グアムでの紫外線対策は日傘がおすすめ!日傘を選ぶ4つのポイント!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

海外旅行へ行こうと思った時には「海のきれいな国」が候補にあがることは多く、その中でもグアムは海外旅行で人気の国ですよね。

しかし、そういった南国では日差しが強いので、紫外線が気になるところです。

そんな紫外線を防止するアイテムにはさまざまなものがありますが、今回はその中でも「日傘」についてご紹介します。

この記事を読んでぜひ紫外線対策を万全にして、海外旅行へ出かけましょう!

 

日傘を選ぶ4つのポイント

一口に日傘といっても日傘には様々な種類があるので、どれを選んだらいいかわからないと悩む人は多いと思います。

ですので、まずは日傘を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介していきます。

日傘を選ぶときは以下のポイントに注意して、自分好みの日傘を選んでみてください。

日傘を選ぶ際のポイント
  • 日傘のタイプ(折りたたみor長傘)
  • 日傘の紫外線遮蔽率(UVカット率)
  • 日傘の裏地のコーティング加工と色
  • 日傘のサイズ

 

日傘のタイプ(折りたたみor長傘)

引用:amazon

まず、日傘を選ぶ際には折りたたみ傘長傘かを決めます。

折りたたみ傘の場合は、カバンなどに収納して手荷物を減らせるというのが大きなメリットですね。

日焼け防止の目的だけで日傘を使用する場合は折り畳み傘が適しているといえます。

一方で、長傘に比べると折りたたみ傘は強度が低いので、雨傘としても使いたいという場合は長傘での利用も良いでしょう。

 

日傘の紫外線遮蔽率(UVカット率)

日傘の紫外線防止効果を示す代表的な指標には、遮光率紫外線遮蔽率(UVカット率)UPF(紫外線防護係数)の3つがあります。

遮光率

光を遮る度合いを表します。

遮光率は等級が定められていて、数値が高いほど涼しく感じやすいということになります。

暑さ対策をメインとして日傘を使いたいという場合などは遮光率の数値を重視して日傘を選ぶようにしましょう。

紫外線遮蔽率(UVカット率)

紫外線をどれほど遮断するかを表し、日焼け防止対策で日傘を選ぶうえで最も重要なポイントです。

数値が高ければ高いほど紫外線を防止できるので、数値の高いものを選ぶようにしましょう。

紫外線防護係数(UPF)

日傘をさした場合に、紫外線を素肌で受けた時と同じダメージに達するまで何倍の時間がかかるのかを表し、紫外線遮蔽率(UVカット率)とあわせて表記されます。

これも紫外線遮蔽率(UVカット率)と同様に数値が高いほどよいので、数値の高いものを選びましょう。

 

日傘の裏地のコーティングと色

日傘には、表面の生地にUVカット加工のコーティングを施しているものと、裏地にUV加工のコーティングをしているものがあります。

日傘の色について、よく日傘の表面は紫外線を吸収する黒色がいいという話があります。

しかし、これは表面にUVカット加工のコーティングがされている日傘に限った話で、裏地にコーティングされている日傘にはあてはまりません。

裏地にUVカット加工のコーティングされている日傘は、その日傘の色に関係なく紫外線と日光を遮ることができるでの、好きな色を選んでも色による紫外線カット率の影響はほぼありません。

なので、日傘を選ぶ際には表面コーティングか裏地コーティングかを確認して選ぶようにしましょう。

 

日傘のサイズ

引用:グリーンショップホームページ

傘のサイズは親骨という傘の中心から生地の先端までを通る骨の長さで表示され、サイズが大きいほど重くなります。

日傘のサイズの目安は一般的に女性50㎝ユニセックス55㎝男性60㎝といわれています。

また、同じ親骨のサイズでも日傘は骨の数や日傘の形状、傘の骨組みの形状などによっても傘をさした時のサイズ感や重さが異なります。

親骨のサイズが大きいほど紫外線や日光から上半身を守ることができるので、紫外線防止のためにはより大きいものを選びましょう。

以上、日傘を選ぶ際のポイントを紹介してきました。

これらの4つのポイントに注意して自分にぴったりの日傘を選びましょう。

Kai
日傘を選びで迷った時は、

  • 日傘のタイプ(折りたたみor長傘)
  • 日傘の紫外線遮蔽率(UVカット率)
  • 日傘の裏地のコーティング加工と色
  • 日傘のサイズ

の4つのポイントを考えて自分の用途に合った日傘を選ぶようにしましょう。

 

おすすめの日傘

先ほど紹介したポイントを踏まえたうえで、おすすめしたいのが日傘と傘の専門店であるリーベンのクールプラスという日傘です。

 

おすすめ日傘【リーベンのクールプラス】

引用:リーベンホームページ

このクールプラスという日傘は傘の内側にUVカットを施しているため、日傘の色などを気にせず自分の好きな傘を選んで十分な紫外線対策を行うことができます。

さらに、UVカットのコーティングも厚いので長く使用しても紫外線防止機能が落ちにくいこともおすすめしたい理由の一つです。

引用:リーベンホームぺージ

商品名:UV遮熱遮光折傘 花柄刺繍 晴雨兼用 50cm×8本骨 【LIEBEN-0523】

価格:9800円(税込み)

引用:リーベンホームページ

商品名:UV遮熱遮光ミニ傘 (晴雨兼用) 50cm×6本骨 【LIEBEN-0553】

価格:3890円(税込み)

引用:リーベンホームページ

商品名:UV遮熱遮光ジャンプ傘 55cm×8本骨 遮光1級 ラミネート生地 クールプラス 【LIEBEN-1514】

価格:7900円(税込み)

以上にあげたのはリーベンのクールプラスの日傘の中で人気のものです。

見て分かるように、こちらの日傘は値段が高いものでは9000円代と決して安くはないですが、その分紫外線防止機能が低下しにくいので、長く使用したいという人には特におすすめです。

 

おてごろな価格でおすすめの日傘

引用:amazon

おすすめの日傘としてリーベンのクールプラスを紹介しましたが、こちらの日傘は値段が高めなため、おてごろな価格で日傘を利用したいという方にとっては利用しにくいのではと思います。

そういった1000~2000円程度のてごろな価格で紫外線を防止したいと考えている方は、黒色の日傘をおすすめします。

てごろな価格で様々な色の日傘は売っていますが、そういった安価な日傘はコストを下げるためにコーティングが薄くなっています。

そのため、そのようなてごろな価格の日傘はしばらく使用していると紫外線防止機能が低下していってしまうのです。

しかし、黒色であればコーティングの厚さやコーティングが表面か裏かなどを考慮しなくても、紫外線を吸収する黒色の特性によって紫外線をある程度防ぐことができます。

ですので、てごろな価格の日傘を使って紫外線を防止したいと考えている人は、日傘の色にも注意して黒色の日傘を選ぶようにしましょう。

Kai
日傘は価格が高くなればなるほど、UVカットコーティングが熱くなったり構造がより紫外線を通しにくくなったりと、機能や耐久性があがります。

ですので、同じ日傘を長く使いたいという方はある程度、価格が高めの日傘を買った方がいいですね。

 

紫外線の仕組み

以上、日傘を選ぶ際のポイントやおすすめの日傘についてご紹介してきました。

次にここでは、紫外線の仕組みについてご紹介します。

私たちが防ごうとしている紫外線とはそもそも何か、紫外線を浴びることによって人体にはどのような影響があるのかについて説明していきます。

 

紫外線とは

紫外線は英語でultravioletと言います。

よく紫外線をUVといいますが、それはこのultravioletを略してそう呼んでいます。

紫外線はUV-A波UV-B波UV-C波の3種類に分かれます。

このうち太陽から地球に届く紫外線はUV-A波UV-B波のみで、これら2つを私たちは毎日浴びています。

また、UV-A波は肌内部にあるコラーゲンやエラスチンといった物質を破壊してしわたるみの原因を作りUV-B波は肌表面の細胞を破壊し、日焼けを起こしてシミの原因となるメラニンを作り出します。

つまり、このUV-A波とUV-B波が紫外線を浴びすぎることの悪影響でよく言われるしわやシミなどを引き起こす主な原因となっているわけです。

 

日焼けの種類

日焼けにはサンバーンという赤い日焼けと、サンタンという黒い日焼けの2種類があります。

サンバーンは、紫外線を浴びた直後に現れます。

海水浴に行った日の夜にお風呂に入ると体がひりひりして、皮膚が赤くなるという経験をした方は多いと思いますが、それがサンバーンです。

サンタンは、サンバーンが無くなった数日後に現れて数週間から数カ月続く黒い日焼けのことを言います。

いわゆる一般的にいわれる日焼けはこちらの方を指します。

 

紫外線のデメリット

紫外線のデメリットとして最も大きなものは光老化という老化現象です。

光老化は、紫外線を多く浴びすぎることによって引き起こされる肌のシミしわたるみなどのことをいいます。

この光老化は加齢による老化とは質的に異なるので、紫外線を浴びた時間と強さに比例して引きおこります。

光老化の他にも紫外線を多く浴びすぎることは、皮膚の免疫反応の抑制や光線過敏症、眼への悪影響などさまざまなデメリットが存在します。

Kai
実は、UV-A波、UV-B波、UV-C波の中で最も危険な紫外線はUV-C波となっていますが、UV-C波はオゾン層で吸収されるため、私たちのところまでは届かなくなっています。

危険なUV-C波から私たちを守ってくれているオゾン層には感謝ですね。 

 

紫外線を避けるための方法やアイテム

紫外線を大量に浴びることは避けるべきということを、紫外線や日焼けについて詳しく知ることによって、あらためて感じることができたと思います。

ここでは、紫外線を避けるための方法やアイテムについて、日傘以外にはどういったものがあるのか代表的なものをいくつかご紹介します。

日傘と組み合わせてさらに日焼け防止効果を高めましょう。

日焼け防止アイテム
  • 日傘
  • 麦わら帽子
  • サンバイザー
  • 手袋アームカバー
  • サングラス

 

日傘

日傘の最大のメリットは涼しさです。

直射日光が当たっているところ(日なた)と陰に隠れているところ(日陰)では、気温が同じであっても体感温度は大きく異なります。

日なたよりも、木陰などの日陰の方が涼しいというのはみなさん経験があると思います。

日傘はこの日陰を作り出すことができるため、他の日焼け防止アイテムと比べて涼しいということが大きなメリットとなります。

また、日傘には多くの種類がありファンション性が高いというのも日傘のメリットの一つです。

 

麦わら帽子

夏といえば麦わら帽子というイメージがありますが、麦わら帽子はおしゃれなだけでなく、帽子の中でも特に日焼け防止の効果が高いです。

麦わら帽子はその名の通り麦わらを原材料としていますが、麦自体に紫外線を遮断する効果があるため、麦わら帽子は帽子の中で最も紫外線に強い帽子となっています。

その他にもつばが広い、通気性が高いなど、紫外線が特に強くなる夏にぴったりの帽子であるといえます。

 

サンバイザー

引用:amazon

麦わら帽子と同じように日焼け対策によく使われる帽子としてサンバイザーも人気があります。

人気の理由として、サンバイザーは頭頂部に生地がないため髪型が崩れないというサンバイザーならではのメリットがあります。

髪型が崩れないというのは女性は特にうれしいポイントの一つですね。

また、頭頂部に生地がないため通気性がとてもよく軽いこともメリットの一つです。

 

アームカバー

引用:amazon

アームカバーはうでに通すだけなので着脱が非常に簡単であり、手軽であることがメリットの一つです。

特に、夏は半袖やノースリーブなど、うでを露出する服装をすることが多いので、手やうでの日焼け防止は必ず必要になります。

アームカバーは車や自動車の運転中だけ、外を歩くときだけなど、簡単に紫外線対策をすることができるので、短時間の外出のときだけ対策をしたい場合などにとても便利ですね。

 

サングラス

先述したように、紫外線の浴びすぎは皮膚だけでなく眼にも悪影響を与え、ドライアイや充血の慢性化、白内障を引き起こすリスクを高めます。

帽子や日傘などでも眼に入る紫外線をある程度は防止することができますが、紫外線を完全に防止するためにはやはりサングラスが一番です。

以上のように、日焼け防止アイテムには様々な方法があることがあります。

その中でも、日傘はおしゃれなものが多いため、紫外線防止対策をしながらおしゃれを楽しむことができるというのは他の日焼け防止アイテムと比べて良い点ですね。

Kai

日傘以外にも紫外線を防止できるアイテムはいろいろとあります。

日傘とこれらのアイテムを組み合わせて、さらに紫外線防止効果を高めましょう。

 

グアムってどんなところ

この記事を読んでいる方の多くは、グアムへの旅行を考えているのではないでしょうか。

なので、最後にここではグアムについて、どこにある国なのか、飛行時間は何時間くらいなのか、時差は何時間くらいなのか、通貨は何なのかなど、グアムの基本情報について少しご紹介します。

グアムがどのような国なのかについて簡単に確認していきましょう。

 

どこにある国なのか

グアムはアメリカ合衆国の準州で、アメリカの領土の一つです。

グアムは西太平洋のミクロネシアに位置しており、具体的には日本から南へ約2500Km離れたところに位置しています。

日本の南に位置しているので、南国であるというのはイメージが付きやすいですね。

 

飛行時間は何時間くらいなのか

日本からグアムまでの飛行時間は空港によって異なりますが、東京にある成田国際空行の場合およそ3時間40分ほどかかります。

東京都から愛知県まで車で移動するとおよそ4時間程度かかるので、グアムへの飛行時間は国内旅行での移動時間とほぼ同じともいえますね。

 

時差は何時間くらいなのか

日本とグアムの時差はちょうど1時間で、グアムの方が1時間早いです。

なので、日本が午前12時のころにはグアムは午後1時ということになります。

時差が1時間と短いので、グアムへの旅行によって時差ボケを感じるということもほぼありません。

 

通貨

グアムはアメリカ合衆国の領土であるため、通貨はアメリカドルです。

また、グアムではVISAやMasterCardなどのクレジットカードを利用することができます。

たくさんの現金を持って旅行をするのが心配だという方は、クレジットカードなどを利用するといいかもしれません。

グアムについてもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事でグアムの基本情報について紹介しているので、こちらを参考にしてみてください。

「グアムの基本情報」飛行時間・時差・天気・治安・お金・歴史についてご紹介!

2020-03-02
Kai
グアムはアメリカの州の一つですが、グアムの生活習慣などの文化はスペインに近いので、グアムがどのような国かをイメージする時はスペインの文化をベースに考えると良いでしょう。

 

まとめ

以上、今回は日傘を選ぶ際のポイントについて紹介してきました。

今回の記事のまとめは以下の通りです。

  • 日傘を選ぶときは日傘のタイプ日傘の紫外線遮蔽率日傘の裏地のコーティング加工日傘のサイズの4つのポイントを考える。
  • 日傘を長く使用したいと考える場合はある程度価格が高めの日傘を、おてごろ価格の日傘で紫外線対策をしたい場合は黒色の日傘を選ぶようにする。
  • 紫外線を多く浴びすぎると光老化という現象によってシミしわたるみなどの老化現象が起こる。
  • 日焼け防止アイテムにはさまざまなものがあるが、他の日焼け防止アイテムと比べて日傘は紫外線防止+涼しさが優れているため、暑さをしのぎながら日焼けを防ぐのにぴったり

紫外線対策をしっかりして、グアムなどの「海のきれいな国」での海外旅行を楽しみましょう!

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください