陸マイラー初心者がやるべきことは?効率的にマイルを貯めるコツを伝授!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

 家族や気心の知れた友人とのんびり海外旅行を満喫したいと今から旅のプランを立てている人も多いのではないでしょうか。

しかし海外旅行は飛行機代や宿泊代さらにレジャーなど色々と費用がかかるので大変です。 

そこで陸マイラーと言われる方法を実践することによって、飛行機に搭乗せずにマイルを貯めて夢の海外旅行に一歩近づけることが可能です。

今回は「陸マイラー」初心者がやるべきポイントを紹介しましょう。

 

そもそも陸マイラーとは

最近よく見聞きする「陸マイラー」(りくまいらーorおかまいらー)とは、どういう意味なのか。

日常生活の中でのショッピングなど、飛行機に搭乗する以外(陸上)でカードを利用しマイレージポイントを貯める人たちのことを「陸マイラー」と呼びます。

補足
「陸マイラー」の語源にはいろいろな説がありますが、

一説にはサーファー仲間の間でサーフボードを持っていたりサーファーファッション等を楽しみながらも、

実際には波乗りをしない人たちを「陸サーファー」という言葉から派生したとも言われています。

 これに対して主に飛行機の搭乗でマイレージポイントを貯める人は「空マイラー」(そらまいらー)と呼ぶます。

 

空マイラーでどのくらいたまる?

  さて陸マイラーのメリットを解説する前に一般的な航空代とそれに伴うマイレージポイントについてお話しましょう。

 

航空運賃の相場は?

グアム片道の航空運賃は通常のシーズンで直通便で5~7万円台が主流。

ソウルの乗り継ぎ便を利用すると3万円台の格安な価格帯もあるます。

Mama
どうして他の空港を乗り継ぐほうが安いの?

補足

飛行機の運賃は鉄道やバスのように運行距離の長さに比例しているのではありません。

飛行機の運賃はその便の需要に応じて変動します。

つまり人気の観光地は、旅行者にとって需要・人気がある便なので価格が高くなります。逆に需要・人気が低い便は安くなります。

Kai
乗り継ぎ便は搭乗の手続きなどで手間がかかり人気がないから、費用はお得になる場合が多いんだよ。

 

空マイラーで貯まるマイルポイント

航空運賃の支払いでどのくらい貯まるのでしょうか。

航空会社は、ANAを参考に説明していきます。

①フライトマイル

 まず運航区間の距離に比例します。
ここでの距離単位は「キロ」ではなく、「マイル」を使用します。

※1マイル=約1.8キロメートル

 例えば、東京↔️大阪間の場合は(250マイル)450キロあります。

 これに運賃ごとに設定された積算率というものを掛けた数字がフライトマイルとなります。

Kai
積算率は運賃の種類によって変動します。例えばファーストクラスに当たるプレミアム運賃の場合は150%と高くなりますが、ツアー料金や格安航空券の場合は50%に留まってしまいます。

航空券の種類とその見方は中々分かりにくいのでじっくり解説しましょう。

① 座席クラス

簡単なのが座席のグレードによる区分。価格の安い方からエコノミー(Y)→プレミアムエコノミー(PY)→ビジネス(C)→ファースト(F)の4種類に区分され、機内サービスのグレードもアップします。

② 運賃による区分

続いては運賃のグレードによる区分です。

ANAの場合、予約クラスと表記されています。

基本的に高い方からSuper Value →Value →Special →Basic →Flex →Full Flexの順に6種類あります。

さらにSuper Value以外のクラスは追加マイル数やアップグレードポイントを支払うことで、座席のアップグレードが可能となるクラスに区分されます。

これをアルファベット区分に変換するとご覧の表の通りになります。

クラス エコノミークラス プレミアムエコノミークラス ビジネスクラス ファーストクラス
SuperValue L   P  
Value Q,H,
S,W,V
     
ValuePlus   E D,Z  
Basic Q,H,
S,W,V
    A
BasicPlus U,M,E,B G,E D  
Flex Q,W      
FlexPlus B   J,C  
FullFlex(普通運賃)        
FullFlex Plus(普通運賃) Y G J F

 

さらに座席のグレード×運賃区分の種類ごとのマイル積算率の一覧表がこちら。

マイル積算率 エコノミークラス プレミアムエコノミークラス ビジネスクラス ファーストクラス
150%     J F,A
125%     C,D,Z  
100% Y,B,M G,E    
70% U,H,Q N P  
50% V,SW,S,T      
ANA VALUE PREMIUM 3 の場合

先ほどの東京↔️大阪間のフライトで、
積算率125%の「ANA VALUE PREMIUM 3」を利用すると。

250×1.25=312マイルです。
引用:ANA  積算条件

Kai
さらに上級会員やANAカード保有者の場合、これとは別にボーナスマイルが着きます。

 

ゴールドカード利用の場合

例えばゴールドカード利用者の場合はフライトマイルの25%のマイルが追加されます。

上記の場合だと

312×0.25=約78マイルがボーナスマイルとなります。
引用:ANA フライトボーナスマイル

 

フライト以外でマイルを貯めるには

 頻繁に飛行機を利用するのは、定期的に長距離出張があるごく一部のビジネスマンくらいです。

 旅行だけに飛行機を使う場合、空マイラー生活だけでマイルをガッツリ貯めるのはかなり非現実的な話です。

 そこで登場するのが飛行機に乗らずに効果的にマイルを貯める「陸マイラー生活」です。

 ではどのようにすればマイルが貯まるのでしょう。

 

日々のショッピングでマイル獲得

まず一番手っ取り早いのが、マイレージ機能クレジットカード利用時に貯まるポイントをマイルに交換する事です。

ここでは当ブログでもすっかりお馴染みの「ANA VISAワイドゴールドカード」を例に解説しましょう。

ワイドゴールドカードの場合はカード利用1000円につき1ポイントが付き、このポイントが10マイルに変換できます。

例えば月20,000円のカード利用があると、

20000÷100=200マイル貯まる計算になります。

ワイドゴールドカードはショッピング以外にガソリン給油や公共料金の支払いなど、さまざまなシーンで効率的に貯める裏技もありますので下記の関連記事も参考にして下さい。

ANAワイドゴールドカードをENEOSで!ポイント3重取りでマイルを大量獲得しよう!

2019-12-19

 

ハピタスとモッピーを利用しポイントをマイルに変えよう

引用:ハピタス

引用:モッピー

ハピタスやモッピーというポイントサービスでポイントをお得に貯めて、そのポイントをマイルにすることができます。

無料で登録でき、ハピタスやモッピーを経由してサービス、買い物、クレジットカード発行、投資など、さまざまなサービスを利用するとポイントがたまるポイントサイトです。

クレジットカード発行などは、ポイントの還元率が高く新たに発行を検討している人はポイントサイトを経由して発行することをおすすめします。


Mama
例えば、楽天市場で買い物をする時に経由して買い物をすれば、楽天ポイントとポイントサイトのポイントを二重でもらえることになります。

クレジットカード発行やFX口座開設などは高還元率で、早くポイントを貯めることができます。

ですが、FXなんてやらないし、クレジットカードも持っていて作る必要ないという方も多いと思います。

そんな方には、ハピタスの場合他にも外食モニターもあります。
指定のお店で食事をすることで、ポイントが貯められます。

この外食モニターがお得なのが、実質半額でご飯が食べれる可能性があるということです。

5,000円の食事をした場合、2500ポイントが還元されるものもあります。

Mama
食事代の半分はポイントになるものもあるので、ご飯も食べれて実質半額でお得ですね。

 

ハピタスやモッピーで貯めたポイントをマイルに変えよう。

ポイントサイトを利用して貯めたポイントは、あくまでサイト内で使用できるポイントなのでマイルとして利用することはできません。

ですが、そのポイントを他サイトのポイントに交換することが可能です。
そのため、ハピタスポイントをマイルに変えることができるのです。

ポイントを変換する時、レートというものが存在していて10000ポイントを変換しても7500ポイントになってしまう場合もあります。

もちろん、ハピタスからANAのマイルに交換することは可能ですが、交換率というが30〜50%しかなくとてももったいないです。

そこでハピタスやモッピーからマイルにお得に交換する手順をご紹介します。

手順は数多く存在し、おすすめなのは通称TOKYUルートと呼ばれる交換方法です。

Kai
事前に準備としてTOKYUクレジットカード持っていなければ発行しなければなりません。

10000ポイントをANAのマイルに変換すると、どれくらいになるのか?

ハピタス⇒ドットマネー⇒TOKYUポイント⇒ANAマイル

この手順でポイントを交換していくと、75%で交換できます。

Mama
つまり、7500マイルになります。

他にも、おすすめの交換方法があります。
下記記事もぜひ参考にしてください。

マイラー必見!「ハピタス」でANAマイルを貯めてお得にグアムへ行こう!

2019-05-22

ハピタスを使って還元率の高いANAマイルに交換する方法!

2019-03-22

各種ポイントをマイルに変換する

このようにショッピング等によるカード利用は飛行機の搭乗費用の支払いと比べると日々生活に直結しているので比較的確実にマイルを貯める事ができます。

しかしクレジットカードの利用額には上限がありますし、借りた金額は必ず返済しなければなりません。

マイルを貯めるためだけのクレジットカード利用も限度があります。

そこで登場するのが各種ポイントをマイルに交換するテクニックです。

Tポイント

引用  Tカード

 ファミリーマート・TSUTAYA・Yahoo!等と提携しているポイントサービスです。

 Tポイントのメリットは提携店舗の種類と数が多い事でしょう。コンビニからスーパー百貨店に加えグルメや旅行先のホテルと多彩です。

Mama
しかもファミリーマートやENEOSの様な国内シェアの過半数を占めている店舗で使えるので大変お得ですよ。
ポイント交換について

Tポイント500ポイント→ANAマイル250マイル

交換可能な最低ポイント数→500ポイント (500ポイント単位で交換可能)

マイル移行までの日数→2~3日程度

楽天スーパーポイント

引用: 楽天ポイントカード

大手通販サイト楽天が展開するポイントサービスです。

提携店舗はTポイントと比較すると若干少ないものの、Daily yamazaki・出光の他、マクドナルド・吉野家・すき家等のファミレス等で利用可能になっています。

 もちろん楽天市場・楽天トラベル等楽天グループのサービスを利用している人には大変便利です。

Mama
使用するコンビニがデイリーヤマザキが主で、すき家などファストフード店の利用が多いと貯まりやすいです。

楽天ポイント2ポイント→ANAマイル1マイル

交換可能ポイント数→1回につき50~1000ポイント

※ただし1ヶ月の上限は20000ポイントで、24時間につき1回という制約があるので注意が必要です。

マイル移行までの日数→1週間程度

nanacoポイント

引用:nanaco公式サイト

 セブン&アイ・ホールディングスが展開しているポイントサービスです。

「セブンイレブンもイトーヨーカドーも近くにないけど」って人も安心して下さい。

こちらもマクドナルド・吉野家・かっぱ寿司の等のファミレスからアカチャンホンポ・しまむら・スギ薬局・ココカラファイン等の生活密着型のお店と提携しています。

Mama
ファミレスから薬局まで幅広く使える場所があり、チャージして電子マネーとして使用することもできます。

nanacoポイント500ポイント→250マイル

交換可能ポイント数→500ポイントから500ポイント毎に交換可能

マイル移行までの日数→2~7日程度

 

まとめ

今回は「陸マイラー」の基礎知識を紹介しました。

飛行機の旅はかなりの費用がかかりますし、航空運賃だけでマイルを貯めるのも海外出張等で頻繁に飛行機を利用する一部のビジネスマンです。

日々の買い物によるカード利用や他のポイントサービスで貯めたポイントをマイルに交換する事でマイルを効率的に貯められます。

旅行のプランを考える楽しみも味わいつつ日々の家計の節約も出来て「一石二鳥」です。

 これを機に「陸マイラー」生活で海外旅行の夢に近づいてみませんか。

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください