陸マイラーとは何か?効率的にマイルをためる方法も紹介します!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

飛行機から見る風景

たくさんのポイントサービスを利用して、ポイントをためている方は多いですよね。その中でも、陸マイラーという言葉を耳にしたことはありますか。

陸マイラーとは、飛行機に乗らずさまざまなポイントサービスを利用して航空会社のマイルをためている人たちのことです。

ためたマイルを使って海外旅行に行ったり、アップグレードした飛行機に乗れたりするので、旅行好きの人なら特にマイルをためないと損をしてしまいます。

特別な才能やテクニックが不要なことから、陸マイラーとしてマイルをためている人がひそかに増えているんですよ。

そこで、今回は陸マイラーについてご紹介します。陸マイラーに興味がある方、効率よくマイルをためたい方はぜひ参考にしてください。

 

陸マイラーとは

tourist at the airport looks at the scoreboard陸マイラーとは、飛行機に乗ることなく、陸で航空会社のマイルをためている人達のことを指します。

そもそも、マイルとは航空会社のポイントプログラムのことです。通常であれば、マイルをためるためには飛行機に乗らなければなりません。

Mama
飛行機を何度も利用すると、多額の費用がかかってしまいます。

マイルのためにそんなにお金はかけられません。

そう感じる人は多いと思います。

ですが、陸マイラーであれば初心者でも効率的にマイルをためることができ、さらにコストもかなり抑えることができるのです。

Kai
陸マイラーが人気の要因は、日常生活で簡単にマイルをためることができるからと言えます。

 

陸マイラーとしてためたマイルはいくつか使い道がありますが、多くの人が以下のように使うことが多いです。

  • 特典航空券の発行に使う
  • 座席のアップグレードに使う

<マイルで特典航空券を発行する>
特典航空券とは、ためたマイルを使って購入する航空券のことです。

航空会社によって必要なマイル数は、以下のようになっています。

大阪~沖縄 12,000マイル
東京~沖縄 14,000マイル
日本~ハワイ 60,000~68,000マイル
日本~韓国 12,000~18,000マイル
日本~バンコク 55,000~63,000マイル
Kai
普段の生活の中でマイルをためて、タダで旅行に行けるかもしれないなんて魔法みたいですよね。

 

<マイルで座席をアップグレード>
飛行機を利用する時に、ビジネスクラスやファーストクラスに乗ってみたいと思ったことはありませんか?

マイルをためれば、その夢も叶えることができます。座席のアップグレードに必要なマイル数は、1区間(片道)の距離と搭乗するクラスによって変わってきます。

(ANA 国際線の場合)引用:ANA

ビジネスクラスやファーストクラスになると、より広い空間で特別なサービスや機内食を味わうことができます。

Kai
マイルをためて、空の旅をより快適で贅沢なものにしてみませんか?

 

本来、これらは飛行機を利用してマイルをためなければいけませんでしたが、陸マイラーとして地道に活動すれば、飛行機を利用してマイルをためるよりも簡単かつ早く、無料で旅行に行けたり、搭乗するクラスをアップグレードすることができるのです。

では、陸マイラーになるとどれほどのマイルを獲得できるのでしょうか?

 

陸マイラーはどのくらいマイルをためられるのか

陸マイラーとしてマイルをためている人の多くは、人によってペースは違えど一般的に1年間で200,000マイルためるように目標設定をしています。

これほど多くのマイルをためることができれば、飛行機に乗ることはもちろん国内線のビジネスクラスやファーストクラスを無料で利用することができます。

Kai
飛行機のみを利用して200,000マイルをためるとなると、羽田~伊丹を1年間で476往復しなければなりません。

出張や旅行などで飛行機を利用することはあると思いますが、それだけ多く乗る機会はないと思います。

ですが、飛行機に乗らずに陸マイラーとしてマイルをためれば、1年間で200,000マイルをためることが可能です。

そして、これだけ大量のマイルを初心者でもためることができるのです。

つまり、誰がやっても同じようにいきなり1年間で200,000マイルためることが可能ということになります。

Kai
もし1年で200,000マイルためることができたら国内なら沖縄、国外ならハワイ・韓国・バンコクなど複数回の旅行も可能ですね。

このように、陸マイラーはやり方さえ間違わなければ、飛行機に乗らずとも効率よくマイルをためることができるのです。

次は、肝心のマイルをためる方法を説明していきたいと思います。

 

陸マイラーとしてマイルをためる方法とは

ビジネスイメージ―ポイント陸マイラーとしてポイントをためる方法は、大きく分けて2つあります。

  1. ポイントサイトを利用する
  2. 支払いをクレジットカード決済にする

ポイントサイトでためたポイント・クレジットカード利用分のポイント、それぞれをマイルに交換することにより、陸マイラーはマイルをためているのです。

Kai
この2つの方法を併用すれば、マイルをどんどんためることができますよ。

 

そして、手っ取り早くポイントをためる方法が「ポイントサイトを利用する」というものです。

ポイントサイトはお小遣い稼ぎや節約術として、特に主婦層の間でとても人気があります。

いろいろなポイントサイトがありますが、その中でも私がおすすめするのはこちらのサイトです。

  • Hapitas(ハピタス)
  • moppy(モッピー)

これらのサイトは、マイルがためやすいサイトとして陸マイラーから人気があります。

 

そして、ポイントをマイルに移行する時に重要となるのが「東急ルート」です。

東急ルートは、今一番お得にポイントサイトのポイントをANAマイルに交換できる裏技のようなものです。

ポイントサイトのポイントを直接マイルに交換した場合の交換率は30~50%ですが、この東急ルートを使えば交換率は75%にまで上がるのです。

ですので、ポイントサイトのポイントは東急ルートを使ってマイルに変えるということを忘れないでください。

Kai
この東急ルートは陸マイラーにとって非常に大切ですので、しっかり理解しておきましょう。→ANAマイル交換率75%の「東急ルート」と「東急カード入会キャンペーン」を徹底解説!

 

ポイントサイト「ハピタス」

引用:ハピタス

陸マイラーとしてマイルを効率よく稼ぐには、ポイントサイトの「ハピタス」を利用することをおすすめします。

商品やサービスを提供する広告主からの報酬で運営されているポイントサイトなので、料金は無料で利用できます。

「ハピタス」を経由してからネットショッピングしたり、対象のサービスに登録することでポイントを獲得できます。

Kai
例えば、「楽天市場」でのお買い物を「ハピタス」経由で行うと、購入金額の1%のハピタスポイントが還元されます。

ネットショッピングを利用する機会が多い場合、コツコツとポイントをためていくことができますよ。

 

そして、この他にも高額案件として「クレジットカードの新規発行」「FX口座の新規開設」があります。

ハピタス経由でこれらを行うことで、一度に大量のポイントを獲得することが可能です。

クレジットカードの新規発行で獲得できるポイントの内訳例
  • 条件付きのキャンペーンポイント(例:新規入会で5000ポイント 入会から3カ月以内に30万利用でさらに10,000ポイントをプレゼントなど)
  • 「ハピタス」経由でクレジットカードの新規発行(カードによって10,000ポイント以上獲得)
Mama
陸マイラーにとって、クレジットカードは必須なのでマイルがためられるカードを発行すれば一石二鳥ですね。

 

FX口座の新規開設で獲得できるポイントの内訳例
  • 口座開設(3,000ポイント)
  • 数回取引(10,000ポイント)
  • 10回以下取引(15,000ポイント)
  • 50回以下取引(25,000ポイント)
Kai
もちろんこれらのポイントは「ハピタス」経由でマイルへ交換可能ですし、1年で200,000マイルためるのも難しくありません。→ハピタスを使って還元率の高いANAマイルに交換する方法!

 

ポイントサイト「モッピー」

引用:モッピー

モッピーは陸マイラーに特化したサービスが充実しており、陸マイラーにとってはかかせないポイントサイトになります。

こちらもネットショッピングする際に経由したり、クレジットカード発行や銀行口座の開設などでポイントがたまります。

登録は無料となっておりAmazon案件もあるので、特にAmazonユーザーの人におすすめです。

また、旅行サイトをモッピー経由で予約することでもポイントがたまるので旅行に行く機会が多い方にとってもお得なサイトになります。

 

ポイントサイトは登録も簡単で、隙間時間を使ってマイルをためることができます。

そこに「支払いをクレジットカード決済にする」ことも併せれば、より多くのマイルを獲得できるのです。

 

クレジットカード決済

日々の支払いをクレジットカード決済にすることで、得られるカードのポイントをマイルに交換する方法です。地道ですが、コツコツためていくことも重要なポイントです。

その中でも公共料金は毎月必ず支払うものですよね。支払い方法を銀行引き落としや振り込みにしている人はとても損をしています。

それらの支払い方法をクレジットカードにするだけで、その分のポイントをマイルに移行することができるのです。

そして、クレジットカードによってマイル還元率や特典が異なります。

Kai
自分のライフスタイルに合っているものを選ぶといいですよ。

上記のポイントサイトの利用・クレジットカード決済の2つ方法をコツコツ続ければ、多くのマイルを得ることができます。

そして、そのマイルがたまれば、よりお得に旅行を楽しむことができます。

最大49,000ポイントを獲得!SPGアメックスの一番お得な入会方法を紹介!

2020-03-24

 

まとめ

夕陽と飛行機 #2

いかがでしたか?最後にこの記事のおさらいをしたいと思います。

  • 陸マイラーは、飛行機に乗らずに陸でマイルをためている人のことを指す
  • 初心者でも年間200,000マイルをためることが可能である
  • 200,000マイルがたまれば、国内外へ複数回無料で行くことができる
  • 飛行機に乗るよりも陸マイラーの方が効率的にマイルをためることができる
  • 陸マイラーとしてマイルをためていく方法は「ポイントサイトの利用」「クレジットカード決済」である
  • マイルをためやすいポイントサイトは「ハピタス」「モッピー」
  • マイルをためやすいクレジットカードがあり、マイルをためるには自分に合ったものを選ぶこと

飛行機に乗ってマイルをためようとすると、あまり現実的ではなく非効率ということがわかりました。

陸マイラーとして、マイルを着実にためていくにはポイントサイトやクレジットカードを上手に利用することが重要となってきます。

みなさんもこれからの人生、陸マイラーとして活動しお得に旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

陸マイラー初心者向け!ANAマイルのため方や、最低限必要なものを紹介!

2020-03-29

 

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください