グアム大人気の水陸両用バス「ライド・ザ・ダックツアー」!

スポンサーリンク

「マイルを貯めて、もっとお得にグアムへ行こう!」

Kai
マイルは「フライト」や「クレジットカード決済」でしか貯まらないと思い込んでいませんか?
日常生活で大量にマイルを貯めてお得にグアムへ行きましょう!誰でも簡単に取り組めます。新婚旅行や家族旅行、旅費を抑えて浮いたお金で美味しいものや欲しかったものを買っちゃいましょう!

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

 

引用 MAPPLE Activity

リゾート地として人気の高いグアムですが、グアム島の歴史を知らない方は意外と多いのではないでしょうか。私も、グアム旅行にはまり出した頃はそうでした。

グアムの「醍醐味」といえば、海やショッピング、フードなどがありますよね。アクテビティもたくさんあるので、何度訪れても飽きることのない島です。

しかし、いつものアクティビティに加えてグアムの歴史やローカルな街並みに触れる機会を作ることで、新たな一面を垣間見ることができ、今まで以上にグアムの良さを知るきっかけになるのではないでしょうか。

それに打って付けなのが、今回ご紹介する『ライドザダック』です。なんと水陸両用バスに乗りながら、歴史的建造物ローカルスポットも回るのでちょっとした観光にもなるんです。

そんな『ライドザダック』の魅力をたっぷりとご紹介していきますね。

ライドザダックとは

引用 Googlemap

ライドザダックは 2014年にスタートしたツアーです。水陸を1つの車体で運行ができる、グアムで唯一の水陸両用バスツアーなんです。グアムの沿岸警備隊によって作られたので、安心して利用ができますよね。

ライドザダックは38人乗りで、普通車より車高が高く窓がないので、一般道路を走行している時は普段と違った車窓からの風景を楽しめます。

また、そのまま車体が海へ入っていくと、車体がボートになりクルージングが楽しめます。町にいながら、ライドザダックに乗り込むだけでアミューズメントパークに来た様な気分が味わえますよ。

観光スポット、グアムの歴史を垣間みられる建造物、ローカルな街並みや工業地帯と観光地としてだけではないグアムの一面に触れることができます。

Kai
車体のカラーはブルー、ピンク、オレンジの3色展開です。最近は紫色などもあるそうですが、どの色に当たるかは行ってのお楽しみに。

次に、ライドザダックならではのお楽しみポイントをご紹介します。

楽しめるポイント

アヒルの口の笛、クワッカーで盛り上がろう

引用 MAPPLE Activity

サンドキャッスルで受付の時にもらえる笛です。見た目もインパクトがあり、水陸両用車のキャラクターであるチャッキーダックの口の形をした笛をツアー中にみんなで吹くなど車内も盛り上がり、楽しいツアーになることでしょう。

クルージング中に船長になれる体験

引用 Googlemap

クルージング中は、小さいお子様を対象として船長さんの椅子に座ってハンドルを握らせてもらえます。

Junior
大きなバスを運転している気分を味わえて最高だったよ!

ローカルなグアムの一面が見られる

観光客でにぎわうタモン地区を離れて、港に向かうまでにはローカルな街並みグアムの歴史を語るのに欠かせないスポットも数多く見られます。

水陸両用バスの乗り心地

道路を走っていたバスが、入水する瞬間は期待と不安が入り混じる日頃はできない体験です。入水した時は、『ほんとに沈まないの?』と緊張感を覚えてしまいます。バスが水面を浮いているのはなんだか不思議な感覚でした。

次に、ツアーでまわるコースや観光スポットを紹介していきますね。

コースと観光スポット

引用 Googlemap

ここでは、ライドザダックがツアーでまわる中で、主な観光スポットをご紹介していきます。車窓見学ですが、気になるスポットがあれば、改めて訪れてみるのもいいですね。

コース紹介

ライドザダックツアーのコース

サンドキャッスル

工場地帯

アプラ港(ここから、海へ入水します。)

クルージング

ハガニア地区

サンドキャッスル

観光スポット

  • クルージング中

クルージング中は、特段観光スポットがある訳ではないのですが、海からグアム島を見ることもできます。また、海面が澄んでいる時は魚を見ることもできますよ。

  • ハガニア地区
聖母マリア大聖堂

引用 Googlemap 

グアムで初めて建てられたカトリック教会です。
現在は、グアムの85%以上がカトリック教徒ですが、そのカトリック教の布教に貢献したのが、スペイン人のサン・ビトレス神父です。大聖堂の前には彼の銅像が建っています。

この聖母マリア大聖堂は、入口のステンドグラスがとてもきれいですので、改めてハガニア地区を訪れた時は大聖堂内の見学もしてみてくださいね。

スペイン広場

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

izumiさん(@___izumi_1129)がシェアした投稿

18世紀頃にスペイン総督が置かれていた場所です。今でも当時の面影を見ることができる建造物が至る所に残っています。

その中でも当時のスペイン総督が生活していたテラスの一部や、社交場として使われていたチョコレートハウスなどが有名ですね。

Kai
とても雰囲気のある場所で、散歩しながら歴史に触れる時間もいいですね。
チャモロヴィレッジ

毎週水曜日に常設のショップに加え約100店の屋台が軒を連ね、ローカルの人や観光客で賑わうナイトマーケットが有名です。

Kai
ローカルフードの店もたくさんあり、ダンスショーなどが開催されていて楽しい夜を過ごせますよ。

常設の建物は、スペインの田舎町をモデルとした建物だそうです。お昼はナイトマーケットの時とは違い、人も少なくのんびりとお店が見られます。

太平洋戦争国立歴史公園

第二次世界大戦中のグアムの歴史をアメリカの視点から展示した歴史博物館がある公園です。戦時中、3年弱日本の領土となったグアムの歴史を垣間見ることができますよ。

Kai
観光地としてのグアムだけでなく、歴史を知ることもできる貴重な博物館です。

また、この歴史博物館を含む公園は自然にあふれ、広い芝生と一面に広がる青い海も見られますよ。

ラッテストーン公園

引用 Googlemap 

ラッテストーンとは、サンゴでできた石柱群のことです。古代チャモロ文化の時代に、宗教施設や建物の土台であったという諸説があります。ローカルの人は、このラッテストーンには先祖の霊『タオタオモナ』が宿っていると考えており、あまり近づかないそうですよ。

また、この公園では南国特有の植物もあるそうで、あまり広くない公園なので周辺の散歩がてらにきてもいいような場所です。

グアムでは、アクテビティに心を奪われるところですが、ツアーを通して歴史を感じられるのはいいですよね。

しかし、ここでツアーに参加した方の口コミが気になるのではないでしょうか。そこで、次はライドザダックのツアーの口コミをご紹介していきますね。

口コミ

良い口コミ

  • 水陸両用バスに乗るのが初めてだった。すごく貴重な体験。こどもたちもすごく楽しんでいた。
  • アクティビティを楽しみつつ、グアムの観光地としてだけでないローカルな雰囲気を感じることができて新鮮だった。
  • 同乗してくれたスタッフがアヒル口笛の吹き方をレクチャーしてくれたり、車内の雰囲気を盛り上げようとしてくれてアミューズメントパークにきたような気分を味わえた。
  • 車窓からグアムの歴史建造物などを紹介されて、90分ほどのツアーだけど、濃密な時間を味わえた。グアムの新たな一面を見ることもできた。

悪い口コミ

  • 観光名所などの放送がずっと日本語で流れているのはうれしいが、窓がなくて車内に入ってくる風の音や話している人の声で放送が聞こえにくい。
  • 車内放送は、日本語だと聞いていたのですが、私が乗り合わせた車内は韓国の団体さんなのか韓国人ばかりで、社内放送が韓国語だった。ヘッドホンをもらい日本語の音声を聞くことはできたが、風やら他の音で聞きにくい上、ヘッドホンが不調で途中から音が聞こえなくなった。
  • 私が参加したツアーでは、途中からスコールが降ってきてクルージングの時間がすごく短かった。海から街の景色を見たかったのに残念だった。
  • 同乗したスタッフの対応が良くなかった。盛り上がらなかった。

悪い口コミで多いのは、社内の放送言語強風天候の問題があるようですね。確かに、陸を走行中、放送が聞こえにくいことがあります。

話をする人の数が多ければ多い程、放送内容は聞こえません。また、エンジン音や風の影響もありますね。

放送言語に関しては、これは乗り合わせた人数の多い国籍に合わせて流すので、運次第ということになってしまいますね。

車内の雰囲気は、同乗するスタッフによります。アヒル笛を吹くタイミングや吹き方などをレクチャーしてくれて、車内を盛り上げようとしてくれるスタッフもいれば、そのような働きかけを積極的にしないスタッフにたまにいるそうです。

天候も急に悪くなることがあるので、悪い口コミのほとんどは運次第といったところですね。

Kai
ただ、なかなか水陸両用バスに乗る機会はありませんし、買い物やビーチといった娯楽を楽しむだけに訪れてしまいそうなグアムですが、グアムの歴史に触れる経験ができるこのツアーに1度は体験する事をおすすめします。

次に、参加するにあたって気になる事があると思うので次に注意点としてご紹介していきますね。

注意点

Question
年齢制限はありますか?
Kai
2歳未満は無料となっているので、年齢制限はないようですね。ただ、安全の観点から、ご予約を取る時は2歳未満のお子様の人数も含めて申告してくださいね。
Question
お年寄りや車いすなど身体が不自由な方は乗れるのでしょうか?
Kai
車内は固定された2人がけの椅子になっていますし、通路も人がやっと一人通れるほどの幅しかないので、車いすごとご乗車することは難しそうです。

バスに乗り込む時は、階段を8段程のぼって乗り込みますので、お年寄りの方や身体の不自由な方は介助する方が同伴することをおすすめします。

Question
着替えやレインコートは必要?
Mama
イメージ画像などでは、入水の時にすごく水しぶきがたっていますが、実際はゆっくり入水するので、車内に入ってくる程にしぶきはあがりません

ただ、途中でスコールが降ってきたりする場合があるので、そんな時はレインコートや着替えがあったら安心かもしれませんね。車内では、傘の使用ができません

Question
トイレは途中でいけるの?
Mama
一度乗車すると1時間30分程乗りっぱなしなので、事前にトイレへは行っておくことをおすすめします集合場所のサンドキャッスル 入り口を入るとトイレがあるので、そこを使用してくださいね。
Question
ツアーが急に中止になったりする?
George
ツアーはよほどのことがない限り、天候が悪くてもクルージングなしなどの措置をとり、必ず行われます。

天候状態により、『海には入らないけどいいか?』『ショートコースなります。』など言われます。ただし、ここでキャンセルをしても返金はされないので、注意してくださいね。

Kai
私が参加した時は、天候もよくて正規のツアーを楽しめました。ただ、友人は、予約していた日に天候が悪かったらしく、当日はクルージングなしのツアーになってしまったそうです。

当日になるとキャンセル料が払い戻されないので、参加したそうですがやはり物足りなかったそうです。

George
ライドザダックツアーの一番の懸念は『天気』ですね。天気予報をチェックして計画を立てましょう。
Mama
その他、注意点としては、バスには窓がないから、風がすごく入ってきたわ。髪が長い人はまとめたり、あとは、風と紫外線で目が痛くなる事もあるからサングラスを持っていくのもおすすめですね。

運行スケジュール、集合場所

運行スケジュール

ツアーの所要時間は約1時間30分程となっています。

運行スケジュール

  • 1便目   8:15発
  • 2便目 10:00発
  • 3便目 11:30発
  • 4便目 13:30発
  • 5便目 15:30発

となっています。繫忙期にはスケジュールが変更になる場合があるので、事前に確認するようにしてくださいね。

集合場所

出発時間の30分前には集合場所であるサンドキャッスルで受付を済ませておいてくださいね。サンドキャッスルはタモン地区の観光客に人気のエリアにあるので、わかりやすいと思いますよ。

サンドキャッスルもご一緒にどうでしょうか。詳細についてはこちら。

グアムおすすめのエンターテインメント「サンドキャッスル」を紹介!

2019-01-30

ツアー料金と予約

引用 Googlemap 

希望する日に確実に参加するには、事前予約をおすすめします。

ライド・ザ・ダックツアー料金

大人(12歳以上) US$ 47.00
子供(2~11歳) US$ 25.00
幼児(0~1歳) 無料

<キャンセル料について>

【通常】

  • ツアー参加日の前日の17:00以降は100%のキャンセル料がかかります。
    日程変更の場合も、同様です。

【団体(15名以上)で参加の場合】

  • ツアー参加日の30営業日前の現地時間17:00から15営業日前の現地時間17:00まで、ツアー代金の20%
  • ツアー参加日の14営業日前の現地時間17:00から8営業日前の現地時間17:00まで、ツアー代金の50%
  • ツアー参加日の7営業日前の現地時間17:00以降、ツアー代金の100%
Kai
宿泊ホテル内にツアーデスクがある場合はグアムに到着してからも予約ができますよ。ただ、シーズン中はすぐに満席になってしまうので、予約は早めに入れることをおすすめします。

まとめ

グアム旅行の「醍醐味」は、ショッピングにビーチなどアクティビティに気持ちがいってしまいがちです。

そんな中アクティビティ要素もありつつ、グアムのローカルな一面、歴史や文化に触れることができるライドザダックは、グアムの事をより深く知るきっかけになるのではないでしょうか。

私も最初はグアムの青い海やおいしい料理にばかり気持ちがいっていました。しかし、ライドザダックのツアーに参加したことでグアム通になりたいと思っていた自分が、グアムのほんの一部しか知らないことに気づかされました。

また、とにかく『アクティビティを存分に楽しみたい』という人にも打って付けのツアーになっています。

所要時間も約1時間半と、他の予定にも組み入れやすい短時間のツアーなので、グアムを訪れた際はぜひ参加してみてくださいね。

「旅費の見積りはしましたか?」

Kai
自宅で簡単に、しかも無料で複数の会社に一括見積りできます
少しでもお得にと思うのなら必ず数社から見積もりを取ってください。各地域を専門に取り扱う旅行会社が日程や予算等、要望に合わせて最適なプランを無料で作成・提案してくれます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください