「還元率70%」TポイントをANAマイルに交換する方法!JRキューポと永久不滅ポイントを解説!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

Tポイントはさまざまなところで貯めることができ、ネットやお店でも使用できるポイントです。

私もガソリンスタンドやコンビニエンスストアなどで貯めたTポイントを、お店やネットで使っています。

そして、このTポイントはANAマイルに交換可能となっています。

でも、ANAマイルに交換できるのなら、より交換率が高い方法で交換がしたいですよね。

ANAマイルに交換するのなら、JRキューポと永久不滅ポイントを使うと通常よりも高い交換率になるのです

この記事では、Tポイントを70%の交換率でANAマイルへ変える方法を紹介していきたいと思います。

 

TポイントはANAマイルに交換できるの?

引用:Yahoo! JAPAN

Tポイントはほとんどの方が知っているのポイントだと思います。ためたポイントは買い物やネット通販などの様々な場面で利用することができ、使い勝手がよく人気があります。

いろいろな使い道のあるTポイントですが、ANAマイルに交換することもできます。交換は、500ポイント以上・500ポイント単位で可能となっています。

通常だと直接マイルへ交換し、その交換率は50%となっています。(期間固定Tポイントは直接交換できません)

引用:Tサイト

Mama
直接ANAマイルに交換すると半分になってしまうのですね。なんだか損した気がします。

そう感じた人もいると思います。でも安心してください!

実は、Tポイントの交換率をもっと高くできる方法があり、50%ではなく70%の交換率で交換することができちゃうのです。

そして、その交換方法には2つのクレジットカードが必要になってきます。

 

Tポイントをマイル交換率70%にするには2つのクレジットカードが必要

先ほど説明した通り、TポイントはANAマイルに直接交換すると、交換率は50%です。

ですが、もっと交換率を高める方法があり、そのためには2つのクレジットカードが必要になってきます。

  • JQセゾンカード
  • みずほマイレージクラブカードANA

聞いたことがない人もいると思うので、簡単にそれぞれのカードについて説明します。

 

JQセゾンカード

引用:JQ CARD

このカードは株式会社クレディーセゾンが発行しているクレジットカード(セゾンカード)です。

セゾンカードは有効期限のない永久不滅ポイントがたまるという特徴があり、いろいろな種類があります。

その中でもJQセゾンカードはJR九州と提携しています。

そのためJR九州のポイント制度のJRキューポを採用しており、200円の利用につきJRキューポ 1ポイントがたまり、永久不滅ポイントとの相互交換ができます。

引用:SAISON CARD

そして、JQセゾンカードは初年度年会費・翌年は1回のカードの使用で年会費が無料となります。(1年間利用がない場合は年会費として税抜金額1,250円がかかります)

Kai
九州地方に詳しくないと、JRキューポを耳にすることはあまりないですよね。詳細はのちほど説明したいと思います。

 

みずほマイレージクラブカードANA

引用:みずほ銀行

このカードは「みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)」と「ANAマイレージクラブカード」の機能が一つになったカードとなっており、年会費が無料です。

このカードのクレジット機能は株式会社クレディセゾンが提供しているので、永久不滅ポイントがたまります。

そして、この永久不滅ポイントをANAマイルに交換することができ、その時に本カード固有の優遇レートが適用されます。

Kai
この固有の優遇レートが交換率70%にするために大切になります。こちらものちほど説明しますね。

これら2つのクレジットカードがあることによって、Tポイントは70%の交換率でANAマイルに交換することができるのです。

 

Tポイントを70%の交換率でANAマイルに交換するには

Tポイントを70%の交換率で交換するには、JQセゾンカードとみずほマイレージクラブカードANAが必要なことがわかりました。

では、肝心なこの2つのクレジットカードの使用方法について説明していきたいと思います。

まずは、TポイントがどのようにANAマイルに交換されていくのか見ていきましょう。

 

ANAマイル交換までの流れ

TポイントからANAマイルに交換するまでの流れは以下のようになっています。

Tポイント 1000ポイント
  ↓
JRキューポ(JQセゾンカード使用) 1000ポイント
  ↓
永久不滅ポイント(みずほマイレージクラブカードANA使用) 200ポイント
  ↓
ANAマイルに交換 700マイル

Tポイント→JRキューポ、JRキューポ→永久不滅ポイントへの交換は等価で交換(100%)でき、永久不滅ポイントからANAマイルへの交換率は70%となります

Kai
JRキューポから永久不滅ポイントに交換した時に、一見ポイントが減っているように思えますが、ポイントの単位が違うだけで、価値は同じですよ。(永久不滅ポイントは1ポイント=5円の価値)

 

交換手順

以下のような手順でTポイントからANAマイルへ交換します。

  1. JQセゾンカード・みずほマイレージクラブANAを持っていない人はカードを発行する。(発行はこちらから→JQセゾンカードみずほマイレージクラブANA)
  2. JQセゾンカードが手元に届いたら、JRキューポに会員登録を行う。(登録はこちら、セゾンカードをいくつか持っている場合には、他のカードの永久不滅ポイントも合算できます)
  3. T-サイトにアクセスして、TポイントをJRキューポに交換する。

    引用:Tサイト
  4. JRキューポから永久不滅ポイントに交換する。(交換はこちら、セゾンカードをいくつか持っている場合には、他のカードの永久不滅ポイントを合算できます)
  5. 永久不滅ポイントからANAマイルに交換する(交換はこちら)

みずほマイレージクラブカードANAは、みずほ銀行の口座が必要なので、口座がない人は事前に作る必要があります

Kai
永久不滅ポイントからANAマイルへの交換が完了するまで3~4週間かかります。ですので、余裕をもって手続きを行いましょう。

 

ここまで、Tポイントを交換率70%でANAマイルにする方法をご紹介しました。

ここからは、この交換率を実現するためにぜひ理解しておきたい「JRキューポ」と「みずほマイレージクラブANAの優遇レート」について説明していきます。

 

JRキューポとは

引用:JR九州

JRキューポは切符や定期券の購入、お買い物でのお支払いの時に使用することによってたまっていき、JQカードでは、買い物金額200円ごとに1ポイントがたまります。

JQカードとはJR九州が各クレジット会社と提携して発行しているクレジットカードのことです。

そして、JRキューポの有効期限はポイントを獲得した2年後の月末となっています。

Kai
例えば、2017年の7月7日にポイントを獲得した場合はポイントの有効期限は2019年7月31日となります。

JQセゾンカードを持っている人は、永久不滅ポイントとJRキューポの相互交換ができ、それ以外でもいろいろな交換方法があります。

  • JRキューポはSUGOCA電子マネーに100ポイントから交換ができる
  • アミュプラザショップチケットに交換できる(500ポイント~)
  • JR九州グループに使えるギフト・食事券に交換ができる(3000ポイント~)
  • 各地のおすすめグルメに交換ができる(3000ポイント~)
  • Gポイントに交換ができる(1000ポイント~)

このように、JQセゾンカードをつくってJRキューポに登録することによって、JRキューポのポイントをANAマイルに交換するだけではなく、さまざまなお得な使い方ができるのです。

Mama
ポイントをさまざまなことに利用できるのは、嬉しい特典ですね。→JRキューポをお得にためてANAマイルの交換やTポイントに活用しよう!

 

ANAマイル交換の優遇レートがある「みずほマイレージクラブANA」

引用:みずほ銀行

上記でもふれていますが、みずほマイレージクラブANAは他のみずほマイレージクラブカード会員とではANAマイルへの交換レートが異なります。

  みずほマイレージクラブカードANA 他のみずほマイレージクラブカード会員
マイル換算 永久不滅ポイント100ポイント

350マイル
永久不滅ポイント200ポイント

600マイル
マイル移行単位 100ポイント以上100ポイント単位 200ポイント以上200ポイント単位
Kai
トータルで見ても、みずほマイレージクラブカードANAの方がマイル交換の時にお得ですね。

ちなみに永久不滅ポイントは1ポイントで5円の価値がありますよ。

このカードはみずほマイレージクラブカードとANAマイレージクラブカードの機能が合わさったものですが、みずほマイレージクラブカードとはどのようなカードなのでしょうか?

 

みずほマイレージクラブカードとは

引用:みずほ銀行

みずほマイレージクラブカードにはこのような特徴があります。

  • みずほ銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一体になっているカード
  • みずほ銀行に口座が必要
  • 取引状況でみずほATM/イオン銀行ATMの時間外の手数料が無料になる
  • 取引状況でコンビニATM(イーネット)利用手数料/時間外手数料が月に3回無料
  • 年会費が無料
Kai
どちらも年会費が無料なので、せっかく作るなら優遇レートのあるみずほマイレージクラブカードANAの方がいいですよね。

 

まとめ

最後にこの記事をおさらいしたいと思います。

  • TポイントはANAマイルに交換することができる(期間固定Tポイントは直接交換できない)
  • 直接交換の場合の交換率は50%
  • TポイントからANAマイルへの交換途中にJRキューポ・永久不滅ポイントへの交換を加えると交換率は70%になる
  • 交換率70%のためには、JQセゾンカード・みずほマイレージクラブカードANAという2つのクレジットカードが必要

 

TポイントをANAマイルに交換するには、JQセゾンカード・みずほマイレージクラブANAのクレジットカードに登録することによって、交換率70%が実現します。

JQセゾンカードが届いたら、JRキューポに必ず登録しましょう。TポイントをJRキューポに交換し、永久不滅ポイント交換してANAマイルに交換することができます。

そして、永久不滅ポイントに交換するには、みずほマイレージクラブANAが必要になってきます。

この2つのクレジットカードに登録することによってTポイントがお得な交換率で交換することができます。

少し手間がかかりますが、そのちょっとの努力がマイルをためていく上でとても大切となってきます。

コツコツ頑張って、お得にどんどんマイルをためていきましょう!

ちなみにこの記事でご紹介した交換方法は通常のTポイントが対象です。期間固定TポイントもANAマイルに交換する方法は、こちらを参考にしてくださいね。

期間固定TポイントとTポイントのANAマイルへの交換方法教えます!

2020-02-15

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください