ANA・VISAワイドゴールドのワールドポイントとマイル還元率について!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

旅客機・飛行機・青空

なかなか景気が良くならない昨今、マイルをうまくためて利用している方は多いのではないでしょうか。そんなマイラーに人気なカードの一枚がANA・VISAワイドゴールドカードでしょう。

ANA・VISAワイドゴールドカードはANAマイルもワールドポイントもためることができ、ためたワールドポイントはANAマイルに交換ができます。

しかし、ワールドポイントの種類によってはマイル還元率が違ってきたり、ためる方法がかわってきます。

そこで今回は陸マイラーに人気の「ANA・VISAワイドゴールドカード」のワールドプレゼントのポイントマイル還元率についてお伝えします。

 

ワールドプレゼントのポイントについて


引用:SMBC

ANA・VISAワイドゴールドカードの発行元は「三井住友カード」です。

その三井住友VISAカードでたまるポイントを「ワールドプレゼントポイント」と言い、利用金額1,000円ごとに1ポイント(5円相当)が付与されます。

また、ワールドプレゼントポイントは受けるサービスによって「獲得ポイント」「ボーナスポイント」「プレミアムポイント」と呼ばれるポイントがためられます。

 

お買い物

買い物決済 1000円=1ポイント
有効期限 3年

お買い物の決済で、1000円ごとに1ポイント付与されるのが「獲得ポイント」です。

有効期限は、ポイント獲得月から3年間となっています。失効してしまったポイントは元に戻すことはできません。

また、一部ポイント付与対象外となる利用もありますのでご注意ください。

ポイント付与対象外の利用

  • 国民年金保険料(月払い・前納払い)
  • モバイルSuica(チャージ・定期券、特急券などの購入)
  • Edyチャージ
  • JR西日本スマートICOCA
  • WAONチャージ
  • nanacoクレジットチャージ
  • プリペイドカード購入・チャージ(三井住友カード)
  • 7dayクレジットチャージ

 

マイ・ペイすリボ

マイ・ペイすリボと呼ばれるサービスを受けると「ボーナスポイント」がたまります。

マイ・ペイすリボとは、事前に設定した毎月のお支払金額をこえた場合、こえた分が自動的にリボ払いになるサービスのことです。

年1回以上のリボ払い手数料の支払いがあれば、年会費を安く済ませることができるのでおすすめです。

Kai
ANAワイドゴールドカードの場合、年会費15,400円が11,500円となりますよ。

ANAワイドゴールドの年会費割引はリボ払いとWEB明細がカギ!

2020-03-11

またリボ払いを活用すると、獲得ポイントと同額のボーナスポイントがもらえます。

 

ステージ制

前年度(2月~翌年1月まで)の買い物累計金額によって翌年度のステージが設定され、そのステージと買い物累計金額に応じた「ボーナスポイント」が付与されます。

引用:smbc-card.com

補足
ただし、ステージに応じた現在のボーナスポイントのプレゼントは2021年1月お支払い分で終了します。(2020年2月お支払い分以降のお買物金額は、ステージ判定の対象となりません。)

 

ココイコ!

引用:ココイコ!

事前に行きたいお店にエントリーし、カード利用することで「プレミアムポイント」が付与されます。他にも特典がもらえたり、ポイントが増量したりするサービスもありますよ。

対象店舗例

  • Takashimaya
  • ビックカメラ
  • びっくりドンキー
  • かっぱ寿司
  • ステーキ宮

  • 東急百貨店
  • 小田急百貨店
  • ユニバーサルスタジオジャパン
  • スタジオアリス
  • 洋服の青山

Kai
百貨店や飲食店、テーマパークまで幅広いですね。

 

ポイントUPモール

引用:SMBC

ネットショッピングをする際に、ポイントUPモールを経由すると「プレミアムポイント」がもらえます。

ポイントだけではなく、お得なクーポンやSALE情報などもあるので、ネットショッピングする前はこちらのサイトをチェックすると良いですよ。

主な提携先

  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング
  • イトーヨーカドーネットショッピング

  • 楽天市場
  • じゃらん
  • 一休.com

三井住友VISAカードはポイントUPモールで最大20倍のポイントゲット!

2020-02-10

 

ワールドプレゼントのマイル還元率

ワールドポイントには3つの種類があると紹介しましたが、それぞれマイルに交換ができます。

しかしポイントの種類によって還元率や交換方法が変わってきます。

 

応募方式

応募方式とは、その都度自分で希望するポイントをマイルに移行する交換方法です。

「獲得ポイント」「ボーナスポイント」「プレミアムポイント」が対象となります。

  獲得ポイント ボーナスポイント・プレミアムポイント
交換レート 1ポイント=10マイル 1ポイント=3マイル
ポイント移行単位 1ポイント以上1ポイントずつ
移行上限 なし
移行所要期間 約1週間
移行手数料 無料

 

自動方式

一度登録すれば、それ以降は毎月自動的にマイルへ交換してくれる方法が自動方式です。

ただし、獲得ポイントのみ対象となり、ボーナスポイント・プレミアムポイントは自動方式では交換できません。

交換レートは応募方式と同じですが、自動方式は郵送のみでの受付となるため登録するまでに約1カ月~2カ月かかります。

例)10万円使用した場合

  • お買い物(獲得ポイント)=100ポイント=1,000マイル
  • マイ・ペイすリボ(ボーナスポイント)=100ポイント=300マイル

ステージ制(ボーナスポイント)=60ポイント(ステージV3、50万到達後)=180マイル

【合計】1,000+300+180=1,648マイル

Kai
10万円の買い物で1,648%のマイル還元率になります。

 

ANA・VISAワイドゴールドカード

引用:三井住友カード

ANA・VISAワイドゴールドカードは、三井住友カード株式会社とANAカードが提携して発行しているゴールドカードのことです。

世界で使えるVISA提携のゴールドカードとANAマイルを効率良くためることができるという2つの利点を併せ持っています。

旅行保険や空港ラウンジが無料利用可能など、ゴールドカードとしての機能が充実している点もうれしいですね。

Kai
頻繁に飛行機を利用するという方におすすめの一枚となっています。

ANA・VISAワイドゴールドのメリットとクレカ基本知識を紹介!

2019-11-01

 

ANA・VISAワイドゴールドのマイル

ANA・VISAワイドゴールドの利点は、使えば使うほど、まさにザクザクとANAマイルをためることができるのが最大の特徴でしょう。

買い物や公共料金の支払いなどで利用すると、100円の買い物で1ANAマイルがたまります

Kai
年間50万円の買い物をすれば5,000ANAマイル、100万円の利用では1万ANAマイルためることができます。
年間利用額 たまるマイル数
50万円 5000ANAマイル
100万円 1万ANAマイル
200万円 2万ANAマイル
300万円 3万ANAマイル

実は、ANA VISAワイドゴールドカードでは、家族カードを発行して家族にこのクレジットカードを利用させることでANAマイルをためることも可能なんです。

Kai
一家全員でANAマイルをためて家族旅行もできますね。

「ANAワイドゴールドの最新キャンペーン」還元率や年会費の下げ方まで徹底紹介!

2020-02-23

 

まとめ

夕陽に向って着陸する飛行機

いかがでしょうか。

  • ANA・VISAワイドゴールドは、世界で使えるVISA提携のゴールドカードとANAマイルを効率良くためることができるという2つの利点を併せ持っている
  • 利用するサービスによってためられるポイントが違う
  • ワールドポイントの種類によって、交換方法とマイル還元率が異なる

「マイ・ペイすリボ」を利用すれば、年会費を安く抑えることもできますし、さまざまサービスを利用することでマイルに替えられるポイントがたまります。

上手にカードやサービスを利用して、マイルをどんどんためていきましょう。

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください