ANAワイドゴールドの年会費割引はリボ払いとWEB明細がカギ!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

引用 ANA

マイルを貯めようと思っている方におすすめのカードといえば、ANA・VISAワイドゴールドカードです。

ただ、ゴールドカードは年会費が心配という方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、ANA・VISAワイドゴールドカードを初めて使う方にも、カードのお得さと、年会費についてわかりやすく説明します。

さらに、年会費を少しでも安くする方法を調べてみました。

これから、ANA・VISAワイドゴールドカードを申し込もうと思っている方だけでなく、現在、カード使用中で年会費をそのまま払っている方もぜひご一読ください。

 

ANA・VISAワイドゴールドカード

引用 三井住友カード

初めに、ANA・VISAワイドゴールドカードってどんなカードなのでしょう。下記の表にまとめてみましたのでご覧ください。

  ANA・VISAワイドゴールドカード 補足
年会費 15,400円(税込) 家族カード 4,400円(税込)
入会資格 原則として、満20歳以上で、本人に安定継続収入がある ゴールドカード独自の審査基準あり。(安定収入以外に、勤続年数やローンの有無などが審査基準にある。)
利用可能額(リボ・分割払い) 50~200万円(0~200万円)  
キャッシング利用枠 0~50万円  
旅行傷害保険(最高補償額)

海外旅行 5.000万円
国内航空 5.000万円
国内旅行 5.000万円

旅行保険では、死亡保障だけでなく、後遺障害(150~5.000万円)や治療費用(150万円)賠償責任(2.000万円)携行品保障(50万円)救援者費用(100万円)までの補償も付帯している。
ショッピング補償 年間300万円までの買い物安心保険 ANA・VISAワイドゴールドカードのクレジット決済で購入した商品が補償の対象ですが、対象とならない商品もあるため、確認が必要。(例 船舶、自動車、ラジコン模型、携帯電話など)
ポイントサービス ワールドプレゼント/買い物利用1.000円につき1ポイント付与 ワールドプレゼントとは、三井住友カード利用で貯まるポイントで、マイルや商品に交換が可能。
入会・継続マイル 2.000マイル 入会時と、毎年の継続時に2.000マイルがもらえる。
搭乗ボーナスマイル 25% ANA飛行機利用で、+25%のマイルがもらえる。
日々の買い物で 1.000円=1ポイント=10マイル 日々の買い物でクレジット決済を行うともらえるワールドプレゼント1ポイント=10マイルに交換ができる。(他のカードに比べ、換算率が高い。)
ANA航空券の購入 100円=2マイル相当(ANAカードマイルプラスでの自動積算マイル+ポイント移行マイル) 航空券のカード決済購入で、マイルがお得に貯まる。
その他 ゴールドカード特典(空港ラウンジサービス、ゴールドデスクなど) 国内の空港ラウンジや、ハワイ(ダニエル・K・イノウエ国際空港)のラウンジが使用できる。

かなりの特典がありますよね。そして、マイルを貯めることに特化しているカードということが一目瞭然です。

飛行機の利用が多い方でなくても、普段の買い物でマイルが貯まるため、とても効率よくマイルを貯めることができます。

このマイルの貯めやすさが、年会費以上のメリットですよね。

Kai
もちろんクレジットカードとしても、機能満載ですので、メインカードとして使用していくのもありですね。

年会費は、やはり15.400円(税込)と高めです。カード利用が少ない方には、もったいない金額ですよね。

ですが、ここから割引ができるならば、ぜひ活用したいと思いませんか。

次は、さまざまな三井住友カードの中から4種類のカードの年会費を一覧にし、ANA・VISAワイドゴールドカードの年会費について比較・検討していきましょう。

ANAワイドゴールドの家族会員と年会費!カードに関するお得情報も満載!

2019-12-15

ANA・VISA/マスター「ワイドゴールドカード」マイルの有効期限と上手な活用方法!

2019-12-28

 

ANA・VISAワイドゴールドカードの年会費割引

では、ANA・VISAワイドゴールドカードの年会費割引について、紹介します。

WEB明細書サービス+マイ・ペイすリボ申し込み+年1回以上のリボ払い手数料の支払いで翌年以降の併用割引が最大4.950円になります。

15,400円-4,950円=年会費10,450円となります。

Kai
毎年の会費ですから、かなり大きいですよね。マイルを貯めたい方や、飛行機を利用する機会の多い方にとってはとても魅力的なカードですので、ぜひご利用ください。

 

三井住友カード年会費比較と割引ポイント

引用 三井住友カード

  年会費 割引ポイント
三井住友VISAアミティエ 1,375円(税込) インターネット入会で初年度会費無料
マイ・ペイすリボ利用+年1回のリボ払い手数料の支払いで割引あり
前年度のカード利用額で翌年度会費割引
カード利用代金WEB明細書サービスで割引

三井住友VISAエグゼクティブ 3,300円(税込) インターネット入会で初年度会費無料
マイ・ペイすリボ利用+年1回のリボ払い手数料の支払いで割引あり
前年度のカード利用額で翌年度会費割引
カード利用代金WEB明細書サービスで割引

三井住友VISAゴールド 11,000円(税込) インターネット入会で初年度会費無料
マイ・ペイすリボ利用+年1回のリボ払い手数料の支払いで割引あり
前年度のカード利用額で翌年度会費割引
カード利用代金WEB明細書サービスで割引

ANA・VISAワイドゴールド 15,400円(税込) マイ・ペイすリボ利用+年1回のリボ払い手数料の支払いで割引あり(3.850円割引)
カード利用代金WEB明細書サービスで割引(最大1.100円割引)

Kai
やはり、ANA・VISAワイドゴールドカードの年会費は高く感じてしまいます。けれど、家族でグアム旅行に行く機会のある私には、それに勝る特典があります。

では、ここからは、ANA・VISAワイドゴールドカードの年会費割引ポイントについて説明していきます。

 

リボ払い

引用 三井住友カード

正式名称はリボルビング払いといいます。1カ月の支払い額を設定して、設定金額を超える残高を翌月以降に繰り越して支払っていく方法です。

余裕がある月には、支払額を調整したり、一括で支払うことも可能です。

リボ払いのメリット
  • 毎月の支払額を一定にすることができる
  • 余裕があるときに臨時返済の手続きが簡単にできる(電話や三井住友カードのサイトから簡単に返済手続きができます。)
  • 後からでもリボ払いに変更することができる。(1回払いで購入したけれど使いすぎてしまった、なんて場合でも後からリボで、無理のない支払いに変更できます。)

ただ、注意が必要なのが、リボ払いにも手数料がかかります。金利は大体15.0%程度かかります。手数料の計算式は、手数料=支払い残高×金利(15.0%)×31日÷365となります。

毎月1万円ずつ支払い残高は減っていきます。この計算でいくと、30万円の商品を1万円/月のリボ払いで設定します。完済するまでの手数料は、約78,000円となります。

Kai
なかなかの手数料になります。やはり、計画的なカードの利用は必要となります。

 

マイ・ペイすリボ

引用 三井住友カード

事前に設定した毎月の支払い額を超えた利用額が自動的にリボ払いになるサービスです。1回払いで購入した商品が自動でリボ払いになります。

月々の支払いは5,000円から設定でき、変更が可能です。余裕のある月は返済を増額することもできます。

年1回以上のリボ払い手数料の支払いがあれば、年会費が割引きになります

リボ払い手数料の支払いがある月は、ワールドプレゼントのポイントが2倍もらえるなどのうれしい特典もあります。

 

WEB明細書サービス利用

引用 三井住友カード

クレジットカードの利用明細書を郵送から、WEB明細書サービスに変更するだけです。

メリットとしては、紙の削減でエコにつながり、24時間いつでも利用状況を確認することができます。紙面がないため、個人情報の取り扱いも簡単になります。

WEB明細書の年会費割引サービス

  1. 本会員である
  2. 年会費請求前月を含む、過去1年間に6回以上の利用代金の請求がある場合のみ適応されます。
  3. 年会費請求月の前月17日(26日決済の方は、当月2日)の1営業日前までに申し込みする必要があります。

のすべての条件を満たした場合に適応されます。

割引金額は、

  • プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドカード:1,100円引き
  • その他カード:550円引き

となっています。

 

貯まったマイルの交換

引用 ANA

マイル交換特典
  • ANA国内線特典航空券 片道5.000マイルから
  • ANA国際線特典航空券 12.000マイルから
  • 提携航空会社特典航空券 
  • ANA国際線アップグレード特典 エコノミーからビジネスなどへアップグレード
  • ANA SKYコイン ANA航空券やANA SKY WEB TOURでの支払いに使える
  • スターアライアンスアップグレード特典
  • ANAビジネスジェットご利用クーポン 100.000マイルコース
  • ANA国際線超過手荷物料金お支払い
  • ANAショッピングA-style 1マイル=1円としてご利用
  • ANAセレクション特典 10.000マイルからANAおすすめ商品に交換
  • ANAグローバルセレクション ANAおすすめ商品と交換
  • WA+YO SHOP
  • ANAマイレージモール1000マイルクーポン
  • ANAご利用券
  • 提携ポイントへの交換
  • ANAグローバルホテル
  • ご宿泊クーポン
  • レストランクーポン
  • 空港アクセス 空港への送迎やアクセス
  • 空港施設利用
  • レンタカー

マイルは航空券に交換する以外にも、さまざまな特典に交換することができます。ANAの公式サイトから交換することができます。現在33項目の交換特典があります。

気になる方は公式サイトから確認してみてくださいね。

Kai
いろいろな特典があり、迷ってしまいます。アップグレードによって快適な旅もおすすめです。

スターアライアンスとは?マイルの使い方をわかりやすく説明します!

2019-09-22

 

まとめ

今回は、ANA・VISAワイドゴールドカードの特典や、年会費について調査しました。

他のカードに比べて、年会費は少し高めの設定ですが、マイルを貯めることを目的に利用するには最適なカードと言えます。

WEB明細書サービス+マイ・ペイすリボ申し込み+年1回以上のリボ払い手数料の支払いで翌年以降の併用割引が最大4.950円引きになることがわかりました。

年会費は10,450円になります。お得ですよね。

ANA・VISAワイドゴールドカードは、毎年2.000マイルもらえたり、搭乗ボーナスマイル+25%や、普段の買い物でもマイルが貯まります。

空港ラウンジを利用して待ち時間を快適に過ごせること、付帯する旅行保険も充実しているなど、多くの特典がたくさんあります。

貯まったマイルの交換特典もさまざまあります。年会費を少しでも安くして、空の旅をお得に、快適に楽しんでください。

ANA・VISAワイドゴールドの保険とは?自動付帯保険について解説!

2019-12-02

ANA・VISAワイドゴールドで利用できる空港ラウンジを紹介します!

2019-12-23

「ANAワイドゴールドカード」のサービス!空港宅配を利用してマイルを貯めよう!

2020-01-06

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください