グアムのプールやビーチといえばオンワード!料金や時間なども紹介!

スポンサーリンク

「マイルを貯めて、もっとお得にグアムへ行こう!」

Kai
マイルは「フライト」や「クレジットカード決済」でしか貯まらないと思い込んでいませんか?
日常生活で大量にマイルを貯めてお得にグアムへ行きましょう!誰でも簡単に取り組めます。新婚旅行や家族旅行、旅費を抑えて浮いたお金で美味しいものや欲しかったものを買っちゃいましょう!

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

グアム旅行では、プールやビーチを満喫するのが目的という方も多いのではないでしょうか。常夏のグアムでプールに浮かびながら過ごすのは、とても気持ちがいいですよね。

しかしいざ行くとなると、やりたいアクティビティができるのかどうか、サービスがいいのかどうか、子どもも一緒に楽しめるのかどうかなど、さまざまな心配事が浮かんできます。

旅行に出発する前に、詳しい情報を得ておきたいところです。

そこでこの記事では、グアムのプールとして有名なオンワード・ビーチ・リゾートのウォーターパークのアトラクションやマリンスポーツも楽しめるビーチについて解説していきます。

 

オンワード・ビーチ・リゾートについて

オンワード・ビーチ・リゾートは、グアムの中心街から南に位置する、タムニング地区というところにあるホテルです。


ホテル内にはレストランやショップが充実していて不便を感じさせず、掃除も行き届いているので快適に過ごせます。

オンワード・ビーチ・リゾートで朝食!気になる料金や周辺のお店もご紹介!

2019-06-27

そしてなんといっても、プールとビーチの魅力が大きいホテルです。

グアムに来たからには、プールやビーチを楽しみたいという人は多いと思いますが、オンワード・ビーチ・リゾートはそのような方におすすめのホテルといえるでしょう。

隣接するウォーターパークとホテル目の前にあるビーチはとても人気があり、グアムでプールとビーチを楽しむのが目的ならオンワード・ビーチ・リゾートに泊まるのが最適とも言われています。

特にウォーターパークは、それを目的に泊まる人も多いほどです。

一体どのような場所なのでしょうか。オンワード・ビーチ・リゾートのウォーターパークについて、その特徴をお伝えしていきます。

 

プールの基本情報について

引用:オンワード・ビーチ・リゾート公式サイト

オンワード・ビーチ・リゾートのウォーターパークは、ミクロネシア最大規模を誇ります。1日では遊びきれないほどの広さなので、1日目と2日目で遊ぶポイントを分けるなど、多様な方法で楽しめます。

また、ホテルと隣接した施設ということで、オンワード・ビーチ・リゾートに宿泊している場合はウォーターパークまですぐのため、部屋から水着を着ていくこともできます

”部屋で水着に着替える”というのは私もやったことがありますが、ゆっくり着替えられるうえに着いたらすぐ遊べるので、プールを存分に満喫したい方にはぴったりです。

特に小さな子供がいるファミリーにはおすすめです。

浮き輪やタオルなどを自由に使える

  • 浮き輪

流れるプールとスライダーでは浮き輪が自由に使えます。

  • 子供用ライフジャケット

子供はライフジャケットの着用が必須。こちらも無料です。

  • タオル

チェックイン時に貰える「タオルカード」と引き換えに、貸出・返却ができます。このカードがあればタオルも無料です。
 

Kai
無料で使えるものがいろいろ揃っていて、とても助かりますね!

またホテルのプールというと、ビーチチェアの場所取りに忙しいイメージもありますが、オンワード・ビーチ・リゾートならその心配はありません。

ビーチチェアはたくさん用意してあり、空いている場所を探してウロウロする必要がないんです。しかもすべてのビーチチェアが日陰にあるので、日差しが強くても安心です。

Kai
これなら、荷物の置き場や休憩場所の確保にも困りませんね。
ウォーターパークの営業時間

9時30分~17時30分

料金

ウォーターパークの料金設定は、以下のようになっています。

オンワード・ビーチ・リゾート宿泊者
無 料
宿泊者以外

大 人  約50ドル

5~11歳 約25ドル

4歳以下  無料

  
オンワード・ビーチ・リゾートに宿泊している場合、無料で楽しめるのが嬉しいですね。ウォーターパークを目的に泊まる人が多いのも納得です。

宿泊者以外の料金は、ツアーを申し込む旅行会社によって少し異なりますが、だいたいは上記のような金額となっています。

予約

オンワード・ビーチ・リゾートに宿泊せず、ウォーターパークのみを利用したい場合は、オプショナルツアーとして申し込んでください。

オンワード・ビーチ・リゾートでの予約は行っていないので、旅行代理店を通して予約するか、宿泊するホテルのデスクで現地到着後に予約します。

出発前に日本から予約するのが、簡単でおすすめです。

アトラクション

ウォータースライダーなどの絶叫系アトラクションには好き嫌いがあるので、家族それぞれやりたい遊びが違っている場合もありますよね。

オンワード・ビーチ・リゾートのウォーターパークには、絶叫系からゆったり系のものまで数多く揃っているので、家族みんなで楽しめます。

知れば誰もが体験してみたくなる、充実のアトラクションを紹介していきます。

 

オンワード・ビーチ・リゾートのプール

引用:オンワード・ビーチ・リゾート公式サイト

絶叫系スライダー マンタ

利用条件:身長122cm以上

 

日本未上陸の絶叫系スライダーです。12mの高さから浮き輪に乗り、下が見えないまま急速に落下します。垂直に落ちていくような感覚がします。

マンタは横から見ると巨大なUの字になっていて、片側の頂点がスタート地点です。

浮き輪に乗ってスタンバイし、下が見えない状態から合図とともに落下。その勢いで反対側の斜面を登り、今度はバックで急降下します。下の動画を見るとよくわかりますよ。

まるで遊園地のバイキングのような、新感覚のスライダーです。落ちる瞬間に下が見えないというのは非常に怖さを感じるので、絶叫しながらはしゃぎたい方にはこれ以上ないアトラクションだと思います。

他にはない形のスライダーで最初はためらうかもしれませんが、一度滑ってしまえばとても楽しく、ハマること間違いなしです。

後ろ向きに滑る裏技もあるので、前向きで滑り後ろ向きで滑り…と、いろいろチャレンジできます。

Kai
二人乗りで滑るのも楽しいですよ。

4本のスライダー

引用:オンワード・ビーチ・リゾート公式サイト

利用条件:A・B・D→身長122cm以上。C→身長122cm以上。122cm未満の場合は大人同伴。

 

プールのアトラクションといえば、スライダーです。オンワード・ビーチ・リゾートのウォーターパークには、A~Dまで4本のスライダーがあり、スリルと面白さ満点です。

それぞれに特徴があり、バラエティ豊かなスライダーとなっています。

  • A:暗闇に滑り落ちる1人乗りトンネルスライダー
  • B:爽快に滑り落ちる1人乗りオープンスライダー
  • C:家族で楽しめる、浮き輪に乗って滑る1~3人乗りオープンスライダー
  • D:スリル満点のウォーターパーク最長1人乗りトンネルスライダー

3人まで乗れるCは、親子で滑れるのがいいですね。子供と一緒に楽しく滑れます。複数人で乗れることもあってか、最も歓声が響いてくるスライダーです。近くにいるだけで楽しい気分になれますよ。

Dは距離が長いので、特にスリルを感じるスライダーです。ウォータースライダーならではの興奮を味わいたければ、ウォーターパーク最長のスライダーにぜひ挑戦してみてください。

Kai
特徴的なスライダーが4本も揃っているので、スライダー好きにはたまらない場所ですね。

その他のプール

オーシャンZIP

海に向かって空中滑降する気分爽快なアトラクションです。ウェーブプールの上を海に向かって一気に滑り降ります。爽快でスリリングな気分を味わいたい方におすすめです。
利用条件:身長122cm以上、体重31.7kg以上113kgまで。健康な状態の方。

流れるプール

全長は360mあり、のんびりゆったり楽しめます。いろいろな景色が見られてリラックスできます。浮きながら寝てしまう子供もいるほど気持ちいいプールです。

ウェーブプール

最大1.2mの波が出て、ボディボードも楽しめます。インストラクターがいるので、ボードデビューにも最適です。ボディボードは1日10ドル、サーフボードは1日20ドルでレンタルできます。
利用条件:身長122cm以上。5歳以下はライフジャケット着用。

多目的ラウンドプール

水中バレーボールも楽しめるプールです。バレーボール用のネットもあります。いろいろなアクティビティに利用できます。

屋根付きジャグジー

屋根付きなので日差しを気にせず、ゆっくりくつろげます。アクティビティでたくさん遊んだあとには、ジャグジーでリラックスしましょう。

屋根付きプール

泳ぎを存分に楽しめるプールです。強い日差しを避け、思い切り泳ぎたい方におすすめです。

プールサイドバー

飲み物や軽食を買うことができます。ビールやカクテルなどのアルコール類、ソフトドリンクなどが売られています。全体的に安めの値段で購入できるのも魅力です。

これだけあれば、絶対にお気に入りのアトラクションが見つかりますね。次は何で遊ぼうかと考えるのも楽しいものです。

 

充実した子ども向けプール

子どもでもちゃんと楽しめるのかは気になるポイントです。できれば、子ども向けの施設などが充実したところに行きたいですよね。

オンワード・ビーチ・リゾートには、子どものためのアトラクションもしっかり用意されているので、子どものいる家族にはうれしいウォーターパークです。

どんなものがあるのか、子ども向けアトラクションの詳細を見ていきましょう。

キッズプール

引用:オンワード・ビーチ・リゾート公式サイト

  • 水深30㎝
  • カエルとクジラの滑り台付き
  • きのこの形のシャワーがある
  • プールデビューにもおすすめ

水深が浅いので、子どもを遊ばせるのに安心のプールです。水に慣れていない子どもでも楽しめるので、プールデビューにもおすすめです。

Kai
グアムで初プールなんて、すてきですよね。

2種類の滑り台やきのこの形のシャワーなど、子どもがワクワクできるポイントも満載となっています。タイルも水もきれいで清潔感があります。

屋根付き乳幼児プール

引用:オンワード・ビーチ・リゾート公式サイト

  • 水深30㎝
  • カメの滑り台付き
  • 屋根がある
  • 歩き始め~2歳くらいまでにおすすめ

乳幼児のためのスライダー付きプールです。

キッズプールと同じく、水深は30㎝です。小さなカメの滑り台もあり、乳幼児用ながらアクティビティもしっかり楽しめるプールです。

屋根が付いているので、アムの強い日差しから赤ちゃんをしっかり守れます。ライフジャケットを着用して楽しんでくださいね。

クラブマンタ

引用:オンワード・ビーチ・リゾート公式サイト

利用条件:4歳以上(必ず保護者同伴で参加)。大人も参加可。

 

子ども向けのアクティビティを毎日開催しています。1日に5~6種類のゲームができます。宿泊者もオプショナルツアーとして来ている人も無料で参加できます。

プールでゲームをするって楽しいですよね。

以下にゲームの一例を載せています。

クラブマンタのゲーム

ローラーホイール

ウェーブプールに置かれた巨大な浮き輪の上を歩いたり走ったりしながら前に進みます。ハムスターになったような気分を味わいながら、上手にバランスをとって進みます。

ウォーターバルーントス

2人1組になり水風船をトスし合います。うまくキャッチできたら、どんどん距離を離していきます。最後まで水風船を落とさなかったチームが優勝です。割らずにキャッチできるかハラハラドキドキのゲームです。

ダンクブース

1人が水の入ったタンク上に設置されたイスに座り、もう1人がタンク横の赤い的に向かってボールを投げます。ボールを的に命中させてイスに座った人を水槽の中に落とすゲームです。パパやママがイスに座って子どもがボールを投げるなど、親子での参加も楽しいアトラクションです。

スポンジリレーレース

水を含ませたスポンジを運び、バケツに水をためるゲームです。最もたくさんの水をためられたチームが優勝となります。水をこぼさずに運べるかどうかがポイントです。

4歳以上なら誰でも参加が可能なのでパパやママが張り切って参戦なんていうのも、すてきな思い出になりますね。

スケジュールやゲーム内容は、インフォメーションカウンターにて発表されます。優勝者にはうれしいプレゼントもありますよ。

Kai
誰でも無料で参加できるので、優勝目指して元気いっぱい遊んでくださいね。

ここまで見てきたように、オンワード・ビーチ・リゾートのウォーターパークには子どもが楽しめるアトラクションもしっかり用意されてるので、小さな子どものいる家族には本当におすすめです。

Kai
「9ヵ月の赤ちゃんでも問題なく楽しめた」という話も聞きました。

安心感とワクワクに満ちた子供向けアトラクションは、子どものみならず親まで楽しくなります。

子どもと一緒になって遊ぶのもおもしろいですし、子どもが安心して遊べることは親子共々の満足感を高めてくれますからね。

 

ビーチで子どもも楽しめるアクティビティ

引用:オンワード・ビーチ・リゾート公式サイト

Mama
オンワード・ビーチ・リゾートではビーチでマリンスポーツも充実しています。グアムに来たからにはビーチでアクティビティも思う存分楽しみたいですよね。

ホテルの目の前がビーチでサンセットの夕日もすごくきれいな場所です。

無料でアクテビティ

無料レンタル
カヌー・シュノーケル・ライフジャケット・マリンシューズ・お砂場セット

小さな子ども連れにはうれしい「お砂場セット」まで無料で借りられます。藻がわりと多いので遊ぶ場所を選ぶ必要がありますが、白い砂浜で子どもも大喜びします。

シュノーケルは子ども用のサイズがないので注意してください。車で10分以内にKマートがあるので10ドルほどで調達もできますが、安全面を考えると日本で店員さんと相談しながら購入した方がよさそうです。

また、マリンシューズはアメリカサイズで約9センチ~約29センチまでそろっています。

残念なことに砂浜付近ではあまり魚がいないため、幼稚園児や小学生の子どもがいるファミリーならカヌーがおすすめです。

Mama
ビーチの目の前にはひょっこりひょうたん島のモデルになったと言われる小さな島(アルパット島)があり、そこまでカヌーで行くと魚が見られるので子どももよろこびますよ。

 

マリンスポーツの料金と所要時間

有料
ジェットスキー・パラセーリング・バナナボート
  12才以上 11~5才 4才以下
ジェットスキー $55 $45 利用不可
パラセーリング $60 $55 $55(ボート乗船のみ)
バナナボート $50 $35 利用不可
ジェットスキー・パラセーリング・バナナボート $125→宿泊者$105 $75→宿泊者$65 $55
ジェットスキー・パラセーリング $95→宿泊者$75 $60→宿泊者$50 $55
ジェットスキー・バナナボート $90→宿泊者$70 $55→宿泊者$45 $利用不可

パラセーリングは目の前のビーチから車でアガニャ港へ少し移動しボートで沖の方へ行きます。船酔いする方は、少し揺れるので酔い止めの薬を飲んでいた方がよいかもしれませんね。

Kai
パラセーリングに乗っている時間は5~10分ほどですが、1番高い位置からだとグアムの景色が絶景で一生の思い出になります。

移動時間も含め、約1時間ほどで帰ってきます。

またジェットスキーは、同じコースを回る形なので初心者の方も安心して楽しめます。スピードはあまり出せませんが、子どもと一緒に乗るなら十分楽しめますね。

日本だと免許がないと1人でジェットスキーに乗れないため、グアムではぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

ジェットスキーとバナナボートの所要時間は共に30分ほどです。バナナボートも振り落とすようなことまではしないので、子どもも大はしゃぎしますよ。

注意
ジェットスキーの置いているところは遠浅の海を歩いていくので注意してください。

 

マリンクラブ 営業時間 : 9:30~ 16:30

 

オンワード・ビーチ・リゾート公式サイトから予約ができます。

 

プールとビーチの口コミ

豊富なアトラクションやビーチでのマリンスポーツなど、さまざまな魅力が見えてきました。しかし、実際に行ってみないと本当に良いかどうかはわからないものです。

そこで口コミをいくつか紹介したいと思います。

朝一で行ってお昼頃には帰るつもりでしたが、思いのほか楽しく閉館まで遊んでしまいました。スタッフさんがフレンドリーで子どもに優しかったです。ジャグジーもあり、休けいしつつ一日過ごすことができました。

引用:4travel.jp

予定よりも長く過ごしたというのが、ウォーターパークの高い充実度を物語っている気がします。ジャグジーでリラックスできる時間が作れるのも、長時間遊べる理由かもしれませんね。

このプールで遊びたいがためにオンワード泊に決めました。狙い通り子どもたちは大喜び。連日大はしゃぎでした。土曜の夕方(閉園間際)と月曜・火曜に利用しましたが、いずれも混雑はありませんでした。

ジップラインのみ10分ほど並びましたが、他スライダーなどは乗り放題。

引用:4travel.jp

並ばずにアトラクションが体験できたという声は、思いの他多いです。並ぶのは時間がもったいないですし、子どもにはきつい場合もありますから、混雑しすぎていないのはいいですね。

オンワードのプールは2回目ですが、子どもが大きくなったので遊び方も変わり、子どもプールだけでなく1日楽しく遊べました。

引用:ココ夏ッ通信

年齢を問わず満足できることがよくわかります。行くたび違った楽しみ方ができて、子供の成長も実感できますね。

夏休みに泊まりました。プールがとにかく楽しくて、ウォータースライダー、マンタ、波のプールなど、何時間でも娘は飽きずに遊び、スタッフにも可愛がってもらったりたくさん遊んでもらっておりました。

引用:トリップアドバイザー

スタッフの優しさに触れた口コミは多数ありました。忘れてはならない安全への配慮もばっちりで、安心感は抜群のウォーターパークですね。

子どもたちは初めてのパラセーリング。初めは怖がっていましたが、大空に上がり気持ちよくて楽しめた様子でした。

引用:VELTRA

怖いと感じるのは初めだけだという意見が多くありました。きれいな景色で怖さも吹っ飛ぶようですね。

ジェットもバナナボートも結構長い時間楽しめます。ジェットはまだ乗ってていいのかなぁと思うぐらい乗れます。ただ同じところをぐるぐる回る感じでなので、何度か乗ったことのある方はちょっと物足りないかも。

引用:VELTRA

十分楽しめる時間までマリンスポーツができるので、プールとビーチで何日も遊べますね。

この他にも高評価の口コミは多く、アクティビティとサービスの充実感がうかがえます。プールやビーチで遊ぶのが主目的なら、オンワード・ビーチ・リゾートに泊まるのはかしこい選択といえそうです。

 

まとめ

オンワード・ビーチ・リゾートのウォーターパークには、たくさんのアトラクションが用意されています。プールの種類も豊富なので、次はこっち、今度はあっちと、飽きることなく1日中楽しめる場所です。

中でも、特に人気があるマンタ4種類のスライダーは、行ったらぜひ体験したいアトラクションです。少しの恐怖心もありながら、全種類を制覇したくなってしまいます。

子ども向けアトラクションも充実していて、小さな子どもにもおすすめです。

また、ビーチでのアクティビティも充実していて、近場でジェットスキーやバナナボートができるのも「オンワード・ビーチ・リゾート」ならではないでしょうか。

連日通いたくなるほどアクテビティが充実しているので、プールやビーチを目的にグアム旅行を考えている方には持ってこいの場所です。たくさん遊んで大満足で帰国できることでしょう。

グアムのプールで遊ぼう!3大ウォーターパークを徹底比較!

2018-11-18

 

「旅費の見積りはしましたか?」

Kai
自宅で簡単に、しかも無料で複数の会社に一括見積りできます
少しでもお得にと思うのなら必ず数社から見積もりを取ってください。各地域を専門に取り扱う旅行会社が日程や予算等、要望に合わせて最適なプランを無料で作成・提案してくれます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください