ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードのメリットとデメリット!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

引用:www.ana.co.jp

海外旅行でANAをよく利用される方や東急系列でのショッピングを利用される方は、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを十分に利用していなかったり、カードを作ろうか悩まれている方もいるのではないでしょうか。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、ANAカード三井住友カード東急グループの3社が提携して発行している超万能なクレジットカードです。

例えば、電車やバスを利用したり、駅構内の売店や自販機利用、PASMOの利用など幅広いジャンルでTOKYUポイントをためることができます。

そんな超万能なクレジットカードをもっと、効率的に利用していきたいですよね。

実はちょっとしたコツをつかめば、年会費が安くなったりポイントが手に入りやすくなったりするんですよ。

そこで今回は、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのメリットとデメリットについてご紹介致します。

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのメリット

アルファベット文字のブロック

高いマイル還元率

東急ポイントはANAマイルへの交換ができるのですが、その還元率は75%と高いものとなっています。これはANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードの最大のメリットと言っても過言ではありません。

つまり、10,000円分のポイントを7,500マイルのANAマイルに交換ができます。

また、各種ポイントサイトでためたポイントを「東急ルート(TOKYUルート)」でマイルに交換すればさらにマイルがたまりますよ。

TOKYUルートとは

モッピーやゲットマネーなどの各ポイントサイトから始まり、ドットマネーとTOKYUPOINTを経由して、マイルを交換する方法のことです。

【ポイントサイト⇒ドットマネー⇒東急ポイント⇒ANAマイル】

  還元率 獲得ポイント 交換期間
モッピーやゲットマネーなどのポイントサイト→ドットマネー 100% 10,000pt 2~3日
ドットマネー→TOKYUPOINT 100% 10,000pt 15~30日
TOKYUPOINT→ANAマイル 75% 7,500マイル 1週間

トータル最短3週間程度でANAマイルへ交換が可能です。

ソラチカルートが閉鎖された今、75%の還元率というのはかなり高くなっています。

Kai
ちなみにポイントサイト→ANAマイルへの直接ルートだと還元率が50%になってしまうので、断然「TOKYUルート」を利用することをおすすめします。

ハピタスを使って還元率の高いANAマイルに交換する方法!

2019-03-22

年会費が安い

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの年会費は一般カードにしては安く、税抜き2,000円となります。

さらに「Web明細書サービス」や「マイ・ペイすリボ」を利用することでもっと安くなります。

  本会員の年会費 割引後(2年目以降の年会費)
Web明細書サービス利用 2,200円(税込) 1,650円(税込)
マイ・ペイすリボ利用+年1回カード払い 826円(税込)

どちらかの適用になるので、マイ・ペイすリボを利用すれば年会費が1,000円以下となるため、こちらの方がお得です。

マイ・ペイすリボとは
ショッピング1回払いの利用分が自動的にリボ払いになる支払い方法のことです。年に1回以上リボ払い手数料のお支払いがあれば、年会費割引の適用となります。
また、リボ払い手数料のご請求がある月はワールドプレゼントのポイントが2倍となります。
Kai
これから会員入会を考えている方にはマイ・ペイすリボを利用することをおすすめします。

ANAマイルがたまる

通常クレジットカード会社のポイント移行で貯まるマイル*が100マイルになります。それに加えて積算されるマイルが100円(税込み)につき1マイルの場合だとクレジットカード会社のポイントとは別で100マイル貯まります。 通常100マイルのところが合計200マイル貯まるシステムになります。

引用:www.ana.co.jp

ANAカードマイルプラスの加盟店でANAカードの支払いをすることで100円=1ANAマイル、または200円=1ANAマイルがたまります。

例えば、10,000(税込み)円分をANA提携店で買い物をする場合、通常の100マイルとは別に100マイル分がつくので合計200マイルたまります。

ANA提携店一覧
  • ホテル(いぶすき秀水園、尾道国際ホテル…など)
  • コンビニ(セブン-イレブン)
  • ドラッグストア(マツモトキヨシ)
  • 百貨店(大丸・松坂屋、高島屋…など)
  • ショッピングモール(沖縄アウトレットモール あしびなー)
  • 空港駐車場(熊本空港駐車場、新千歳空港A駐車場…など)
  • 空港施設(アンジュ保育園、羽田空港ペットホテル…など)

この他にもお土産店や雑貨店など100店舗以上でANAマイルをためることができます。

マイルプラスの加盟店について詳しくは「ANAカードマイルプラス加盟店一覧」を参照ください。

TOKYUポイントがたまる

東急系列店舗の利用や東急系列の電車・バスを利用する場合、最大10%のTOKYUポイントがためられます。

TOKYUポイントは東急百貨店などの系列店での年間のショッピング額により変動します。

1月から12月末日までの年間お買い上げ額 翌年1月10日からのベースポイント
300万円以上 10%
100万円以上300万円未満 10%
50万円以上100万円未満 7%
10万円以上50万円未満 5%
10万円未満 3%

最低でも3%加算され、100万円以上~だと最大10%加算されます

Kai
東急系列店舗をよく利用する人にとってはおいしい情報ですね。
東急系列店舗一覧
  • ショッピング(武蔵小杉東急スクエア、八王子東急スクエア…など)
  • ホテル(東急ホテルズ、東急ハーヴェストクラブ…など)
  • スポーツ施設(東急スポーツオアシス、東急ゴルフパークたまがわ…など)
  • レジャー施設(万葉俱楽部 横浜みなとみらい、東京・湯河原温泉 万葉の湯…など)
  • レストラン(ニコタマデイズカフェ、東京カルチャーカルチャー…など)

この他にも病院や銀行など50店舗以上でTOKYUポイントがためられます。

詳しくは「TOKYU POINT加盟店一覧」を参照ください。

ワールドプレゼントポイントがたまる

ワールドプレゼントポイントは、三井住友カードを利用してたまるポイントのことです。ショッピングなどで利用する場合、1000円(税込)で1ポイントためられます。

また、ワールドプレゼントポイントは、直接ANAマイルに交換することができます。

5マイルコース

1ポイント=5マイル
移行手数料無料
移行上限なし
応募方式利用…1週間で移行
自動移行方式利用…登録までに約1~2カ月

10マイルコース

1ポイント=10マイル
移行手数料6,000円(税抜き)/年度ごと(4/1~翌年3/31)
移行上限なし
応募方式移行…1週間で移行
自動移行方式利用…登録までに約1~2カ月

Kai
10マイルコースの方が還元率は良いですが、移行手数料が6000円(毎年)かかるためカードの利用頻度が低い場合は、5マイルコースで十分ですね。

豊富なボーナス

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、ANA一般カードなので入会や継続によるボーナスによってマイルに入会ボーナスマイル継続ボーナスマイル搭乗ボーナスマイルが加算されます。

加算マイル一覧
  • 入会ボーナスマイル=1000マイル
  • 継続ボーナスマイル=1000マイル
  • 搭乗ボーナスマイル=区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、「自動付帯」が適用されていますので、海外旅行に掛かる費用を一切支払っていなくても、カードを持っているだけで搭乗ボーナスマイルがためられます

つまり、航空券発券時にANA一般カードの会員番号を入力するだけで、積算率(10%)に応じた搭乗ボーナスマイルをしっかり手に入れられます。

Kai
このカードを持っているだけで、継続ボーナスマイルや搭乗ボーナスマイルが無償でためられるのは、陸マイラーにとっては嬉しいですね。

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのデメリット

アルファベット文字のブロック

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードは、PASMOとしての機能も備わっているため、東急系列の電車やバスを利用するには便利です。

しかもオートチャージの機能がついているので、チャージを忘れて乗り遅れるという心配もありません。

電車やバスに乗った後、専用の端末にタッチすると、東急ポイントが10ポイント加算されるのも嬉しいです。

Kai
「東急電鉄」や「東京メトロ」の定期券を購入してもお買い物のポイントがつきますし、もちろんマイルへの交換も可能です。

このように日常生活でも非常に便利なANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードでもデメリットと言える部分があります。

ゴールドカードではなく一般カード

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、一般カードなのでゴールドカードではありません

そのため、SFC修行を行うことができません。

Kai
SFC修行とは、ANAスーパーフライヤーズカードを取得し、ANAプラチナメンバーになるために修行のようにフライトを繰り返すことを言います。

ANAプラチナメンバーになることによってANA上級会員級のサービスが受けられます。

ANA上級会員級のサービス一覧
  • 付与マイル率のUP
  • 手荷物制限の緩和
  • 航空会社専用ラウンジの利用
  • チェックイン時の優先レーンの利用
  • 特典航空券の予約席の拡大

上記は一部ですが、このようなサービスを受けるためにマイル修行をするわけです。

Kai
SFC修行をされる方は、他のゴールドカードを発行する必要があります。

海外旅行保険が充実していない

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、死亡・後遺障害の項目のみが補償対象になります。

死亡・後遺障害 1,000万円
付帯条件 自動付帯

その他の項目の傷害治療費用や疾病治療費用などは、補償対象外になります。

Kai
万が一のための海外旅行保険は、ほとんど期待できませんね。

 

まとめ

繧ッ繝ャ繧ク繝・ヨ 繧ォ繝シ繝�, 繧ッ繝ャ繧ク繝・ヨ繧ォ繝シ繝�, 縺企≡, 驫€陦悟哨蠎ァ, 驫€陦�

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのメリット・デメリットをご紹介しましたが、いかがでしたか。

年会費が安いわりに、ANAマイル・TOKYUポイント・ワールドプレゼントポイントの3つのポイントをためられるお得なカードでしたね。

特に東急系列の電車・バスを利用される方や買い物する方には持っていて損はないでしょう。

すでに持っている方も、発行を検討していらっしゃる方も上手にカードを使ってどんどんポイントをためて活用していきましょうね。

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください