グアムの治安を知ろう!どんな場所が危険?夜道は大丈夫?

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

日本人観光客が8割を占める人気の「グアム」、日本から約3時間半の飛行時間で行ける近さは魅力的です。

しかし、楽しいリゾート地でも、残念ながら犯罪は発生しています。そして、その犯罪には私たち観光客を狙ったものもあります。

ですので、グアムに行くと決まったら現地の「治安」についての情報を入れておき、日本の常識は海外でも通じると思わずにしっかりと対策をしましょう。

語学の上手い下手に関わらず、現地の治安情報を事前に頭に入れとくと危険を回避しやすくなります。

 

グアムの治安について

温暖な気候とリゾート感満載のグアムは、ビーチでのマリンスポーツや本場のグルメ、グアムならではの観光地巡りなど、事前に調べるところからが楽しみですよね。

そんなグアムで犯罪などの危険なことなんて、まったく考えたことがない方も多いのではないでしょうか。

リゾート地ではあっても、現地で生活している人もいる、そう考えると浮かれてばかりではいられません。

日本人観光客を狙った窃盗や車上荒らしなどの軽犯罪は数多く、また強盗や殺人などの凶悪事件に巻き込まれる可能性もゼロではありません。

滞在中楽しく安全に過ごすため、身近でどのような犯罪が起こりうるか認識することは大事です。

グアムは、世界治安ランキング103位(2013年グアム警察による調査)なんです。世界163カ国中の103位をどう判断するかはあなた次第ですが、以下のように犯罪が毎年発生しています。

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
殺人事件 6 3 8 7 8 3
強盗事件 67 96 145 131 124 79
強姦事件 151 107 106 118 160 103
傷害事件 327 258 401 294 400 156
窃盗事件 3,795 4,409 4,519 3,812 3,693 3,741
薬物事件 221 293 271 369 477 494

ホテルが隣接する比較的安全な地域では、早朝から地元の人がランニングをしているのを見かけます。(ランニング記事はこちら

地元の人がどのような行動をしているかを観察することによって、危険から遠のくこともあるかと思います。また、ホテルのフロントや利用旅行会社から、注意すべきことを聞くのも大切です。

Kai
旅行に行くと楽しくてついつい気が緩みがちですが、危険と隣り合わせということもしっかり意識しましょう。

 

もっとも多い旅行客を狙った犯罪とは?

犯罪といってもいろいろの種類があります。

グアムで起こる観光客を狙った犯罪は、どのような種類のものが多いのでしょうか?

 

ビーチや繁華街で金銭を奪う窃盗

ビーチやレストランで、ちょっと目を離した隙にバックを盗られたり、個室トイレの扉のフックに掛けたバックを外から伸びてきた手が持ち去るというケースがあります。

どんな場合でも荷物から目を離さないことが大切です。

Mama
そういえば私も滞在中よく目にしますが、外国の旅行者が手荷物を必ず身体の一部につけている(両足ではさんだりする)のは対策の一つなんですね。
外務省の調べ
ビーチに荷物の監視者を残さずに貴重品の入った荷物のみを残して遊泳していたところ、荷物を全て盗まれる置き引きの被害にあったという報告もあります。

 

ローカルエリア(地元の人の生活場所)や夜の繁華街で脅され金銭を奪われる

観光地から離れた場所や人通りの少ない場所に行った際に、脅されて金銭を要求されたりするケースがあります。

また、最近ではインスタ映えで人気のあるスポットの一つ、壁画地区での暴行などがあります。

壁画地区とは


「さびれた地域のビルの壁に、世界レベルのストリートアーティストがペイントして、地域の活性化に役立てる」というイベントで、現在世界の色々な場所で取り組みが行われています。

このイベントで、治安が悪く人が近づかなかった場所が観光ポイントになっています。

                              引用 Googleマップ

グアムではないですが、実際に観光で訪れた人が暴行される事件が起きています。

人通りの少ない場所・時間帯に近づかないことが、危険から遠ざかる行動につながります。

外務省の調べ
 深夜ホテル近くを歩いていた際に、車に乗った2人組の男にバックをひったくられたという報告や、ビーチで「シャッターを押してあげるよ」と声をかけてきた男に、カメラをそのまま取られた報告があります。

 

レンタカーを狙った車上荒らし

ビーチや買い物などへレンタカーを借りて行く場合に、窓ガラスを割られて車内の荷物を盗まれるケースが多発しています。

レンタカーの保険では窃盗による窓ガラスの破損について、保証されない場合が多いので注意が必要となります。

車内には絶対に荷物を置いていかないことで、窃盗の可能性を下げましょう。

外務省の調べ
レンタカーで観光中、現地の男に家まで送ってほしいと言われて同乗させたら、途中で暴行を受けて車とバックを奪われた事例が報告されています。
Kai
日本でも同じですが、知らない人は車に乗せてはいけませんよ。

 

タクシーでの犯罪

通常より高い料金の請求や偽ブランドの店など、問題がある店に連れていかれることがあります。

夜などは近道だといわれて人けのない場所に連れていかれ、性犯罪に巻き込まれる可能性があるので、女性一人でのタクシー利用は避けるべきでしょう。

コミュニケーションに自信がなければ、タクシー利用はしないことをおすすめします。

目的地までの時間や経路を、事前に調べることも大切です。

Mama
タクシーに乗る場合は、ホテルのフロントで呼んでもらうことで行き先の確認ができるので安心ですよ。

 

グアムで犯罪が起きやすい場所

では、どんな場所でどんなことに気を付ければいいのでしょうか?

犯罪が起こりやすい場所や対策、さらに犯罪などに遭ってしまった場合はどうしたらいいのかを見ていきましょう。

犯罪が起きやすい場所

  • 観光客の集まる場所としてショッピングセンターやレストラン
  • ホテル・空港
  • 一番人気のタモンビーチやリティディアンビーチ(星の砂が拾えるビーチ)
  • 人けのない場所
  • 夜の外出先

Kai
人けのないところや夜は注意すべきと思っていましたが、観光客の集まる場所や空港など、逆に人が多くいる場合でも、それに紛れての犯罪があるので気を抜けません。

 

どんな対策をすればいいのか?

誰しも犯罪には遭いたくはありません。

できる限りの対策をして、犯罪を遠ざける心構えをしていきましょう。

 

知らない人についていかない

巧みに誘う人には注意しましょう。

最終的には個人の判断ですが、良い人か悪い人か判断できない場合も要注意です。

Kai
グアムの人はフレンドリーな人が多いので、みんなが良い人のように思いがちです。ですが、簡単に信用しないようにしてくださいね。

 

公共トイレの利用はしない

野外の公共トイレは、地元の人も利用しないほど危険と言われています。

Mama
出かける前にトイレは必ず済ませておきましょう。

 

貴重品の所持は最小限

出歩くときは以下の点を気を付けましょう。

  • 多額の現金を持ち歩かない。
  • ビール・タバコを買う時以外は、パスポートは持ち歩かない。(グアムではビール・タバコの年齢制限が21歳以上のため、購入時に身分証明書の提示を求められる場合があるから)
Kai
紛失防止のためにも、パスポートのコピーがあると安心です。

 

公共の場所は水着のまま歩かない

挑発していると誤解されないように、節度ある服装を心がけてください。

どこでも水着姿で歩く観光客を、現地の人は良く思わない場合があります。

Mama
海外だからと開放的になりすぎてはいけませんよ。

 

車の中に荷物を置かない

窓から覗いて見える場所に荷物があると、狙われやすいです。

Mama
日本でも同じことが言えますので、普段から気を付けておきましょう。

 

歩行中も荷物に注意する

歩行者の荷物を走行中の車からひったくられる場合もあるので、車道側に荷物を持たないように注意しましょう。

歩行中に身の危険を感じた場合は、ホテルやストアなどの人がいる安全な場所に逃げ込むことで安全を確保してください。

Mama
お財布やかばんが開きっぱなしになってないかも常に確認しておくといいですよ。

 

夜一人歩きをしない

地元の人は基本的に車利用のため、夜遅い時間に外を歩くことは観光客であることをアピールしていることにもなり得ます。

Kai
夜間は犯罪が起こりやすいので、用事もないのに外に出ることはやめといた方が賢明です。

 

犯罪に巻き込まれる可能性を意識する

自分を狙っている犯罪者がいるかもしれないことを念頭に置いて、常に注意をしましょう。

Mama
私は大丈夫だろうという気持ちは捨ててくださいね。

 

その他の注意

  • 銃などを向けられたら…

滅多にないですが万が一、銃などを向けられた場合は抵抗してはいけません。

お金を渡して身の安全を最優先にしましょう。

Kai
私の場合、ポケットに必ず50ドル紙幣を一枚いれておくようにしています。

 

  • 警察に止められたら…

警察に止められた場合、指示があるまで動いてはいけません。

懐やポケットに手を入れる場合は、まず指を指して中のものを取り出して良いか確認をすることで誤解が防げます。

レンタカーに乗車中、警察にとめられた場合はすぐに車のドアは開けないことが大切です。

まずは、窓をあけて警察の指示を待ちましょう。

Kai
慌てて車外に出ると、警察に疑われる時があります。

 

  • 日本人に対して…

過去、日本軍はグアムを空爆して2年8ヶ月の間、グアムを占領していました。そのため日本に対して好意的な人ばかりではありません。

これを踏まえて、歴史に関する言動には注意をする必要があります。

Kai
グアムの歴史を知っておくことも大切ですよ。→グアムの歴史と戦争を知ろう!関連施設や博物館情報も交えてご紹介!

 

上記の対策はどれも簡単で、自分がしっかりと意識していれば実践できるものばかりです。

いくら楽しくても、旅行中は忘れないようにしておきましょう。ですが、これらの対策を講じていても、犯罪に巻き込まれる可能性はゼロではありません。

では、もしも自分が被害者になってしまったらどうすればよいのでしょうか?

 

万が一被害に遭ったら

  • 強盗被害にあってしまったら、身の安全を第一に考えましょう。
    お金などを取られたくないからといって抵抗すると、負傷する可能性があります。
    グアムは日本とは違い、銃が容易に使用されるということも忘れないでください。

 

  • 繁華街などの人がいる場所では「Help me !ヘルプミー」と叫び、周りにいる人に助けを求めましょう。
    周りに人がいれば助けてくれるかもしれません。ですので、人通りの少ない場所には行かないようにしてください。

 

  • すぐに警察「911」に連絡しましょう。
    英語が苦手な場合は、近くにいる人に協力してもらい電話をかけてもらいましょう。
Kai
もしもの時のために、海外旅行保険には入っておくと安心です。

あとは、現地の病院も事前に調べておくといいですよ。

 

まとめ

最後にこの記事のおさらいです。

  • グアムでは観光客を狙った犯罪が数多く発生している
  • 世界治安ランキングは163カ国中103位(2013年グアム警察の調査)
  • 韓国客が被害にあいやすいのは、窃盗・金品強奪・車上荒らし・タクシーでの犯罪
  • ビーチやショッピングセンターなどの人が集まるところや、人けのない場所・夜間の外出時で犯罪が起きやすい
  • いつ犯罪に巻き込まれるか分からないので、知らない人についていかない・貴重品の所持を最低限にするなど常に対策をしておくとよい
  • もしも銃を向けられたら抵抗してはいけない
  • 警察に止められた場合は指示があるまで動いてはいけない
  • グアムの歴史上、日本人をよく思わない人もいるので、歴史に関する言動には注意する
  • もしも犯罪に巻き込まれたら、身の安全を第一とし、周りに助けを求めたり911に電話をしよう

グアムは日本から近く人気のある美しい場所ですが、世界で治安が良いと言われる日本と違い、一般犯罪が身近にあることを意識することが必要です。

これはグアムに限らず、日本以外の国に行く場合には同じように注意が必要です。

事前にどのような犯罪が発生しているかを知ることで、自分が注意すべきことがみえてきます。楽しい旅行をするために、現地で注意すべき行動を知ることは大事です。

その国の情報を取ることで、何を注意しどう行動するかが大事になります。そして、日本との違いを知ることで新しい経験があり、楽しく特別な時間になるのではないかと思います。

自分を守るのは自分、楽しい時間を作り出すのも、犯罪が起こる可能性から自分を遠ざけるのも自分です。

グアム大好きの私としては、グアムを訪れたみんながグアム大好きになったらと思う今日この頃です。こちらの記事でもグアムの情報を紹介していますので、ぜひご覧ください→「グアムの基本情報」飛行時間・時差・天気・治安・お金・歴史についてご紹介!

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください