グアムで病院に行きたい!すぐに行ける病院と保険の使い方を紹介!

スポンサーリンク

「マイルを貯めて、もっとお得にグアムへ行こう!」

Kai
マイルは「フライト」や「クレジットカード決済」でしか貯まらないと思い込んでいませんか?
日常生活で大量にマイルを貯めてお得にグアムへ行きましょう!誰でも簡単に取り組めます。新婚旅行や家族旅行、旅費を抑えて浮いたお金で美味しいものや欲しかったものを買っちゃいましょう!

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

皆さんはたった数日間の素敵な旅行のために海外旅行保険に加入したり現地の病院の情報を少しでも確認して行きますか。

私は数日の旅行にしても緊急時の対策必ずはされた方が良いと強く思います。以前、私が旅行に行った時の話です。

一度だけ現地の気温の差や、いつもと違う食事を取っていたためか体調を崩してしまった事があります。

幸運な事に病院へ行かなくても良い程度でしたので、その日1日安静にホテルで休んだら回復しました。

あれから数年たった今、大切な家族もいるので旅行前には病院や保険についてもしっかりと確認をして旅行に行きます。

実際、旅行中はどんなに気をつけていても、気温の差だったり、いつもと違う食事だったり生活のストレスや疲れが溜まって体調を崩しやすくなります。

「大丈夫」と思っていてもいつ何が起こるかなんて自分でもわからないし誰だって起こって欲しくないですよね。

日本で普通に暮らしていても病院に行く時は、掛かりつけの病院がない限り少なからず「どこの病院が良いかなぁ」と悩んでしまうと思います。

ましてや海外だと24時間電話は繋がるのか、日本語で対応してくれる病院はあるのか、支払いはどのようにしたら良いのか考えるでしょう。

もし子供が熱や怪我をしてしまったら、すぐにでも病院に連れて行きたいですよね。この記事を見て旅の前にちょっとでも不安を解消して頂けると幸いです。

日本語が大丈夫な病院

どんなに気をつけていても、急を要した時はあれこれ考えないですぐにでも治療をしてもらって早く治したいですよね。

そんな時グアムには日本語で対応してくれる病院があるので是非覚えていて下さい。

グアム旅行者クリニック

引用 グアム旅行者クリニック

こちらのクリニックは日本語対応で日本人のドクターがいるクリニックです。

また、診療日も平日となっていますが、緊急時は夜間、休日も対応してくれるありがたいクリニックです。

※注意※

気をつけて頂きたいのが、こちらの病院は予約制なので少しでも症状があったら連絡しておくと良いと思います。診療科目は少児科、内科、旅行医学科、傷縫合(0歳〜可能)です。

公式サイト グアム旅行者クリニック

診療日  平日

診療時間 09:00-12:00/13:00-17:00

電話番号  671-647-7771

受付時間 08:00-22:00

場所

Guam Regional Medical city(グアム リージョナルメディカル シティ)

引用 Guam Regional Medical city公式

こちらの病院は総合の病院で24時間対応してくれます。英語で症状や状況を伝えれるレベルがあれば良いかもですね。

設備も充実していて、入院もできます。場所はデデドにあり、マイクロネシアモールの近くになります。

公式サイト Guam Regional Medical city

診察日 年中無休

診療時間 24時間対応

電話番号 671-645-5500

場所

Guam Memorial Hospital Authority(グアム メモリアル 病院)

引用  Guam Memorial Hospital Authority

こちらも総合病院です。ネイティブ以外の日本語のできる先生が在籍しているようですが、こちらも英語が使えるとスムーズに診療ができるかもしれまん。   

ヒルトン・グアム・リゾート & スパから車で6分ほどの場所にあります。

公式サイト Guam Memorial Hospital Authority

診療日 年中無休

診療時間 24時間

電話番号 671-647-2330

場所

症状や状況にもよりますが、英語が不安であれば1番最初に日本人ドクターのいる「グアム旅行者クリニック」が安心でおすすめです。

Kai
もし必要であれば、そこから総合病院へ紹介状などの手続きも行ってくれるそうです。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

グアムの病院情報!日本語対応や日本人医師についてのご紹介!

2019-02-23

グアムの病院事情

きっと短い旅行期間でも皆さん鎮痛剤や酔い止め、整腸剤など準備をして行くと思いますが、グアムでも薬局で風邪薬など買うことができます。

思いのほか安心したのが、グアムでは救急車が無料で利用できることと入院の保証金が求められないことですね。

アメリカは高額で救急車を呼ぶのにお金がかかると知っていたのですが、幸いなことにグアムではそれはありません。なので、緊急時に連絡ができ一刻も早く病院に行きたい時はすごく助かりますね。

ですが、やはり手術や入院した場合の個室料金など高額になる事は確かです。また私立の病院は日本人は利用できないため、公立の病院のみとなります。

簡単にですが、グアムの衛生事情やかかりやすい病気、薬局で買える薬、医療費などがわかる世界の医療事情~グアムというサイトがありましたので参考にしてください。

保険について

皆さん保険に加入をせず海外の病院での治療や救急車を利用した場合、高額の金額を支払わなければいけないことをご存知かと思います。

保険が効かない場合の金額をみたときはすごくびっくりしたことを覚えています。また、海外旅行保険の種類もたくさんありますので、悩みどころですよね。

先ほど紹介した「グアム旅行者クリニック」の公式サイトには取扱保険会社も載っていましたので少し紹介しておきます。

皆さんが聞いたことのある保険会社もあるかと思います。

  • ジェイアイ傷害火災保険株式会社
  • 東京海上日動火災海上保険株式会社
  • エイチ・エス損害保険株式会社
  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • AIG(旧AIU)損害保険株式会社
  • アクサ損害保険株式会社
  • AU損害保険株式会社
  • Chubb(旧エース)損害保険株式会社
  • 共栄火災海上保険相互会社
  • セコム損害保険株式会社
  • 日新火災海上保険株式会社
  • 朝日火災海上株式会社
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • 富士火災海上保険株式会社
  • ゼネラリ保険会社日本本社
  • ソニー損害保険株式会社
  • チューリッヒ インシュアランス カンパニー

上記以外の保険会社でも大丈夫なところもあるので、利用される際は落ち着いて伝えてみると良いですね。

どんな保険を重視して選んだら良いのか

海外に行ったことのある人は海外旅行保険について知識があると思いますが、全く初めて海外に行くという人はどのような保険があって何を重要視したら良いのか、きっと悩まれると思います。

そもそも、海外旅行保険は「クレジットカードに付帯されているもの」と、「保険会社に加入して行くもの」との2つのパターンがあります。

人それぞれ必要な補償内容も違うと思います。例えば、私の場合ですが今は子供もいるので以前使っていたカードをファミリーでも使えるものにしました。

カードじゃなくても保険会社に加入をする場合でも家族分を含めた見積もりができるので、とても決めやすいと思います。

実際に海外旅行保険の利用で多いものは、傷害治療費用、救援費用、携行品損害の3つだそうです。ですが、他の補償内容もきちんと確認する必要はあります。

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険

まず始めに確認して頂きたいのが、皆さんが普段使用しているカードです。数あるカードの種類ですが、嬉しいことに海外旅行保険付帯のカードがあります。

さらに、自分一人ではなく家族の分も適応してくれるカードもあります。次に「自動付帯」か「利用付帯」に分けられているので、そちらも確認して頂きたいです。

「自動付帯」「利用付帯」とは

自動付帯は文字通りカードを所持していれば自動的に海外保険会社付帯になるカードです。

利用付帯出国までの公共機関(電車・タクシー・バスなどのことで、自家用車のガソリン代や高速料金は残念ながら含まれません)や旅行代金をクレジットカードを使って支払いをして初めて海外旅行保険付帯になるカードです。

主な補賞内容
  • 傷害死亡
  • 傷害後遺障害
  • 傷害治療費
  • 疾病治療費用
  • 救援費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 海外航空便、遅延費用特約

クレジットカード付帯付きのカードを複数枚持っていると言う方もいらっしゃると思います。その場合は複数枚のカードを合算ができことを覚えておきましょう。

ただし、傷害死亡と傷害後遺障害は合算できないそうです。

Kai
1枚1枚のカード補償額は低いかもしれませんが、合算をして必要な補償額になる場合もあるので上手に組み合わせたいですね。
注意
皆さんは何日間の旅行を計画されていますか。

きっと普通に働いているのであれば、3泊4日〜多くても2週間ではないでしょうか。もし滞在期間が長期になりそうな場合はその日にちも考慮して頂きたいと思います。

付帯付きとカードを利用するにあたって補償期間と言うものがあり、渡航日から90日以内の適用になります。ですので、留学やワーキングホリデーで長期滞在の計画がある場合は注意が必要です。

保険会社で加入

グアムの治療費用は「治療・救援費用補償は最低でも数百万円〜1000万円は必要」と考えて保険を選んで頂くと良いと思います。

主な補償内容
  • 傷害死亡
  • 傷害後遺障害
  • 傷害治療費
  • 疾病治療費用
  • 救援費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 航空機寄託手荷物、遅延等費用
  • 弁護士費用
  • 緊急歯科治療費用
  • テロ等対応費用

保険会社に加入して行くメリットは補償額の大きさと補償内容の充実ではないでしょうか。クレジットカード付帯ではまかなえない部分がどうしてもありますからね。

さらにリピーター割引ネット割引も適用される会社もあるので、保険会社は「高い」と言うイメージは無くしても良さそうです。

では、ここで家族 4人 グアム(4日間)で海外旅行保険がいくらなのか、仮見積りを出してみました。

某保険会社で家族4人グアム4日間の場合

  • 傷害治療費用
  • 救援費用
  • 傷害死亡
  • 傷害後遺障害
  • 疾病死亡
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 航空機寄託手荷物遅延
  • 航空機遅延

※ネット割やリピート割はついていません。

これだけの補償内容で、なんと!

合計4,200円でした。

Kai

いかがですか。家族それぞれにこの補償が付きます。ですが、私的にはこの金額でしたらとても安いと思います。

傷害治療、救援費用、携行品損害の額もしっかりあり、家族それぞれに支払われます。 これなら旅行中も安心して過ごせますよね。

※ご旅行の滞在期間と目的を入力するだけで、比較できるグアム海外旅行保険 料金比較というサイトがありましたので、皆さんも試してみて下さい。

日本の健康保険も使える

「グアム旅行者クリニック」では健康保険も利用でき、もし海外旅行保険に加入しないで旅行に行ってしまった場合でもここのクリニックなら大丈夫です。その際、診療費については、診察前に相談してみると良いですね。

Kai
旅行に行くのが、自分一人でなのか、家族と一緒なのかで決める保険も変わってきますが、自分に合った補償額と補償内容が分かれば海外旅行保険の選択もしやすくなるのではないでしょうか。

グアム旅行者クリニック 保険のご利用も参考にしてください。

海外旅行保険の使い方

海外旅行保険に限らず、保険金の請求方法は、その時にならないと分からないものです。

日本国内でのことなら対処のしようもありますが、海外となると準備する書類によっては日本から取り寄せることができないものもあるようです。

そこで、保険金受け取りに不備がないように一通りご案内していきます。

海外旅行保険請求時の注意点

事故など保険金を請求する事案に遭遇した場合、必ず契約している保険会社に連絡をしてください。その後、保険会社から必要な書類の送付があったり、準備する書類などの確認もしてください。

注意
キャッシュレス治療サービス(病院と保険会社が提携している場合、病院から直接保険会社へ請求がいくので支払い不要となる)などの場合を除いて費用の一部を立て替える場合必ず領収証など立て替えた金額が分かるものを保管しておいてください。 

少しでも分からなかったり、不安な点はヘルプデスクなどを利用して疑問を解決するようにしてください。

保険金請求時に必要な書類

海外旅行保険の請求に必要な書類は、損害の内容や補償の内容によって異なります。

けがや病気で医療機関を利用する場合

  • パスポートのコピー(パスポート番号、氏名記載ページ、日本の出入国スタンプ押印ページ)
  • 保険金請求書
  • 医師の診断書
  • 治療費の明細書および領収書
  • 事故などの場合は事故証明書

注意

医師の診断書、治療費の明細書と領収書、事故などの場合の事故証明書は現地でしか手配ができません。日本からは取り寄せることはできないので忘れずにもらいましょう。 

携行品損害保険を利用する場合
  • パスポートのコピー
  • 保険金請求書
  • 事故証明書
  • 損害品明細書
  • 損害額を証明する書類
賠償責任保険金を利用する場合
  • パスポートのコピー
  • 保険金請求書
  • 事故証明書
  • 治療費の明細と領収書
  • 示談書

通常では、事故の発生から30日以内に保険会社に連絡をして指示やアドバイスを受けますが、海外でしか手に入らない書類があるため、保険会社への連絡は決して後回しにせず、すぐに連絡をするようにしてください。

保険契約時にもらうしおりや約款(やっかん)もいざというときに役立つので必ず目を通しておいてください。しかし、それでも保険の補償内容は、なかなか素人には分かりずらいものです。

そんな時こそ、保険会社へ連絡をすれば何か適用できるものがないかの確認もできますので、気兼ねなく話をしてみてくださいね。

Kai
そういえば、以前、保険会社を利用したときは、正直パニックになって連絡をしたけど、保険会社の人と話をしてるうちに、だんだんと落ち着きを取り戻したのを覚えています。

初めての経験で何をどうすれば良いのか分からない私に親身に分かりやすく教えてくれました。心のケアもしてもらった気がして安心できました。

緊急時のサポートサービス


グアムには日本人に良心的なとても素晴らしいサポートセンターがあります。

病院や警察、救急車に直接連絡できるなら問題はないですが、それが難しい方はこちらに連絡してみると良いかもしれません。

「mai」(Micronesia Assistance,Inc.)

基本情報

1990年にグアムの旅行会社と保険会社が共同出資して設立した会社だそうです。

24 時間体制で365日休まず旅行中の病気やケガ・盗難など、観光客のあらゆるトラブルに日本語で対応してくれます。

  • 状況にあわせて、夜間のホテル往診の手配と日中の外来受診と救急病院や警察などへの通訳のできるアシスタントを派遣してくれます。
  • 海外旅行保険もキャッシュレスも対応してくれます。
  • グアムに行く前に申し込みをすると、医療機器や車椅子のレンタル、視察ツアーなどのコーディネートもしてくれます。

 病院受診の流れ

  1. maiへ連絡(ホテルやツアーデスクに頼んで連絡を頼むこともできます。)
  2. 病状の確認、保険の確認
  3. 日本語通訳のできるスタッフが迎えに来る
  4. 病院へ向かう
  5. 薬や治療を受けホテルや宿泊施設へ送ってくれる

近年は、たくさんの日本観光客の方々がグアムに行ってますよね。それに合わせてより多くのニーズに応えようとサービスの提供に努めているそうです。

※詳しく受けられるサービス・料金等については、直接「mai」 へお問い合わせをしてみて下さい。

電話番号:671-649-8147

Kai
こういったサポートがあるということを知っているだけでも、安心して旅行を楽しむことができますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回調べてわかったことは、グアムで何か起こった時はまずはサービスサポートセンターに連絡をするのが1番だと言うことでした。

あとはたった数日の旅行でも、もしものために海外旅行保険は必ず加入して行くことですね。ほんの一瞬の出来事で、自分だけではなく大切な家族が、怪我や病気になってしまう可能性もありえます。

備える事はプラスになります。せっかくの旅行ですからしっかりと備えて楽しい思い出を作りましょう。

「旅費の見積りはしましたか?」

Kai
自宅で簡単に、しかも無料で複数の会社に一括見積りできます
少しでもお得にと思うのなら必ず数社から見積もりを取ってください。各地域を専門に取り扱う旅行会社が日程や予算等、要望に合わせて最適なプランを無料で作成・提案してくれます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください