グアムのお金情報!両替はどこで?円高や円安、為替って何?

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

みなさんはグアムに行った時に何をしたいですか?やはり透き通った海でのマリンスポーツでしょうか。

私が友人とグアムへ旅行で訪れたときに、バナナボートやジェットスキーなどのマリンスポーツをとても楽しだことを鮮明に覚えています。

そして、グアムなど海外旅行での楽しみの1つといえば、免税店などでのショッピングもあると思います。

私には妻と2人の子供がいますが、以前にグアムへ旅行した際、私の妻はグアム旅行前から買おうと決めていた有名ブランド化粧品(コスメ)を安く手に入れていました。

そう、せっかくグアムに行ったのであれば、日本国内で買うより少しでも安く手に入れたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ショッピングの事前準備としてのお金の話から始め、グアムでショッピングするにあたり最もお得な情報まで順を追って紹介していきたいと思います。

 

グアムの通貨

引用:グアム政府観光局

皆さんご存じかと思いますが、日本は円で、グアムはアメリカドルです。

ドルは紙幣で、1ドル・5ドル・10ドル・20ドル・50ドル・100ドルの6種類の紙幣があります。

硬貨は、25セント・10セント・5セント・1セントの4種類です。

Kai
日本とは全く違う通貨なので、グアムで現金を使う時は必ず両替をしなくてはいけません。

 

両替(日本円からドルへ)

グアムで、できる限りお得にショッピングしたい、そのためにはまず両替のお話からです。

日本円からドルへ両替する際に、お得に両替しておけば、第一関門を突破というところでしょうか。そこで、ここからは円高と円安について整理しておきます。

 

円高と円安

円高・円安はニュースなどで耳にしたことはあると思いますが、具体的にご存じですか?

あまり分からないという人もいると思うので、今回は「日本円の10000円をドルへ両替する」という設定でお話をすすめていきたいと思います。

比較しやすいように、3つに分けて比較します。

  • 1ドル=80円の場合  10000円÷80円=125ドル  「円高」といいます。
  • 1ドル=100円の場合  10000円÷100円=100ドル  今回の場合の基準としておきます。
  • 1ドル=125円の場合  10000円÷125円=80ドル  「円安」といいます。 
 

上記に示したように、日本円をドルへ両替(交換)するのであれば、円高のときがとてもお得なのです。

Kai
ただし、ニュースなどで日々示されているこの数値は平均値なのです。

円高・円安についてお分かりいただけましたか?

次は、少しでもお得に両替をするために為替のお話をしたいと思います。

 

為替相場(為替レート)

次に、日々変動する「為替(かわせ)」についてです。為替と言われても、しっかりと理解できていない場合もあるかもしれません。

それでは、まずは為替相場(為替レート)とはどういうことなのか。

世界には、外国為替市場というのがあります。ここでは、世界中のさまざまな通貨が売買されており、その売買の比率のことを、為替相場と言います。

Mama
私たちがニュースで聞く「1ドル=〇〇〇円」は、この為替相場を指します。

 

そして、「為替は日々変動する」と、この項目の最初でお話させていただきましたが、為替は、同じ日の同じ時間帯でも場所によって異なります。

例えば、ある日の同じ時間帯の場合の以下の4カ所を例にします。

  • 1ドル=106円  日本国内のある空港内で両替するとき
  • 1ドル=111円  グアム内のDFSギャラリアで両替するとき
  • 1ドル=120円  グアム内のあるホテルで両替するとき
  • 1ドル=122円  グアム国際空港内で両替するとき

以上のように、同じ日の同じ時間帯でも、どこで両替をするかにより、得をするのか損をするのかが変わってきます。

 

これは、なぜなのでしょうか?

上記で円高と円安についてご紹介しましたが、その最後の文章を再度ご確認ください。あくまでも、ニュースなどで示されているのは「平均値」です。

この平均値に場所によって手数料が加えられるので、この差が発生することになります。

以上のことから、日本円からドルへ両替する場所をどこでするのかが重要になります。

Kai
グアムへ旅行する際には、事前に日本国内で両替してから出発するのが最もお得ですね!→外貨両替はグアムと日本どちらがお得?おすすめの方法をご紹介!

 

ここまでで、お金に関する知識を得たところですが、最近では海外旅行のとき、現金よりもクレジットカードを優先的に持参する方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからはグアムへ行くときのクレジットカードのこと、その決済について少しお話させていただきます。

 

グアムへクレジットカードを持参するにあたって

クレジットカードでのショッピング、たしかに便利ですよね。

しかし、グアムではクレジットカードばかりに頼れるわけでもありません。「チップ」という言葉を聞いたことがありますね。

少しではありますが今回お話させていただきます。→おすすめのカードはこちら

 

グアムで使うおすすめのクレジットカード

まずは、グアムへ持っていくべきクレジットカードの種類についてです。

もちろん、現金だけでも対応可能なのですが、今回はクレジットカードを持っていきたい派の人に向けての説明です。

グアムへ行くさいにクレジットカードを持っていくのであれば、VISAかMasterCardをおすすめします。

この2つの中でも1番目にVISA、2番目にMasterCardをおすすめします。なぜなら、アメリカ合衆国(全体)では、VISAが最もシェア率が高いからです

シェア率が高いということは、使えるお店が多いということです。クレジットカードを持って行っても使える場所が限られていたのでは意味がありませんよね。

Mama
日本でもクレジットカードが使えるお店のほとんどでVISAが使えますよね。

 

クレジットカード使用のメリットとデメリット

クレジットカードを使うメリットは、大きく分けると以下の2つです。

  • クレジットカードを渡すだけで、支払いができる
    言葉や通貨単位が違う国で支払う時に、クレジットカードを渡すだけで支払いが完了できるのはとても簡単で嬉しいですよね。

  • 基本的にクレジットカードで支払うほうが現金で支払うよりもお得
    いろいろな手数料が低いからというのが理由です。

Kai
ちなみに、サインが必要となる場合はカード裏面の署名と同じものを記入してください。

カードに漢字で書いたのに、海外だからと英語でサインしてはいけませんよ。

 

そして、デメリットは以下の2つです。

  • クレジットカードの利用日ではなく、カード会社で処理された時の為替が反映される
    そのため、もし大幅な為替変動があり円安となると、ドル決済のほうが高くなってしまいます。
    Mama
    基本的にはドル決済をされるお店が多いようですが、お店によっては、日本円で決済されてしまうことがあるようです。

    このようなことを防ぐには、会計前に「ドル決済でお願いします。」と店員さんに言っておくことです

  • チップの支払いではクレジットカードが使えない場合がある
    チップは現金でもクレジットカードでも支払うことができますが、現金で支払わなければいけない場面があります。(例:ホテルで荷物を部屋に運んでもらった時)
    タクシーレストラン、ホテルなど何かサービスを受けたときに、感謝の気持ちとしてチップを渡すのです。
    補足
    クレジットカードでチップを支払いたい時は、まず伝票を確認してください。
    サービス料として料金にチップが含まれている場合は、「Gratuity」や「Tip」の欄に金額が書かれているので、そのままクレジットカードを伝票に挟んで店員に渡しましょう。

    チップに料金が加算されていない場合は、自分で金額を書き込んでからクレジットカードと伝票を渡すようにしましょう。

Kai
このように、クレジットカードでは対応できない場合もありますので、必要な分だけ現金も持っていくようにしましょう。→グアム旅行!知らないと恥ずかしい?チップの相場や渡し方!

 

以上が、グアムでのお金事情についてとなります。次は、海外旅行に行ったら一度は足を運ぶであろう「免税店」について解説していきたいと思います。

 

免税店

海外旅行に行くと、自分へのご褒美、家族・友達へのおみやげを買いに免税店に行ったことはありませんか?

日本で購入するよりも安くブランド品などが手に入るので、欲しいものがなくても覗いてみるという人も多いと思います。

それでは、グアムの免税店をご紹介したいと思います。と言いましたが、なんとグアムは全体が免税店なのです。

どういうことかいまいち分からないという人もいると思うので、まずは免税について説明していきます。

 

免税とは

まず、免税という意味についてです。

免税とは、対象となるのは出国する旅行者であり、商品にかかる税金を免除してくれることです。

Kai
ここでいう税金とは、消費税や輸入関税などを指します。

消費税に関してはみなさんご存知だと思いますが、物品やサービスの「消費」に対して課される税のことです。そして、輸入関税は商品を輸入するときに通常発生する税金のことです。

しかし、グアムでは輸入関税がかかりません。なぜかというと、グアムは自由貿易港(フリーポート)だからです。

補足
自由貿易港(フリーポート)とは、外国との貨物(商品)に関するやりとりで自由な輸入や輸出を認める港のことです。

 

さらにグアムでは州税がかかりません。この州税というのは日本でいう消費税のような位置付けになります。

それは、グアムはアメリカの準州と呼ばれる区分に属しているからです。

George
通常、アメリカの準州ではない他の州では州税がかかります。

しかし、準州という区分に所属していると、州税がかからないという制度となっているのです。

 

以上のことから、グアムでは輸入関税も州税もかからないため、基本的には日本国内よりもグアムでのほうが商品を安く購入可能、と考えることができるのです。

Mama
グアムでは税がかからないから、お得に買い物ができるという訳ですね。

観光客がショッピング目的にグアムへ行く理由が分かりました。

このように、グアムではブランドものが日本よりも安く購入できる、とはいえ事前に知っておきたいことがあります。

 

商品購入の際に知っておくべきこと

では、グアムで買い物をするとき特に知っておくべきことを、今回は2つご紹介したいと思います。

  • 価格が20万円以上する商品には、日本に帰国すると税が課される
  • 売上税を負担しなければいけない場合がある

では、それぞれどういうことか説明していきます。

 

<1個で20万円以上する商品を購入した場合>

自分へのご褒美などで、この機会に高級ブランドのバッグなどを購入しようと考えている方もおられるかと思いますが、そのような商品はお値段がとても張ってくるかと思います。

ですが、日本では海外旅行者の免税となる範囲が細かく決まっており、その範囲を超えると税を払わなくてはいけないのです。

その免税範囲の中に「1個で20万円を超える品物には、その全額に課税される」というものがあります。(免税範囲の詳細はこちら)

Kai
例えば、1個30万円ほどする高級ブランドのバッグを海外で購入したとします。

そのような場合、約1割ほどの税金がかかってくるようなので注意が必要です。

 

<売上税を負担しなくてはいけない場合>

「売上税」という言葉を耳にされたことはあるでしょうか。

この税金は、何%というパーセンテージは国や州単位では決まっておらず、それぞれのお店の判断に任されている税金です。

また、この売上税はお店側が負担するのか、あるいは消費者側が負担するのかということも、それぞれのお店によって異なります。

この税金がかかっているのか確認したいときは、購入した商品のレシートを見てみてください。

そこに「GRT(Gross Receipts Tax)」と書かれていたら、売上税を取られています。

Emily
もし、売上税が気になるときは、商品を購入する前にそれぞれのお店のスタッフさんに聞いてみることをおすすめします。

 

さて、ここまでのお話はいかがでしたでしょうか。少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。

それでは最後に、グアムで最もお得に商品を購入できる日を紹介しておきます。

 

グアムで最もお得に商品を購入できる日は?

グアムにも、日本と同じようないわゆる祝日などのイベントの日が年間を通していくつかあります。

そこで、今回はグアムへの旅行者にも嬉しい1年で最も大セールがおこなわれる日のご紹介です。

その日とは毎年11月の第4週目の金曜日であり、Black Friday(ブラックフライデー)と呼ばれています。

Kai
ちなみに、今年(2020年)の場合は、11月27日の金曜日にあたります。

ブラックフライデーはこの名の通りですが、もし普段から売上があまりよくない赤字のお店でも、一転して利益が出て黒字になる可能性が高いという日です。

ブラックフライデーはグアム全体での大セールとなるので、購入したい商品が多い方には特におすすめの日です。

ぜひ一度このブラックフライデーをねらって、グアムへ旅行されてはいかがでしょうか。

Mama
ブラックフライデーは営業時間が変更となる店舗もあります。

行きたいブランドやお店が決まっている場合は、事前に確認しておくといですよ。

 

まとめ

では、総まとめを以下にさせていただき、話を終えたいと思います。

  • グアムの通貨はアメリカドルである
  • 両替をお得にするには、円高・円安・為替を知ることが大切
  • 日本円からドルへ両替するときに、どこで両替するのがお得なのかを気にかけること
  • 海外に持って行くクレジットカードはVISA・MasterCardがおすすめ(特にVISAがおすすめ)
  • グアムでは消費税や輸入関税がかからないので、日本で買い物をするよりも安く済ませられる
  • 海外で買い物をするときには、1つの商品が20万円以上を超えると免税の範囲を超えてしまい、日本に帰国すると税を課される
  • 売上税を負担している場合があるので、気になる場合はレシートを確認するか購入前に店員に聞くこと
  • グアムで一番お得に買い物をするなら、ブラックフライデーを狙うといい

 

グアムへ旅行する事前準備として、上記のことを、多くの方に役立てていただけたらいいなと思っております。

グアムでのショッピングで、もし商品を買い忘れた場合ですが、最後はグアム国際空港内のお店を頼りにしてください。

空港内でも充分にショッピングを楽しめるのではないかと思います。それでは、グアムへ。安全に、そしてより良い旅にしてくださいね。

ちなみに、グアムの基本情報をもっと知りたいという人は、ぜひこちらも参考にしてみてください。

「グアムの基本情報」飛行時間・時差・天気・治安・お金・歴史についてご紹介!

2020-03-02

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください