ANAマイル交換率75%の「東急ルート」と「東急カード入会キャンペーン」を徹底解説!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

この記事にアクセスした人は現在マイルをためている、または、これからためようとしている人だと思います。

昨年までは、ソラチカルートが陸マイラー御用達の交換ルートでしたが、残念なことに閉鎖されてしまいました。

そこで注目を浴びるようになったのが、今回取り上げる東急ルートです。交換率75%とソラチカルートには少し及びませんが、東急ルートにしかないメリットもあります。

この記事では、東急ルートの解説や、必須となる「ANA TOKYU POINT ClubQ  PASMO マスターカード」のお得な入会方法まで詳しく紹介していきたいと思います。

 

東急ルートとは

東急ルートは簡単に言うと、「今一番お得にポイントサイトのポイントをANAマイルに交換できる裏技」のようなものです。

ポイントサイトのポイントを直接ANAマイルに交換した場合の交換率は30~50%ですが、この東急ルートを使うと、交換率は75%にまで上がります。

 


このようにポイントをANAマイルに交換する間に、ドットマネーと東急ポイントを経由するのが東急ルートの流れとなっています。

このルートは2019年6月にドットマネーから東急ポイントへの交換が始まったことにより開通したルートです。

 

引用:ドットマネー

そして、この東急ルートのメリットは大きく3つあります。

  1. 移行期間が最短3週間
  2. 移行上限がほとんどない
  3. ANAマイル交換率が75%
Kai
ソラチカルートが使えなくなったことは残念ですが、東急ルートにはソラチカルートにはないメリットもあります。
あわせて読みたい

 

東急ルートはANAマイルへの移行期間が最短3週間

ソラチカルートでは、マイル交換までに約2カ月かかっていました。ですので、東急ルートの3週間という移行期間はとても早いと思います。

東急ルートの移行期間内訳

  1. 各種ポイントサイトからドットマネー:約3日
  2. ドットマネーから東急ポイント:15~30日
  3. 東急ポイントからANAマイル:約1週間

 

ドットマネーの移行期間は、ポイント交換の申請をした日によって、移行期間が変わってきます

申請日 移行期間
1~15日 申請月の下旬ごろ
16日~末日 翌月の中旬ごろ
Kai
早くマイルに移行したい場合は、ドットマネーから東急ポイントへの交換申請を月初めに行うといいですね。

 

東急ルートではANAマイルへの移行上限がほぼない

そんな大きなメリットに感じられないかもしれませんが、実はとても嬉しいことなのです。

東急ポイントからANAマイルへの交換では、月間のポイント移行上限がはありません。ソラチカルートは毎月20,000ポイントが上限となっていたため、1カ月に18,000マイルしかもらうことができませんでした。

東急ルートであれば東急ポイントからANAマイルへの移行上限がないので、さらに多くのマイルをためられるのです。

ただし1つ注意点があります。ドットマネーから東急ポイントにポイントを移行する時には、月100,000ポイントが上限となっているのです。

 

月に100,000ポイントをためるのは非常に大変で、この上限をこえることはほとんどありません。そのため、移行上限はほぼないと言えるのです。

仮に月100,000ポイントをマイルに移行した場合、75,000マイルが1カ月でたまるので、1カ月あたりに獲得できるマイルはソラチカルートの約4.5倍になります。

Kai
ポイントを多く持っている人は、移行上限が高いと嬉しいですね。

 

東急ルートは現在最もマイル還元率が高い75%

以前は陸マイラーの中ではおなじみのソラチカルートが交換率81%で最強ルートとされていましたが、2019年12月末に閉鎖してしまいました。そのため、東急ルートが75%と現在最高レートでANAマイルに移行することができます。

 

ANAマイル交換まで

ドットマネーから東急ポイントへは等価で交換することができ、東急ポイントからANAマイルへの交換率が75%となります。

例えば、ドットマネーの1,000マネーをANAマイルに交換すると750マイルになるということです。

 

このように、ドットマネーから東急ポイントへ交換ができるようになったことで、各種ポイントサイトのポイントにも東急ルートを使えるようになりました。

ポイントサイトからドットマネー、ドットマネーから東急ポイントは等価で交換、東急ポイントからANAマイルへの交換率が75%となっています。

 

ポイントサイトの1,000ポイントをANAマイルに交換する場合、このようなポイントの流れになります。

ポイントの移動は3回で済むので、シンプルで分かりやすいと思います。

Kai
ソラチカルートは4回ポイントを動かさなければいけなかったので、東急ルートの方が簡単で楽ですね。

 

そして、東急ルートの要である東急ポイントへの交換には東急カードを持つ必要があります。

この75%の還元率を実現させるためには、数ある東急カードの中でも「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード」を発行しなくてはならないのです。

 

なぜANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードなのか

ドットマネーから東急ポイントに移行するためには、東急グループと提携する東急カードが必要となります。

東急カードにはいくつか種類がありますが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードだけマイル交換率が75%となっています。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードは1,000東急ポイント=750マイルに移行できます。

 

引用:ANA

このカードはANAカードなのでたまるのはANAマイルですが、他のカードはJALマイルがたまります。そして、マイル還元率は50%です。

他にもANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードには、年間移行上限がない・移行完了まで1週間という嬉しいメリットもあります。

そのため、東急ルートで交換率75%を実現するためにはANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードが必須となっています。

Kai
似たような名前が多いので、カードを発行する時は気を付けてくださいね。

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードとは

引用:三井住友カード

国際ブランド Master Card
申し込み対象 満18歳以上
(高校生は除く・未成年は親権者の同意が必要)
年会費(税抜) 2,000円 割引後751円
家族カード年会費(税抜) 1,000円 割引後475円
ポイントシステム ワールドプレゼントポイント
(1,000円の利用につき1ポイント)
ANAマイル還元率 0.5~1.0%
入会・継続特典 1,000マイルをプレゼント

このクレジットカードは三井住友カードが発行するANAカードの一つで、東急グループと提携しています。

そのため、カードを利用した時にたまるポイントは三井住友カード独自の「ワールドプレゼントポイント」です。このワールドプレゼントポイントもANAマイルに移行することができます。

 

マイル交換コース

ワールドプレゼントポイントをマイルに移行する時は、1ポイント=5マイルの5マイルコース/1ポイント=10マイルの10マイルコースのいずれかを選ぶことができます。

ただし、10マイルコースは移行手数料として年度ごとに6,000円(税抜)がかかります。

引用:三井住友カード

 

入会特典と年会費割引き

入会時と継続時に特典としてそれぞれ1,000マイルがもらえます。

ちなみに、東急ポイントは東急グループの店舗でカードを利用した時に、ワールドプレゼントポイントとは別にもらえるポイントのことです。

年会費も通常2,000円(税抜)かかりますが、マイ・ペイすリボという支払方法を使うと751円(税抜)になり、家族カードも同様に通常1,000円(税抜)が475円(税抜)になります。

Kai
年会費も安くマイルもたまるので、メインカードとして使うこともできるクレジットカードですよ。

カードの申込時は紹介プログラムを使うとお得です。詳細は次で説明しているので、ぜひ活用して下さい。

 

東急ルート利用前に準備しておくこと

東急ルートを利用するには、

  1. ドットマネーの登録
  2. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードの発行

をしておく必要があります。どちらがかけても東急ルートは成り立たないので、マイル移行前に必ず完了させておいてください。

 

.money(ドットマネー)の登録

引用:ドットマネー

ドットマネーは登録料・交換手数料は無料です。手持ちのポイントをまとめて、1マネー=1円に交換できます。登録は5分ほどで簡単にできます。登録はこちら

 

登録手順

  1. ドットマネーにアクセスして、右上にある「新規会員・ログイン」をクリックする
  2. アメーバーIDがある人はログインをクリックして、IDとパスワードを入力してログインする(登録完了)
    アメーバーIDがない人は、Ameba新規登録をクリックする
  3. 「メールを送信して登録する」に必要事項を記入し、「登録メールを送信」をクリックする
  4. 登録したメールアドレスにメールが届くので、そこに記載されているURLをクリックする

以上で登録が完了します。

Kai
ドットマネーの登録がないと東急ルートは使えないので、事前に必ず登録してくださいね。次はマイ友プログラムの紹介です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを作る時は普通に申し込むよりも、マイルがもらえるANA紹介プログラムを利用するのがおすすめです。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの発行手順

  1. ANA「マイ友プログラム」に登録
  2. ポイントサイトからの申し込み

 

「ANAマイ友プログラム」の登録方法

「マイ友プログラム」とは、すでにANAカードを持っている人から紹介を受けてカードを作成すると、追加で500マイルがもらえる素晴らしいプログラムです。

 

Kai
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO は入会ボーナス1,000マイル+マイ友プログラム500マイルで、合計1,500マイルもらえます。

 

当サイトからの紹介はこちら

※入力された情報はANAサイトへ伝わり、当サイトに連絡はありません。個人情報等を知られることは一切ありませんので、ご安心ください。 

赤いボタンをクリックして下記情報を紹介者欄に入力して下さい!
  • カナ氏名 (性)オオモリ (名)ハヤト
  • 紹介番号  00060729

この下に申込者の情報として

  • あなたの名前
  • あなたの生年月日

を入力したらマイ友プログラムへの登録申請が完了です。

登録が終了したら、そのままANAワイドゴールドカードを申し込めます。

以上が「マイ友紹介プログラム」になります。※マイ友プログラムは、すでにANAカードを保有している人は利用できません。

Kai
簡単にボーナスマイルがゲットできるので、ぜひ紹介プログラムを利用してくださいね。次はポイントサイトの活用方法です。

 

ポイントサイトからの申し込み

ポイントサイトとは、ネットショッピングやサービスの利用・購入時に経由することでポイントをもらえるサイトのことです。登録は無料で、お小遣い稼ぎとして利用している人も多いです。

Kai
現在「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO」案件が復活しています。申込時は「どこ得」で検索して、獲得ポイントが多いところで申し込むといいですよ。

大切なのはカード発行後です。陸マイラー活動のために、次のポイントサイトには必ず登録しておきましょう!

 

陸マイラー必須のおすすめポイントサイト

2019年12月末にドットマネーから東急ポイントに交換できるようになったことにより、各種ポイントサイトのポイントを東急ルートでマイルに移行できるようになりました。

しかし、ポイントサイトの中にはドットマネーに移行できないものがあるので、注意してください。

ドットマネーにポイントを移行できないサイト

  • ポイントタウン
  • Gポイント
  • ECナビ

移行可能なサイトの中でも、マイルをためるのにおすすめのポイントサイトを2つ紹介したいと思います。

「Hapitas(ハピタス)」「moppy(モッピー)」です。もう利用している人もいるかと思いますが、どちらのサイトもマイルをためる上で必要となってくるので、この機会に登録することをおすすめします。

 

Hapitas(ハピタス)

ハピタスの魅力は「楽天」や「Yahoo!」などの人気ショップと多数提携、ポイント数や還元率が業界最高水準となっている点です。

大量ポイント(ANAマイル)が最も貯めやすいとして、陸マイラーに絶大な人気を誇る登録必須の重要ポイントサイトです。

  • 登録料/年会費無料
  • f:id:bmwtatsu:20170628112727p:plainポイント単位:1pt=1円
  • ANAマイルへの交換:東急ルートで交換レート75%

 

moppy(モッピー)

モッピーの魅力はハピタスと同様に「楽天」や「Yahoo!」などの人気ショップ、そしてAmazonも含めた多数ショップとの提携です。特にAmazonユーザー必見の還元率2%はハピタスに劣ることない登録必須のポイントサイトです。

ポイント交換は、最低500ポイントや1000ポイントからの交換が多い中、モッピーはなんと300ポイントから交換が可能となっています。

  • 登録料/年会費無料
  • f:id:bmwtatsu:20170628112727p:plainポイント単位:1pt=1円
  • ANAマイルへの交換:東急ルートで交換レート75%

 

最後に

最後に東急ルートのメリット3つをおさらいしておきたいと思います。

  1. 移行期間が最短3週間
  2. 移行上限がほとんどない
  3. ANAマイル交換率が75%

今までソラチカルートを使ってマイルをためていた人は、これからは75%の交換率である東急ルートを使ってください。

ポイントの交換も3回で済み移行上限もないので、とても使いやすいと思います。マイル移行期間も3週間ほどなので、すぐにマイルがほしい時にも便利です。

東急ルートに必要不可欠な「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード」は、メインカードとしても使えるので使い勝手のいいカードだと思います。

ぜひ東急ルートを使って、お得にマイルをためていきましょう!

「ANAワイドゴールドの最新キャンペーン」還元率や年会費の下げ方まで徹底紹介!

2020-02-23

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください