子供と一緒にグアムを満喫!失敗しない持ち物・服装の選び方!

スポンサーリンク

「マイルを貯めて、もっとお得にグアムへ行こう!」

Kai
マイルは「フライト」や「クレジットカード決済」でしか貯まらないと思い込んでいませんか?
日常生活で大量にマイルを貯めてお得にグアムへ行きましょう!誰でも簡単に取り組めます。新婚旅行や家族旅行、旅費を抑えて浮いたお金で美味しいものや欲しかったものを買っちゃいましょう!

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

大好きなグアムへ初めて子供を連れて家族旅行に行こう。そう考えてワクワクしながら準備。

でも待って!何をどれだけの量持っていけばいいのか、しっかりと把握してますか。

きっとお子さんが初めての海外旅行となると海外では勝手も違いますし、何を持っていけばいいのかわからない人もいらっしゃるのではないでしょうか。

考えているうちにだんだんと分からなくなってきて、だだやみくもに『困るよりいいだろう・念には念を』と何から何まで荷物を詰め込んでしまう。
そして本当に必要なものを忘れてしまう。

なんてことはよくある話ですが、そうなると大変。せっかく念入りに準備したのに元も子もありません。大人だけの旅行でも海外旅行に向かう時は持ち物や服装など、すごく慎重に考えて選びますよね。

あまり持っていく荷物が多くなってしまうと、帰りも大変なことになりかねません。

それが子供も一緒となると、風邪をひかないように・不慮の事態に備えてなど、持ち物は多くなる一方。そこで、これがあれば大丈夫というアイテムから、持っていって損はないアイテムまでを一気にご紹介。

可愛い子供たちの最高の笑顔をお供に、楽しいグアム旅行への準備を始めましょう。

 

準備を始める時期

さぁ皆さんご予約はお済みになりましたか。

さて早速準備に取り掛かろう。でもまずは持っていくものの下準備です。徹底的にリサーチしましょう。

リサーチを行う時期は早い事に越したことありません。間近になって忘れてしまわないように不安な方はメモを取ったり、プリントアウトをしておくといいですね。

子供の旅行アイテムをリサーチする上で大切なのは、お子さんの年齢や生活スタイルなどに当てはまっているかどうかという所です。

子供とひとくくりにしても0才の赤ちゃん~小学生高学年、はたまた中学生などいろいろです。

しっかりと必要な情報を見極めましょう。リストアップにはしっかりと時間をかけて、冷静に選別を行うようにしておくことをおすすめします。

リストアップが終わり、実際に荷物の準備を始めるのは出発の2週間以上前からです。

2週間以上という時間があれば、足りないものを購入するとなった場合に買い忘れがあったとしても、余裕をもって買い足すことができますよね。

バタバタとアイテムを適当に購入すると必ずボロが出てしまいますので、十分に時間をかけるようにしておきましょう。

準備を行う時はリストアップしておいたものをしっかりとをチェックして、最低でも出発の2日前には日用品以外の準備とパッキングを完了しておけるといいですね。

ちなみに出発の当日まで使用しなければならないもの等は、玄関先と持っていくスーツケースにリストアップしてメモを張ったりするといいですよ。

例えば細かい忘れやすい物で行くと女性のメイク道具です。

わが家の妻は、当日お化粧をするときは大き目のケースに一気に出して、使うものは全部その中から使ってその中に戻す。

確認してポーチに戻したらそのまま旅行に持っていくカバンに入れています。

バックやスーツケースにアイテムをいれたら、その都度斜線を引いてアイテムの名前を消していくとわかりやすいですね。

日本国内の旅行であれば忘れ物があったとしても、普段から使い慣れているものなど、比較的簡単医入手することができるかもしれません。

しかし海外となるとそうはいかないもの・・・

普段使い慣れているものを購入できることはほとんどないと考えて準備しておきましょう。そもそもの品揃えが異なるでしょうし、あったとしても高価なものが多いです。

特に小さな子供の物は特に気を遣う事もあるでしょうから、リストアップの段階から量なども含め考慮して忘れ物が無いようにしたいですね。

 

チェックリスト

今回は大人とは違う子供ならではの、海外旅行へ持っていくアイテムをリストにしていきます。

ご自身のお子様に合うかどうかという事も念頭において、さっそくチェックしてみましょう。

  • おむつ
  • おしりふき
  • 除菌シート
  • お手拭きシート
  • 水あそび用おむつ
  • くすり
  • 水着
  • ラッシュガード
  • 飲食物
  • おもちゃ
  • ひやけどめ

 

おむつ

おむつは海外でも購入できますが、日本で使っているものと全く同じものが簡単に手に入るとは考えない方が良いです。おむつのメーカーによっておむつかぶれなどの心配があるお子さんの場合は特に、日ごろから使っているおむつを持参するといいでしょう。

枚数は一日の平均から計算して×日数分プラス5枚程度がオススメ。結構海外に行くとおなかが緩くなってしまうおこさんが多いのです。圧縮袋などに入れて持っていくとかさばりを抑えられますよ。

水あそび用おむつ

トイレトレーニングがお済みでない小さなお子さんやまだまだお手洗いが完全でないお子さんの場合など、水遊びには水あそびようのおむつは必須です。

グアムでも購入することはできますが、日本のおむつと比べて強度が弱かったり、独特なにおいがしたりというものもあるため、日本で購入しておいた方がいいでしょう。

日本では水あそび用のおむつは夏季限定で販売されている店舗がほとんどなため、日本の夏時期以外に行くことがあらかじめわかっている場合は必要分を、旅行が先々の話であっても購入しておくことをオススメします。

販売時期を過ぎてから決まった場合などは、ネットでの取り寄せが必要になりますので、日にちに十分な余裕をもって注文するようにしておきましょうね。

くすり類

現地で子供の体調が悪くなってしまった時などは、海外の薬を飲ませるのに抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。

病院で処方された薬剤だからと言って、言葉で細かい内容のやり取りが難しい場合は、副作用なども気になります。

例えば、腹痛や頭痛など日本でも使ったことがあり、お子さんへの副作用がない事が確認できているものなどがある場合は、そちらを持っていくといいかもしれません。

特に持病やアレルギーがあるお子さんの場合は、かかりつけ医に海外に行く旨を話したうえで、少し多めに薬を処方してもらってもいいかもしれません。

ちなみに日本国内で販売されている薬剤・病院から直接処方を受けた薬剤などは、普通に持っていくことができます。

スーツケースと手持ちのバックへ分けて、1・2回分は手元に置くようにすることをオススメします。

入国の際、海外では分からない場合止められてしまう事があるかもしれませんので、薬剤の説明書やパッケージなどを持参しておくと安心ですよ。

おもちゃ

小さなおもちゃや絵本・塗り絵・クレヨン・パズルなどがオススメです。新たに用意する場合は100均などで購入できるものが良いですよ。

子供がなくしてしまったりすることがあっても替えが聞くことが多いですし、損失も小さくすみます。

ちなみに少し大きなお子さんが使うものであれば、クレヨンは手が汚れてしまったりばらけてしまう事があるので、出来ればロケット型の色えんぴつのようなものがオススメですよ。

100均などの簡単なおもちゃだとすぐに飽きてしまうのではと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時は、旅行の準備の段階でお子さんと一緒に選んで購入した後、そのまま遊ばせず隠しておいてください。

当日、いざという時にパッと出すのが少しでも長く飽きずに遊ぶ一つの工夫になります。

わが家の子供たちも飽き性なところがありますが、この方法であれば自分が選んだものでもありますし、割と長く飽きずに遊んでいます。

また子供たちも現地でショッピングに行くと必ずおもちゃを欲しがるので、もっていくおもちゃを選ぶときは決まり事を作っています。

  1. かさばらないもの
  2. どうしても譲れないお気に入りのおもちゃ(大きなものはあらかじめ省く)
  3. 100均おもちゃ

の3つに絞るようにしています。

そして外出の際は、100均のおもちゃを持っていくようにして、上記1と2のおもちゃはあまり持ち運びをしないようにしています。

自分が気に入って持ってきているものですし、なくすと探すのは大変ですから、あえてお子さんたちに何を持っていくか聞かないようにするのもポイントです。

日焼け止め

子供の肌はとてもデリケートですので、日焼け止めは必ず日本でお子さんの肌に合うか確認をしてから購入するようにしましょう。

肌が荒れてしまって、日焼けどころではなくなってしまう事もあります。

そんなことがグアムという日差しの強い南の島でなってしまうと、考えただけで恐ろしいですね。

一日のうちに何度が塗りなおすことも考えて、旅行日程をしっかりと考慮して持っていくようにしましょう。

 

服装

グアムは常夏の島とて呼ばれますね。グアムの年間平均気温は28℃前後ととても暖かくて、マリンアクティビティやスポーツに持ってこいです。

服装は時期に関わらず夏服を準備しましょう。

  • 半そでTシャツ
  • ポロシャツ
  • 短パン
  • 薄手の長そで
  • 羽織もの

真っ白な砂浜では照り返しが思った以上にキツいです。そして、グアムは外は暑いですが、施設など室内に入るとエアコンが凄く効いています。

外で汗をかいて室内にサッと入ってくると、しばらくはエアコンの風も涼しくて気持ちがいいのですが、ご飯を食べていたりじっとしているとすぐに体が冷えて寒く感じることがほとんどです。

小さなお子さんは特に、体温調節が苦手な事もあり、大人の方がしっかりと洋服なで調整をしてあげることがとても大切です。

旅行先で風邪などをひいてしまうと子供も大変ですが、知らない場所での病院や看病はとても体力も使いますし、気疲れしてしまいますよ。

また子供の肌は大人と比べて皮膚が薄いため、水膨れややけどのようになりやすい傾向があります。

日焼け止めでの対策はもちろんですが、1枚羽織ものを持っていくことで、日差しがじりじりと暑い屋外で日掛けなどに入れない時の日よけに使う事ができるので便利です。

 

機内へ持ち込むアイテム

日本からグアムへは、飛行機で約3時間半から4時間前後のフライトになります。大人にとっては海外旅行にいくのならこのくらいの時間は短いと割り切って過ごすことができます。

グアムに着いたら心行くまで遊ぶため、しっかりとフライト中に休息をとろうと思われる方も多いのではないでしょうか。

しかし、小さなお子さんにとってはフライトの時間は自由に動きまわる事ができず、退屈な時間になってしまいがちです。

眠ってくれれば幸いですが、なかなかうまくいかない事も多いですよね。環境の変化に敏感なお子さんは多いのではないでしょうか。

そんなときのために、ぜひ飛行機への持ち込みをしておくと便利なアイテムのご紹介です。

  • おもちゃ
  • 飲食物
  • 着換え・薬を1日分(最低量)

おもちゃ選びのポイント

大きな音が鳴ったり、場所を取ってしまうようなものは周りのほかの方に迷惑になってしまう事もありますので控えておきましょう。

かさばらないおもちゃとお気に入りのおもちゃなど少なくとも2つは用意しておくことをオススメします。

例えばミニカーなどでしたら2・3個持って行っても大した荷物になりませんし、少し大きなお子さんでしたらゲームなども音量を消音にしたり、イヤホンなど周りに配慮したうえで使用するとよいでしょう。

私はまだ子供たちが小さいころ、当時好きだったキャラクターのパズルを機内へ持ち込みました。

しかし、まだ下の子には早かったのかピースを投げたり落としたり、最終的にピースを一つなくしてしまって大号泣なんてことがありました。

結局子供に合っていないおもちゃを選んでしまったことで、逆に大変だったことを覚えています。

お子さんにあったおもちゃを選択することが大切なポイントですよ。

飲食物は耳抜きの役割

食べ物や飲み物はフライト中の耳抜きに利用することができます。小さなお子さんの場合には、特に耳抜きが上手にできない子も多いです。

機内サービスで飲み物はもらう事ができるとおもいますが、利用する航空会社によっては、インファント(席を撮っていない3歳以下の子供)に対して食べ物などが用意されていない場合もあります。

また用意されていても子供が嫌がって食べない・飲まないといった場合には、耳抜きができず痛い思いを長時間することにもなりかねません。

念のために、フライトには忘れずに用意して持ち込むようにして下さいね。

着換え・くすり

これは実際私の友人の家族旅行中に合った話です。

友人家族はトランジットを使って海外旅行へ向かい、目的地に到着し荷物をまっていたのですが、荷物が全く見当たらず困ったそうです。

係員へ荷物がない事を伝えると、荷物だけがほかの国へ渡ってしまったという事が分かったのです。

結局その後荷物が届いたのは翌日の夕方で、そこまではショッピングモールで必要なものを購入して過ごしたそうです。

日本からグアムへは直行便で向かう方がほとんどでしょうし、日本からであればなかなかこのような事態はそうそう起こりえることではありませんが、盗難や入れ替わりなど不慮の事態も考えられますよね。

いつもグアムでは服飾用品の買い物をしているので、大人の分は持ち込みをしていませんが、わが家では絶対に替えのきかない薬剤や子供の着換えは1回分程度、機内へ持ち込むようにしています。

しかし、グアムが初めての方は購入ができる場所の分からない方もいらっしゃるかと思いますので、下着とシャツの替えだけでももっておくといいかもしれませんね。

 

抱っこ紐とベビーカー

旅行ではなかなかずっと室内にじっととどまっておくという事はないのではないでしょうか。そうなってくると、気になるのはお子さんの移動方法ではないでしょうか。

小さな子供の場合、じっとしてもいませんし、ちょっと目が離れたすきに迷子なんてこともありえますよね。

今回は小さなお子さんをお連れの場合、抱っこ紐とベビーカーのメリットとデメリットをご紹介します。

抱っこ紐

せっかくグアムに来ても、何もゆっくり見れない。また慣れない食事や環境のせいで不機嫌で泣き止まない。

こんな時はやっぱり、子供のためにも大人のためにもベストなのは抱っこ紐ですよね。

ベビーカーは大きさもありますし、飛行機に乗る場合は手荷物として持って行くことはできません。

しかしその点抱っこ紐であれば、大人の腰元にまとめてつけておくこともできるほどコンパクトになりますし、使わない時でも持ち運びにも便利です。

不安を感じて泣いている子供をあやしたりする場合には、特にママやパパに直にくっついて抱っこしてもらえる方が安心できますね。

またフライト中になどにぐずってしまった時抱っこ紐は大助かりです。

不安定なフライト中にお子さんをだっこして立ってあやさなければならない場合、用心をしていても不意に揺れることがあります。

そのような場合に、お子さんを両手で抱っこしていると、体の支えが間に合わず転倒してしまう恐れもありますよね。お子さんが落ちてしまってけがをしては大変です。

その点両手が空いていればしっかりと体を支えることができますし、転倒防止ができますよね。

抱っこ紐を使用して両手を空けておくことで、安全にお子さんをあやしてあげることができるでしょう。

フライト中に抱っこしてあやす場合は抱っこ紐を使用すると覚えておくと便利です。

しかし、少し大きくなってくると抱っこ紐での抱っこも難しくなってきてしまいます。

お外での移動だけでなく、日常生活で抱っこ紐を使わなくなった子供にとっては、抱っこ紐自体が嫌な場合はベビーカーも考えてみましょう。

ベビーカー

子供がベビーカーに好んで乗ってくれる場合は移動も簡単に済みますし、抱っこと違い抱っこするママやパパの負担を減らすことができますよね。

旅行にはぜひ持って行きたいと思うアイテムの一つです。実際にベビーカーは持って行くことが可能です。

しかし、先ほども申し上げましたが、通常のベビーカーは飛行機では手荷物で預けることになります。

盗難や紛失・破損などが怖いという場合には、機内持ち込みサイズに折りたたむことができるベビーカーもあります。

傘のような形に折りたたむことができるタイプや、一般的な通勤バックくらいの大きさに折りたたむことのできるタイプです。

ただし、このタイプのベビーカーはあまりにも小さな赤ちゃんが使えるようなベビーカーではありません。

腰が据わった後の赤ちゃんからが対象となるバギータイプのものがほとんどのため、お子さんに合わせて選んであげてくださいね。

預けるのは心配だけど、新しく買うのもなんだかもったいないなと感じる場合には、日本から持って行かずに現地でレンタルという手もあります。

現地でのレンタル方法はいろいろありますが、主にツアーコンダクターでの貸し出しかホテルでのレンタルになってきます。

台数に限りがありますし、あらかじめ予約が必要な場合もありますので、しっかりと事前に確認をして必要な場合は手配しておきましょう。

また日本ではショッピングモールでキャラクター付きのベビーカートや、ハイタイプのベビーカーを簡単に使う事ができますよね。

しかし、グアムではショッピングモールなどの施設のベビーカートやベビーカーを使う場合には、免許証やレンタル料金が必要なところもありますので、頭に入れておくと現地で戸惑わずスムーズに手続きをすることができると思います。

 

飲食物について

           

お子さんが初めての海外旅行の場合、特に気になるのは現地のご飯が食べられるのか・もしくは食べてくれるのか、はたまたそもそも子供の体に合うのかどうかという所ではないでしょうか。

一生懸命遊んでおなかもすいているのに、どうしても食べれなかったり食べるものがないと体調を崩したり、無理に食べさせてしまうと腹痛や下痢になってしまうという事も十分に考えられますね。

特にアレルギーなどの疾患があり食べれるものに制限のあるお子さんの場合は、食べ物が心配で海外旅行を断念しているというご家族もいらっしゃるのではないでしょうか。

わが家の子供もアレルギーをもっています。初めて子供を連れていくグアム旅行はとても楽しみでしたが、子供の食べ物のことが心配でなかなか決心がつきませんでした。

しかし思い切って担当医へ相談したところ、このようなアドバイスをもらいました。

『アレルギーの有無にかかわらず、小さな子供との海外旅行へは、必ず日本から食べれる確証のあるご飯を持って行くべき』なんだそうです。

どういうことかというと、小さな子供の場合特に初めての海外旅行では、日本食しか食べたことのない子供には、その現地の料理を受け入れるのは簡単なことではありません。

日本とは使っているものが調味料から食材まで全然違う事もありますし、実際日本と比べて辛みが強かったり、独特な甘みがあったりと、癖のある食べ物もたくさんあります。

大人だとおいしいと感じることもできるかもしれませんが、子供は食べ慣れないものを食べるというのは難しい事のようです。

荷物になりますし、海外の日本食屋に行けば子供が食べられるものがあるのではないかとお思いになる方もいらっしゃると思います。

しかし実際海外の日本食は、現地ウケする味や触感に改良されているものや、使っている材料が現地の物で代用されているものも多く、日本で食べているものとは違うもので溢れています。

グアムの観光客の8割が日本人のため、日本人向けの商品などはありますが、小さなお子さんがスムーズに食べられるものに出会うのは案外難しいのです。

お子さんが一歳前後の場合は離乳食が完了した後であったとしても、持ち運びのできる離乳食パックなどを持って行くことをオススメします。

レンジで温めるだけの食べることができるお米や、カレーパウチなどお子さんが絶対に食べることが出来るものを必ず持って行くようにしておきましょうね。

また現地では日本で販売されているお茶屋飲み物を購入することが出来るのですが、現地の物に比べるととても高価です。

手荷物になるかもしれませんが、飲んだ後捨てることが出来ますし、空いた場所にお土産や現地での購入品を入れられることを考えると持って行って損はありませんよ。

 

迷子防止

           

子供用のハーネスというものがあります。皆さんご存知でしょうか。

よちよちと歩き始めた小さな赤ちゃんから、ちょこちょことせわしなく動き回る幼児まで幅広く利用することができます。

まずはメリットをご紹介します。

  • 迷子防止
  • 危険な場所での飛び出し防止
  • 手をつなぎたくないお子さんの安全確保

など、お子さんの安全のために利用することができます。

確実に安全を約束されるものではなく、もちろん長く目を離すためのアイテムではありませんが、ショッピングなどでちょっと目が離れた隙にいなくなった、などというアクシデントは予防できそうですよね。

せっかくグアムまできたのですから、ママとパパもショッピングを楽しみたいですものね。

小さな体でちょこちょこと色んな所へ動き回る子供たちは、大人からすると視界に入りにくいということもありますので、紐がつながっていることで認識しやすくなります。

また海外で迷子などという事になると、言葉も通じないうえ勝手の分からない土地は探す目安になるような場所や、交番の把握に時間がかかる事もあります。

また日本でも子供が急にいなくなり、長時間見つからない場合誘拐などの事件に巻き込まれるなどの危険や不安があります。

日本は世界の中でも治安のよい国といわれていますが、グアムは場所によって治安状態に非常に差があります

いくら旅行に来て気が大きくなってしまっていても、わが子は自分の手でしっかりと守ってあげる必要があるのです。

日本国内では子供用のハーネスに対して否定的な意見が多いのは否めませんが、私は海外など保護者自身が慣れない土地などにお子さんと観光に行かれる際にはぜひ利用をオススメします。

しかし、便利なアイテムには気を付けなければならない点もあります。

  • リードが邪魔になりこけてしまう
  • リードが体にひっかかってしまう
  • 他の人の通行を妨げる恐れがある

といったデメリットも生まれます。しかしこれらは必ずしも起こるという事ではなく、未然に防ぐこともできるのです。

ハーネスをつけているから大丈夫と思わず、しっかりとお子さんの状態を確認して目を離さない、あくまでも目が離れてしまった時の保険・迷子防止の補助的なアイテムとして認識しうまく使用することがとても大切です。

ハーネスは便利ですが上手な利用をする際に欠かせない事は、お子さんがハーネス事態をどう思っているかという所ではないでしょうか。

そもそもハーネス事態を嫌がるお子さんを無理に縛り付けておくことはできません。

周りの人からなんと言われようと、子供の安全と命には代えられません。

ご自身のお子さんに必要だと思った時、そしてお子さん自信がハーネスに嫌悪感がない場合、周りの目を気にせずに使っていいのです。

何より大切なのは、周りの目でなく子供ですものね。

しかし子供は動物ではありません。安全の確保は大切ですが、お子さんがどうなのかという所を優先して、抱っこ紐やベビーカーと同様、上手に利用することをオススメします。

 

まとめ

子供連れの海外旅行は大人だけの旅行と違って、用意するものも注意することも多いです。子供がご飯を食べない・体調を崩したなど大変な事もあるかと思います。

しかし、子供たちが楽しんでいるその姿と笑顔が、今までのどの旅行より最高の旅行だと感じさせてくれるはずです。

無くて困るよりと譲れず、手荷物だけどと覚悟して持って行くことにしたアイテムは、替えがきくような工夫をしましょう。

安価でなくしても大丈夫なものや現地で破棄できるものにすることで、帰りは空いた場所に他の荷物を入れることが出来ますので、荷物が減りオススメですよ。

準備は大変なこともあるかと思いますが、大好きなグアムへ家族旅行。

準備も楽しんでできるようにリサーチをして、持って行くものの選択はしっかりと時間をかけてリストアップを行いましょうね。

余裕をもって準備することで忘れ物など予防することができ、現地でも困る事がないですよ。

それでは家族でグアム旅行を最高なものにしましょう。

「旅費の見積りはしましたか?」

Kai
自宅で簡単に、しかも無料で複数の会社に一括見積りできます
少しでもお得にと思うのなら必ず数社から見積もりを取ってください。各地域を専門に取り扱う旅行会社が日程や予算等、要望に合わせて最適なプランを無料で作成・提案してくれます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください