グアムおすすめの子どもの遊び場!お土産やおもちゃもご紹介!

スポンサーリンク

「マイルを貯めて、もっとお得にグアムへ行こう!」

Kai
マイルは「フライト」や「クレジットカード決済」でしか貯まらないと思い込んでいませんか?
日常生活で大量にマイルを貯めてお得にグアムへ行きましょう!誰でも簡単に取り組めます。新婚旅行や家族旅行、旅費を抑えて浮いたお金で美味しいものや欲しかったものを買っちゃいましょう!

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

青く美しい海と豊富なアクティビティで子連れにも大人気のリゾート地、それがグアムです。

楽しそうに遊んでいる子どもの笑顔を見ると親として嬉しい限りですよね。私にも2人子どもがいますが、子どもの笑顔にはいつも癒されます。

今回はグアム旅行において、子どもたちが夢中になれる遊び場や施設、お土産屋さんなどをいくつかご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

子連れにも安心人気の定番ビーチ

まずご紹介するのは、グアムで人気のビーチです。

特に小さな子供さんがいるご家族にも安心なビーチを2種類ご紹介していきます。

タモンビーチ

グアムの観光客の間で最も人気があるのは、このタモンビーチです。

正確にはタモン湾全体のことを指すようですが、一般的には繁華街から近い場所に位置するビーチエリアをタモンビーチと呼ぶことが多いです。

タモンビーチが人気の理由は、まず繁華街やホテル街のすぐ目の前にあるということ。

ここなら例えばビーチまで来て忘れものに気づいたりすることがあったとしても、すぐ取りに帰られます(笑)

とにかく利便性がとても良いのが、このタモンビーチです。

そしてこのタモンビーチが人気ということもあり、日本人観光客も多く、初めてグアムを訪れたファミリーも安心して遊ぶことができます。

私には子供がいますので、子供も安心して遊べることは個人的に結構大事なことです。

またオプションでパラソルや浮き輪、シュノーケリングセットなど海で遊ぶのに必要な物もレンタルすることができるので、子連れの方は利用してみるのも良いですね。

イパオビーチ


イパオビーチとは、タモンビーチと同じタモン湾沿いに位置するPIC(パシフィックアイランドクラブ)やヒルトンクラブなどのホテルに隣接するパブリックビーチのことです。

イパオビーチは、タモンビーチに比べ海水浴客が少ないためゆったりくつろぐことができます。

そのほかさまざまな種類の魚が数多く生息しているため、シュノーケリングスポットとしても大変人気で、ボートに乗って沖の方まで行かなくてもビーチから十分に楽しめます。

手軽に楽しめて、子どもにも喜んでもらえたら一石二鳥ですよね。

また上記に示すように、イパオビーチのすぐ隣にはイパオビーチパーク(イパオ公園)も併設されており、お子様がビーチで遊び疲れた場合など、このような休憩スポットで休むこともできます。

また時期によってイベントなどを開催していることもあるようなので、気になる方は事前にチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

子どもから大人まで満喫できる3大ウォーターパーク

次にグアムで大変人気な3大ウォーターパークをご紹介します。

その3大ウォーターパークは以下の3つです。

  • PICグアムウォーターパーク
  • ターザウォーターパーク
  • オンワードビーチリゾートウォーターパーク

それでは1つずつご紹介していきます。

3大ウォーターパークについてはこちらも参考にしてください!

グアムのプールで遊ぼう!3大ウォーターパークを徹底比較!

2018-11-18

PICグアムウォーターパーク

引用:PIC.GUAM

PICグアムウォーターパークは、PIC(パシフィックアイランドクラブ)ホテルに併設されているウォーターパークです。

そして、このホテルに宿泊された方はPICグアムウォーターパークを無料で利用できます。

こちらのPICグアムウォーターパークは、東京ドーム約二個分という広い敷地に豊富なアクティビティで一日中楽しめます。

そのほか、幼児用のプールや遊具もあるので、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して遊ぶことができます。小さな子供がいる私にも嬉しい施設です。

PICについてはこちらから

グアムのおすすめプール!子どもから大人まで大満足のPIC!

2018-12-30

ターザウォーターパーク

ターザウォーターパークは、タモン地区のグアムプラザホテルに隣接しているウォーターパークです。

入園料はかかります。しかし、入園料を一度支払いをしておけば当日中であれば何度でも出入りすることができるため、例えば、一度食事してまた戻ってきて遊ぶなんてこともできます。

また、ターザウォーターパークには迫力満点のスライダーが数多くあるので、スライダー好きの方にはターザウォーターパークをおすすめします。

ターザについてはこちらから

ターザのスライダー!グアムのおすすめプールでみんな満足!

2018-11-15

オンワードビーチリゾートウォーターパーク

引用:onwardguam

オンワードビーチリゾートウォーターパークは、ミクロネシア最大級のウォーターパークです。

こちらもPICホテルと同じくオンワードビーチリゾートホテルに併設されているウォーターパークで、このホテルに宿泊された方はオンワードビーチリゾートウォーターパークを無料で利用できます。

またオンワードビーチリゾートウォーターパークでは、マンタとよばれる日本未上陸のウォータースライダーから屋根付きの幼児用プールまで幅広く設置されていますので、子供から大人まで存分に楽しめるようになっています。

その他の人気スポット

それでは、ここまでご紹介してきたアクティビティ以外にもグアムで人気のスポットがあります。

  • フィッシュアイマリンパーク
  • アンダーウォーターワールド

今回は、上記に示す2つの人気スポットについてご紹介していきます。

 フィッシュアイマリンパーク

 

フィッシュアイマリンパークは、約300mの桟橋を渡った先にあるエメラルドグリーンの海に囲まれた海中展望塔です。

らせん階段を降りていくと水深約10mの海中を眺めることができ、グアムの海を泳ぐ魚たちをじっくり観察することができます。

またイルカウォッチングやシーウォーカー、ディナーショーなど様々なオプショナルツアーも開催しています。興味のある方は、ぜひこちらで調べてみてください。

アンダーウォーターワールド

引用:under-water-world

アンダーウォーターワールドは、全長100mという長いトンネルアクアリウムが魅力のグアムで唯一の水族館です。

約100種類の魚が数千匹にわたり飼育されており、サメやエイ、ウミガメなどさまざまな魚を見ることができます。

また、午後2時からはサメの餌付けショーがあるので、見たい方は時間を覚えておいてくださいね。

おもちゃ売り場、お土産屋さん

ここからは、子供のためのおもちゃ売り場やお土産をご紹介していきたいと思います。

  • Twinkles(トゥインクルス)
  • Kmart(Kマート)
  • KD Toys(KDトイズ)
  • SM Island(SMアイランド)

今回は、上記4つのお店の情報をご紹介します。

Twinkles(トゥインクルス)

引用:twinkles

Twinkles(トゥインクルス)はショッピングセンターのGPO(グアムプレミアムアウトレット)の中にあるグアム最大といわれるトイショップです。

おもちゃからギフトアイテムまで幅広く揃っており、店内には日本でもおなじみのサンリオやディズニー、MARVELなどのキャラクターもの、教育や学習を目的とした知育玩具など、他にもさまざまなおもちゃやグッズがところ狭しと並べられています。

私の子どもは優柔不断なことが多いので、欲しいおもちゃを見つけて出てくるまでにどれくらい時間がかかるのかを想像するとゾッとします(笑)

それほど商品が充実しており、子供から大人までを楽ませてくれる品揃えの多いお店なので、GPOに来た際にはぜひ寄ってみてくださいね。

Kmart(Kマート)

Kmart(Kマート)は24時間営業をしているスーパーマーケットです。スーパーマーケットなので観光客だけでなく現地の方も多く利用しています。

店内の商品は、おもちゃだけではなく食料品からシュノーケル用品、アパレルなどさまざまなものを取り扱っており、フードコートもあるため簡単な軽食をとることもできます。

Kマート限定のI LOVE GUAMのTシャツなどお店でしか買えない限定品もあるので、何かお探しの方やお土産で悩んでる方は立ち寄ってみてください。きっと目当てのものが見つかりますよ。

KD Toys(KDトイズ)

KD Toys(KDトイズ)はマイクロネシアモールの中にあるトイショップです。

Twinkles(トゥインクルス)と同じくおもちゃの専門店で、ローカルキッズにも人気のお店です。

ユニークなものから日本でもおなじみのものまで多数そろっていますので、子どもにとっては夢の国のような場所だと思います。

また、楽器などの電子機器や日本では手に入らないようなおもちゃも取り扱っているので、マイクロネシアモールに来たならぜひ覗いてみてください。

見てまわるだけでも楽しいですよ。

SM Island(SMアイランド)

SM Island(SMアイランド)はアガニアショッピングセンターの中にあるお店です。

こちらはおもちゃ屋というより雑貨屋のような雰囲気で、アクセサリーから洋服、コスメ、キッチン、インテリア用品など多種多様な商品があります。

お土産品も豊富に取りそろえており、グアムジラなどの現地のキャラグッズなどお土産に喜ばれるものもあるのでテンションがあがります。

お土産選びで悩んでいる方はぜひ足を運んでみてください。

最後

いかがでしたでしょうか。

今回は子連れでグアム旅行にきたときのおすすめスポットをご紹介しました。

スリルのある旅もそれはそれで楽しいかもしれませんが、私のように子どもと一緒に旅行するなら、まず子どもたちが安全に安心して遊べることが一番ですよね。

今回ご紹介したビーチや施設は、小さなお子さんでも安心して遊べるので、ぜひ一度足を運んでみてください。

そして旅の終わりには現地のかわいいお土産を買って、皆さんの帰りを待っている人にも幸せのおすそ分けをしてあげてくださいね。

この記事を通じて、皆さんが笑顔いっぱいのグアムライフを送れますように。

「旅費の見積りはしましたか?」

Kai
自宅で簡単に、しかも無料で複数の会社に一括見積りできます
少しでもお得にと思うのなら必ず数社から見積もりを取ってください。各地域を専門に取り扱う旅行会社が日程や予算等、要望に合わせて最適なプランを無料で作成・提案してくれます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください