SPGアメックスとANA・VISAワイドゴールドカードはどちらが得か!?

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

皆さんのお財布には、何枚のクレジットカードが入っていますか?カード社会の今、何枚も持っている人も多くいらっしゃると思います。

その中で、これからマイルやポイントを貯めたい人にはどのクレジットカードが良いのかを考えました。

そして、多くの人が、最終的にたどり着くのが【SPGアメックスカードとANA・VISAワイドゴールドカード】だったのです。

今回は、この2枚のカードを私の目線で比較してみましたので、今後のカード選びの参考にしてみてください。

 

ANAマイルへの還元率を比較してみよう!

お得なクレジットカードを持つにあたって、何よりも重要視するのは【還元率】ではないでしょうか。そこで、まずは、マイルの還元率からみていきましょう。

 

SPGアメックス

引用:アメリカンエキスプレス公式

SPGアメックスは、100円の利用で3ポイントが貯まります。3ポイント=1マイルに交換できるので実質100円で1マイルが貯まる【還元率1%】のクレジットカードです。

ボーナスポイント

貯まったポイントを60,000ポイント毎に交換するとボーナスポイントとして『100円で1.25マイル貯まる』ので実質【還元率1.25%】の高還元率になります。

SPGアメックスカードの還元率や価値をわかりやすく解説します!

2020-02-19

 

ANA・VISAワイドゴールドカード

引用:SMBC三井住友カード公式

ANA・VISAワイドゴールドカードは、いくつかのサイトを経由することで【還元率1.56%】になるクレジットカードです。

TOKYUルート

2019年12月までは、高還元率1.648%のソラチカルートが存在していました。

現在は、このソラチカルートが閉鎖され、代わりに【TOKYUルート】になったため、少し還元率が落ちてしまいました。

2020年6月1日から『Vポイント』にリニューアルされました!
「ワールドプレゼント」という名称のポイントが2020年6月1日から「Vポイント」という名称に変更されました。

ポイントをより貯めやすく、使いやすくリニューアルされ、有効期限も廃止されたようです。

詳しくは、SMBC三井住友カード公式HPのVポイントのご案内をご覧ください。

ANA・VISAワイドゴールドのワールドポイントとマイル還元率について!

2020-02-07

 

還元率のまとめ

では、簡単にSPGアメックスカードとANA・VISAワイドゴールドカードをまとめてみました。

  SPG ANA・VISA
100円の利用で貯まるポイント 3P 0.5P
マイルへの実質還元率 1% 1.56%
ボーナスポイントを利用しての還元率 1.25%  
Mama
ということは、還元率の高いANA・VISAワイドゴールドカードの方が良いのね。

確かに、ANA・VISAワイドゴールドカードの方が還元率が高いので、お得に見えますが、実は少々、問題があるんです。それが【交換手順】です。

 

ANAマイルへの交換手順を比較してみよう!

皆さんは、さまざまなポイントの交換をどのような手順で行っていますか?私の場合、とてもシンプルな方法で交換したり、使ったりしています。

性格の問題もあるかもしれませんが、正直、なるべくなら簡単に交換できる方が時間の短縮にもなりますよね。

ここでは、SPGとANA・VISA、2枚のカードの交換手順について解説していきます。

 

SPGアメックス

引用:アメリカンエキスプレス公式

ANA・VISAワイドゴールドカードより低い還元率のSPGアメックスカードですが、交換手順がとてもシンプルなんです。

交換手順
  1. カード決済でポイントが貯まります。→貯まったポイントは自動的に(ホテルの宿泊に使える)マリオットポイントになります。
  2. 貯まったポイントをANAマイルに交換できます。→貯まったポイントを60,000ポイント毎に交換することで1.25%の還元率になります。

SPGアメックスのポイントをマイルに移行する方法を紹介します!

2020-02-29

 

ANA・VISAワイドゴールドカード

引用:ANA公式

対するANA・VISAワイドゴールドカードの交換手順です。いくつか交換手順はありますが、今回は一番還元率の良い【TOKYUルート】を紹介します。

SPGアメックスカードと比較しながら見てください。

交換手順
  1. 各種ポイントサイトのポイントをドットマネーに交換します。→各種ポイントサイトとは、ハピタス・モッピー・ファンクルなどです。
  2. ドットマネーをTOKYUポイントに交換します。
  3. TOKYUポイントをANAマイルに交換します。

ポイントサイトを経由しなければならず、交換回数が3回になり、手続きとしては少し面倒ですね。

ですが、こればかりは一概に「こっちの方が良い!」とは言い切れません。

私のような面倒くさがりや、time is moneyと考える人ならSPG、手間を惜しまない人ならANA・VISA、というように、自分のライフスタイルに一番合うカードを選ぶことが大事です。

陸マイラー初心者がやるべきことは?効率的にマイルを貯めるコツを伝授!

2020-02-24

 

交換手順のまとめ

各カードのマイルへの交換手順について簡単にまとめてみました。→

SPG カード決済する マリオットポイントが貯まる

ホテルの宿泊に使う

or

ANAマイルに交換する

ANA・VISA 各ポイントサイトのポイントを貯める ドットマネーに交換する TOKYUポイントに交換する ANAマイルに交換する
Mama
貯めたポイントを1回でANAマイルに交換できて、ポイントをそのままホテルに使えるSPGの方が旅行好きな我が家には合ってます。

 

年会費を比較してみよう!

では、次にカード選びのために必要な条件の一つ【年会費】について考えてみましょう。

  • SPGアメックスカード 34,100円(税込)
  • ANA・VISAワイドゴールドカード 15,400円(税込)

ご覧のように、ANA・VISAの方が、かなり安い年会費となっています。

この金額を見て「年会費が安いANA・VISAワイドゴールドカードを作りましょう!」なんて短絡的なことは言いません。

この年会費を比較するために大切なことがあります。それは【年会費の元が取れるのか?】ということです。

食べ放題のお店で単価の高そうなものをたくさん食べて「元取ったぞ!」なんて経験ありませんか。それと同じです。では、さっそく比較していきましょう。

 

SPGアメックス

引用:Marriott Bonvoy

SPGアメックスの年会費は34,100円(税込)ですが、答えから言うと【元は取れます!】SPGアメックスはカードの継続ボーナスとして無料宿泊特典があります。

カードを継続するたびに、世界中のMarriott Bonvoy参加ホテルで1泊1室、2名様まで無料の滞在が楽しめます。

例えば、海外のランクの高いホテルに宿泊すると想定すると、年会費以上にお得なカードです。

SPGアメックスの継続特典でもらえる無料宿泊!どんなものかリサーチ!

2020-02-10

 

ANA・VISAワイドゴールドカード

対するANA・VISAワイドゴールドカードの年会費は15,400円(税込)とSPGアメックスと比べると、かなり安い設定になっています。

ANA・VISAは、無料宿泊特典のあるSPGアメックスと違い、年会費をさらに安くする方法があるんです。

  1. WEB明細の利用で最大1,100円(税込)割引
  2. マイ・ペイすリボの申込・リボ払いで3,850円(税込)割引

上記2点を利用することで4,950円(税込)の割引になるので年会費は実質10,450円(税込)になります。しかし、ここでも少々気になる点が出てきます。

順番に説明していきます。

WEB明細
  1. 三井住友カード公式HPからVpassという無料の会員WEBサービスに登録
  2. WEB明細を申し込む
マイ・ペイすリボの申込・リボ払い

  1. 三井住友カード公式HPからVpassという無料の会員WEBサービスに登録
  2. マイ・ペイすリボを申し込む
  3. リボの手数料を一番低い金額に設定する
  4. 毎月、決まった期間にリボの設定をする

注意
金額を間違えると15%(年利)の利息が付くので気を付けましょう。

ANA・VISAワイドゴールドカードの年会費は確かに安いのですが、その分、手間がかかってしまうんですよね。

ここまでしてANA・VISAのカードを持つメリットがあるのでしょうか?個人的には、年会費の元を取れる感じがしませんでした。

ただし、2020年6月からポイントサービスがリニューアルされたので、新サービスに期待してしまいますね。

Mama
う~ん…ちょっと機械オンチな私には手続きが面倒ですね…

ANA・VISAワールドゴールドカードの入会キャンペーンを紹介します!

2020-01-19

 

結果発表

ここまでSPGアメックスとANA・VISAワイドゴールドカードについて比較してきました。これまでの比較結果をご覧になって、どう感じましたか?

ここでは、私の個人的な判断に基づく結果発表です。その前に…

クレジットカード選びで大切なこと

  • 自分のライフスタイルに合っているカードを選ぶことが何よりも大切です。

マイルを貯めるために、どうしても還元率の高いカードを選んでしまいがちですが、還元率よりも自分の感覚に合っているのか、どうか、が大事になってきます。

マイルは貯めたいけど、時間や手間を取られたりすることはイヤだな~と、考え、たどり着いた答えがこちらです。

 

結果発表

年会費は高いが、それ以上に元が取れ、マイルの交換手順もシンプルな、

SPGアメックスカードをおすすめします!

Mama
なるほど!確かに一つのカード会社だけでも、たくさんの種類のカードがあるし、それぞれの生活に合わせたカードを選ばないと逆に無駄になってしまうこともありますね。

目先の利益だけで選ばず、良く考えてカードを作るように心がけます。

 

まとめ

SPGアメックス

  • マイル還元率:1.25%(ボーナスポイント利用)
  • マイル交換手順:カード決済で自動的にポイントが貯まり、簡単にマイルに交換できる
  • 年会費:34,100円(税込)だが、無料宿泊特典があるのでラクに元が取れる

ANA・VISAワイドゴールドカード

  • マイル還元率:1.56%
  • マイル交換手順:ポイントサイトを利用するなど3回の交換手続きが必要
  • 年会費:15,400円(税込)WEB明細・リボ払いの設定などの手続きが必要

今回は2種類のカードしか比較していませんが、たった2種類でも、これほどまでに違いがあることが分かりました。

カード社会と言っても過言ではない今の世の中には、さまざまなカードがあふれかえっています。

そして、多くの人が還元率を求め、還元率の高いカードを持つ傾向にありますが、面倒な手続きが苦手な人もいます。

さまざまな人がいて、さまざまなサービスのカードがあるのですから、自分に一番合うカードがきっとあるはずです。

自分には何が必要なのか?ということを一番に考えてカード選びをしてみてください。

 

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください