SPGアメックスカードの家族会員ってお得?特典と年会費で徹底比較!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

夕陽に向って着陸する飛行機

よく旅行へ出かけられる方にとって、特典が満載なSPGアメックスカードは非常に人気の高いカードです。

ご家族がいらっしゃる人は、本カードだけではなく、家族カードの加入も検討していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

しかし、ちょっと待ってください。

SPGアメックスカードの最大の魅力である特典が、家族カードには適用されない部分もあることをご存じでしょうか?

結論から言うと、家族カードを作るよりも本カードを2枚(本人と配偶者)持つ方が断然メリットが多くおすすめです。

その理由を詳しく説明していきたいと思います。

 

本カードと家族カードの違いとは

雉ェ蝠上・繝シ繧ッ, 雉ェ蝠�, 繝槭・繧ッ, 險伜捷, 繧キ繝ウ繝懊Ν, 讎ょソオ縺ョ, 蝠城。�, 豺キ荵アまずは、SPGアメックス(本カード)と家族カードのカードスペックを比較していきたいと思います。

SPGアメックス 本カード 家族カード
年会費(税抜) 31,000円 15,500円
入会特典 ×
カード継続特典 ×
マリオットボンヴォイ上級会員資格
ゴールドエリート
×

以上のことから、家族カードは以下のような特徴のカードと言えます。

  • 年会費は本カードの1/2(メリット)
  • 本カードにある特典はつかない(デメリット)
Kai
家族カードのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

 

家族カードのメリット 

家族カードのメリットは何といっても年会費が安いということです。

本カード会員は31,000円(税抜)の年会費がかかりますが、家族カードはその半額の15,500円(税抜)で済みます。

補足

SPGアメックスの本カードは、継続特典の無料宿泊特典を使えば、2年目以降は年会費を相殺できます。

初年度は無料宿泊特典はありませんが、入会特典で得たポイントをホテルの宿泊やマイルに移行すれば、ほぼ相殺することが可能です。

 

しかし、家族カードには年会費を相殺できる特典はありません。

ですので、年会費が安いというメリットは、本カードの年会費が実質無料になるという点で比べると、メリットと呼べるほどのものではないと思います。

Kai
本カードは年会費が高いけど特典で相殺することができ、なおかつマリオットのゴールドエリートの特典も受けられるということですね。→SPGアメックスカードを持つメリットとデメリットを徹底解説します!

 

家族カードのデメリット 

SPGアメックスが人気である理由の1つは、本カードを持つことにより、いろいろな特典を受けられるからです。

  • 入会特典:入会後3カ月以内で10万円以上カードを利用すると30,000ポイントプレゼント
  • 継続特典:カード継続ごとに無料宿泊特典をプレゼント
  • マリオットボンヴォイ会員資格「ゴールドエリート」をプレゼント

SPGアメックスのこれらの特典は、家族カードには一切付いていません。

Kai
これらの特典がどのようなものか分からない人もいると思うので、それぞれ説明していきたいと思います。

 

本カード入会特典

本カードは入会後3カ月以内に10万以上利用すると、30,000ポイントがもらえます。

さらにSPGアメックスは100円=3ポイントとなるので、10万円カードを使うとカード利用分として3,000ポイントが付与されます。

つまり、入会後に3カ月以内で10万円以上本カードを使うと、30,000ポイント(入会特典)+3,000ポイント(カード利用分)=33,000ポイントが獲得できるのです。

Kai
家族カードを作っても、入会特典の30,000ポイントが獲得できないのは、なんだか損した気分になりますよね。→旅行好きな人におすすめ「SPGアメックス」の魅力からお得な入会方法まで紹介!

 

本カード継続特典

引用:Marriott Bonvoy

カードを継続するごとに、世界最大のホテルプログラムの「マリオットボンヴォイ」参加ホテルへの無料宿泊特典がもらえます。

無料宿泊特典の内容は以下のようになっています。

  • 対象:1泊1室2名(添い寝の子供は可)
  • 客室:スタンダードルーム
  • 対象ホテル:マリオットボンヴォイ参加の50,000ポイント以内のホテル
  • 利用日:空室があればいつでも利用できる
  • 有効期限:1年

添い寝ができる子供の年齢はホテルによって違うので、事前に確認が必要

 

対象ホテルは50,000ポイント以内とありますが、ホテルはランクごとに8つのカテゴリーが分かれています。

そして、オフピーク(閑散期)・スタンダード(通常時)・ピーク(繁盛期)によって宿泊に必要なポイントが変わってきます。

ホテルカテゴリー オフピーク スタンダード ピーク
1 5,000 7,500 10,000
2 10,000 12,500 15,000
3 15,000 17,500 20,000
4 20,000 25,000 30,000
5 30,000 35,000 40,000
6 40,000 50,000 60,000
7 50,000 60,000 70,000
8 70,000 85,000 100,000

50,000ポイント以下で宿泊できるホテルはオフピーク時ならカテゴリー7のザ・リッツ・カールトンのホテルまで適用されます。(ホテルの一覧はこちら)

Kai
繁忙期に2名で宿泊したら5万円をこえるお金がかかるホテルもあるので、年会費31,000円(税抜)の元は余裕で取れてしまいます。→SPGアメックスの継続特典でもらえる無料宿泊!どんなものかリサーチ!

 

マリオットボンヴォイ会員資格「ゴールドエリート」の特典

引用:Marriott Bonvoy

マリオットボンヴォイは年間の宿泊日数によって会員ランクが変わり、そのランクによってマリオット参加ホテルに宿泊する時に受けられる特典が異なります。(関連記事→SPGアメックスのマリオット会員ランクとは?内容を詳しく説明します!)

ゴールドエリートの特典

  • 空き部屋があれば、宿泊当日でも無料でお部屋をアップグレード
  • チェックアウト時間の延長(14:00)
  • より高速な客室内インターネットへの無料アクセス
  • ウェルカムポイントの進呈
  • 獲得ポイントが25%アップ
Kai
これらの特典を受けられるゴールドエリートは、本来であれば年間25泊以上しなくてはいけません。

本カードを持つだけでゴールドエリートの資格がもらえることが、SPGアメックス最大の魅力と考える人も多いですよ。

 

家族カードは、今まで説明した特典は付帯していません。これは、家族カードの大きなデメリットです。

まとめると、家族カードはポイントをためるためだけに15,500円(税抜)を年会費として支払わなくてはいけないということが言えると思います。

 

本カード2枚にした場合

家族カードを持たないとすると、本カードを2枚持つということになるかと思います。

その場合、年会費や入会時にもらえるポイントは以下のようになります。

夫婦それぞれ
本カードを発行した場合
本カード(妻) 本カード(夫)
年会費(税抜) 31,000円 31,000円
入会特典 紹介入会で39,000ポイント
+
家族紹介で30,000ポイント
紹介入会で
39,000ポイント

 

夫が本カードを持っていて、妻が新しく本カードを作ると仮定します。そうすると、夫が妻にSPGアメックスを紹介することができ、カード申込時に紹介プログラムを利用することができます。

妻側は、SPGアメックスの紹介プログラムでもらえる6,000ポイント、入会特典で獲得できる33,000ポイントのほかに、さらに家族紹介で30,000ポイントが入会時にもらえるというこ都になります。

つまり妻が夫の紹介でSPGアメックスの本カードを発行すると、入会時に69,000ポイント獲得できるということになります。

Kai
夫婦二人で本カードを所持した場合、年会費は62,000円と超高額ですが、入会特典でつくポイントが大量です。

家族を紹介した時にもらえる30,000ポイントは大きいですよね。

あわせて読みたい

 

本カードを2枚持つメリット

本カードを2枚持つと本カードの特典が2倍になるということです。

カード継続特典でもらえる無料宿泊特典は1泊2名分ですが、本カードが2枚あれば1年で2泊2名、または1泊4名へとアップグレードできます。

Mama
我が家は4人家族なので、これはとても嬉しいです。

 

ゴールドエリート特典は本カード会員1名と同伴者1名が対象です。そのため、3名以上の家族の場合はゴ―ルドエリート特典がうまく使えないことが出てきてしまうのです。

ですが、本カードを2枚持っていれば4名以内であれば、ゴールドエリート特典を全員が受けることができるのです。

Kai
夫婦と子供2人(12歳以上)で2部屋を予約する場合、夫婦それぞれが本カードの会員だと2部屋ともグレードの高い部屋を予約することができますね。

また連泊する場合には、カード継続無料特典で2泊とも無料で宿泊できます。

 

本カードを2枚持つデメリット

それは年会費が高いということです。

本カードの年会費は31,000円(税抜)なので、その2倍の62,000円(税抜)が年会費としてかかるということになります。

Mama
年間6万円以上かかるのは、ちょっと高い気がします。

 

そう感じた人はとても多いと思いますが、本カードを2枚もつことによって得られる入会時のポイント・カード特典を利用すれば、年会費は実質無料になります。

Mama
年会費を相殺できるほどの特典やポイントがもらえるなら、全然問題ありませんね。

 

本カード+家族カード/本カード2枚持ち 比較してみた結果

年会費と入会時の獲得ポイント数を比較すると、このようになります。

  本カード+家族会員 本カード+本カード
年会費(税抜) 46,500円 62,000円
獲得ポイント数 39,000ポイント 108,000ポイント

年会費は約15,000円しか変わらないですが、獲得ポイント数が69,000ポイントと圧倒的な差が出ていることが分かります。

本カード+家族会員だと39,000ポイントでホテルカテゴリー5までのホテルにしか無料で宿泊できませんが、本カード+本カードだと最高ホテルカテゴリー7のホテルに無料で宿泊できます。

Kai
ホテルカテゴリー7のホテルに宿泊するということは、実際には1部屋1泊9~15万円するホテルに無料で宿泊することになりますよ。

 

さらに、本カード2枚分の継続特典・ゴールドカード特典も得ることができ、高い年会費も相殺することができます。

以上のことから、本カード+家族カードよりも、家族カードを2枚持つ方が断然お得であると言えます。

Mama
私も夫に紹介してもらって、SPGアメックスの本カードを作ろうと思います。

SPGアメックスは配偶者に安定した収入があれば、専業主婦やパートの人でも申し込みできますよ。→20代から作れるSPGアメックス!30代以降が押さえておきたいポイント!

最後にSPGアメックスについて、もう少し詳しく説明したいと思います。

 

SPGアメックスについて

引用:americanexpress

SPGアメックスは、アメリカン・エキスプレス・ジャパン株式会社が2013年から発行を開始したクレジットカードのことです。

世界大手のホテルグループである「マリオットボンヴォイ」と提携しており、世界中でこの系列のホテルに無料宿泊ができる特典が付いてくることで有名です。

年会費が31,000円(税抜)と少しお高めですが、1泊4万円以上の高級ホテルに泊まれるのでよく旅行へ出かける方にはうってつけのカードとなっています。

Kai
ちなみに、SPGとは「スターウッド プリファード ゲスト」の略です。

 

そして、上記で説明した

  • 入会特典で30,000ポイントがもらえる
  • カード継続ごとに、無料宿泊特典がもらえる
  • マリオットボンヴォイの会員資格「ゴールドエリート」になれる

という3つの特典以外にも、魅力があります。

Kai
マイルをためている人には、特に嬉しいことばかりですよ。

 

高いポイント還元率

SPGアメックスはマリオットボンヴォイのポイントシステムを採用しており、利用額100円ごとに3マリオットボンヴォイポイントがためられます。

さらに、マリオットグループでの利用時はポイントが2倍となるため、100円につき6ポイントがたまります。

そして、SPGアメックスで得られるゴールドエリートであれば、マリオットボンヴォイ参加ホテルでカードを使うと100円ごとに18.5ポイントたまるのです。($1=100円とした場合)

 

引用:americanexpress

また、ポイントの有効期限は最終使用日から1年となっているためカードを使い続ける限りは無期限となります。(関連記事→SPGアメックスカードの還元率や価値をわかりやすく解説します!)

 

そして、ためたポイントは4つの使い方ができます。

Kai
どれも魅力的ですが、旅行によく行く人であれば、マイルをためている人はとても多いと思います。

SPGアメックスはマイルをためやすいカードでもあるのです。

 

ポイントをマイルへ移行可能

SPGアメックスでためたポイントは、3ポイントにつき1マイルに移行することができます。

マイル還元率で例えるなら「100円=3ポイント=1マイル」となりマイル還元率は1%になります。また、60,000ポイントをマイルに交換すると、5,000マイルがボーナスで加算されます。

つまり、60,000ポイントをマイル移行すると20,000マイル+5,000マイルとなり、マイル還元率も25%UPして、最大1.25%の還元率になります。(関連記事→SPGアメックスのポイントをマイルに移行する方法を紹介します!)

 

そして、JALマイルやANAマイルをためた場合、それぞれJALやANAで予約できる特典航空券のみ利用可能ですが、リオットのポイントは40以上のさまざまな航空会社のマイルに交換することができるのです。

Kai
ANAやJALのマイルをためる場合よりも、圧倒的に使える特典航空券の幅が広がりますね。これなら航空会社にしばられることなくポイントの活用ができます。

このようにSPGアメックスは魅力あふれるカードとなっています。

 

まとめ

旅客機・飛行機・青空

最後に、この記事をまとめたいと思います。

  • SPGアメックスの家族カードの年会費は、本カードの半額の15,500円(税抜)
  • 家族カードは本カードの特典が受けられない
  • 本カード+家族カードを持つよりも、本カードを2枚にした方がお得
  • 本カード2枚を保有すると、年会費は62,000円と高額になるが、入会時にもらえるポイント・継続特典・ゴールドエリート特典を利用すれば、年会費は実質無料となる
  • SPGアメックスはマリオット系列のホテル宿泊時に多くの特典を受けることができ、なおかつ高い還元率でポイントをマイルに移行できるので、旅行によく行く人・マイルをためている人におすすめ

 

本カードの方が年会費は高いです。しかしその分、特典が満載なので元は十分にとれることができます。一方で家族会員の年会費は本カードよりも安いですが、特典はつきません。

ですので、本カードと家族カードを持つよりも、本カードを2枚にした方が断然お得です。家族カードを検討している人は、本カードをもう1枚持つという選択肢も加えてみてはいかがでしょうか?

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください