年会費とラウンジ利用にかかる料金が異なる
  • ANAワイドゴールドの1つ上のランクであるANA・VISAプラチナプレミアムにはプライオリティパスのプレステージが付帯されている(家族カード会員も)
  • ANA・VISAプラチナプレミアムはマイル還元率や獲得できるボーナスマイル・特典などがとても豪華だが、年会費もその分高い

空港での時間をより快適に充実させたい人には、プライオリティパスはとても嬉しいものだと思います。

そして、ANA・VISAプラチナプレミアムにはプライオリティパスのプレステージが付帯されているので、無料で申し込めます。

そのほかのカードの性能も高く特典も豪華なカードですが、その分年会費が88,000円かかってしまいます。

仮にANAワイドカードを保持した状況でプレステージに加入した場合、年会費に合計は最大約6万円となります。この金額は、加入するランクによって変わってくるので、もっと抑えることも可能です。

ですので、ANAワイドカードとANA・VISAプラチナプレミアムを比較して、どちらが自分にとって使い勝手がいいのかをしっかり判断することが大切だと思います。

飛行機を利用する時に空港ラウンジが使えると、とても便利で優雅に空港での時間を過ごすことができます。

みなさんもぜひプライオリティパスを利用して、空港での時間をよりすてきな物にしてください。

SPGアメックスカードで利用できる海外のラウンジを紹介します!

2020-03-04

 

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください