ANA・VISAワイドゴールドカードでエクスプレス予約を利用しよう!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

みなさん国内旅行にはよく行きますか?

日本には京都の金閣寺や栃木県の日光東照宮などさまざまな観光地があり、学生時代の修学旅行で京都に行ったという人は多いかもしれませんね。

ですが、他県に観光しに行こうと思った時、車で行くのは大変ですよね。特にゴールデンウィークなどは渋滞が発生しやすく、「旅行の途中で渋滞…」と考えただけでも嫌になります。

そんなとき、車以外の交通手段として第一に考えるのは新幹線ではないでしょうか?今回はそんな新幹線をお得に乗ることができるEX予約(エクスプレス予約)についてご紹介します。

 

EX予約(エクスプレス予約)とは

EX予約(エクスプレス予約)とは東海旅客鉄道株式会社(JR東海)が提供している、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)のネット予約&チケットレスサービスです。

最近は東日本ではSuica、西日本ではICOCAなどの交通系IC カードで普通電車のチケットレスサービスが行われていますが、それらの新幹線版といった感覚に近いかもしれませんね。

Kai
チケットレスはわざわざ券売機でチケットを買わなくても改札を通れるようになるので、新幹線でもチケットレスになるというのは嬉しいですね。

 

EX予約のメリット

SuicaやICOCAはICカードを使って電車を利用する場合と、普通に切符を購入して電車を利用する場合とで運賃などに差はありません。

しかし、EX予約の場合はチケットレス以外にも普通に切符を購入する場合と比較して大きく4つのメリットがあります。

 

ネットでいつでも簡単に予約できる

引用:JRおでかけネットEX予約ご利用ガイド

EX予約はパソコン・スマートフォンのどちらからでも予約でき、一部の携帯電話でも予約することが可能です。

スマホから予約できるのはうれしいですね。

注意するポイントとしては、EX予約の予約受付時間は5:30~23:30の間で、夜中に予約することはできないことに気を付けましょう。

しかし、予約受付は時刻表に表示された列車発車時刻の4分前まで可能で、直前に予約することもできるので、夜中に予約できないことはあまり大きなデメリットにはなりませんね。

 

予約の変更は何度でも手数料無料

引用:JRおでかけネットEX予約ご利用ガイド

通常の新幹線指定席券の場合、予約の変更(日付・時間・区間の変更)は1度のみ可能で2回目以降は予約を取り消して払い戻し、また買い直すという手順が必要となります。

しかし、EX予約の場合は発射直前まで何度でも変更することが可能で、手数料もかかりません。

キャンセル料に関しても、例えば東京・品川~新大阪のキャンセル料は通常前日・当日払戻手数料1740円+乗車券220円で合計1960円かかりますが、EX予約の場合はいつでも320円と非常に安くなっています。

新幹線を通常で利用する場合とEX予約で利用する場合の大きな違いの一つですね。

 

365日いつでも会員価格

引用:JRおでかけネットEX予約ご利用ガイド

新幹線を利用する場合、できれば自由席ではなく指定席に座りたいとみなさん考えると思います。

新幹線は長距離の移動の際に使われることが多いので、自由席と違って確実に座れる指定席の方がいいと考えるのは当たり前ですよね。

その場合に気になるのは指定席が自由席よりも料金が高いというところで、「本当は指定席がいいけど自由席にしておこう」という方も多いと思います。

しかし、エクスプレス予約サービスを利用して新幹線の指定席を利用すると、通常運賃と比べて、東京・品川~名古屋では990円、東京・品川~新大阪では1100円安くなります。

この割引額は距離が長くなればなるほど大きくなっていきます。このメリットを活かせば、指定席も通常と比べて利用しやすくなりますね。

 

早めの予約でさらにお得な早得商品

引用:JRおでかけネットEX予約ご利用ガイド

先ほどの指定席予約の割引に加えて、EX予約では新幹線を早めに予約することでさらに料金が割引されるというお得な特典が付いています。

早めの予約で得られる早得商品

EX早得 対象:指定席、グリーン車

EX早得21 対象:指定席

EXグリーン早得 対象:グリーン車

EXこだまグリーン早得 対象:グリーン車

EXのぞみファミリー早得 対象:指定席、グリーン車

EXこだまファミリー早得 対象:指定席、グリーン車

このうちEX早得21は新幹線を利用する日の21日前(3週間前)に予約すると適用される商品で、東京品川~名古屋では通常指定席の料金と比べて2340円お得になります。

このEX予約の早得も距離が延びるほど割引額が大きくなっていきます。

Kai
EX予約のEX早得21以外の早得商品についてもっと知りたいという方はJR東海ホームページにて詳しく説明されているので、こちらのEX予約ホームページを参考にしてください。

 

エクスプレス予約とスマートEX

先ほどまででEX予約について詳しく説明してきました。EX予約のメリットについては分かっていただけたのではないかと思います。

ですが、新幹線の利用に関してJR東海が行っているサービスにはEX予約ともう一つスマートEXというサービスがあります。

どちらも新幹線の利用が便利になるサービスなのですが似た点が多く、両者の違いが分からないという方も多いです。

なので、ここでは、EX予約と似たサービスであるスマートEXについて、EX予約とは何が違うのかについてご紹介していきます。

EX予約

対象区間 東海道・山陽新幹線(東京~博多)

クレジットカード 対象のクレジットカードで入会手続き

年会費 1100円

予約方法 パソコン・スマホ・アプリ

予約変更 何度でも手数料無料

商品 通常より安い会員価格で指定席を利用可能、早得商品

乗車方法 新幹線専用のICカード

スマートEX

対象区間 東海道・山陽新幹線(東京~博多)

クレジットカード 所持しているクレジットカードを登録

年会費 無料

予約方法 パソコン・スマホ・アプリから予約

予約変更 何度でも手数料無料

商品 通常よりも若干安い価格で指定席を利用可能、早得商品

乗車方法 交通系ICカード(SuicaやICOCAなど)

以上がEX予約とスマートEXの主な特徴です。

見て分かるように両者の大きな違いはクレジットカード年会費商品の3つとなっています。

 

クレジットカード

クレジットカードはスマートEXの場合はお手持ちのクレジットカードであればどのような種類でも利用することができますが、EX予約の場合は対象のクレジットカードでしか利用できません。

EX予約はすべてのクレジットカードで利用できるわけではないという点に注意が必要です。

 

年会費

スマートEXでは年会費はかかりませんが、EX予約の場合は年会費として1100円(税込み)で払う必要があります。

EX予約はスマートEXよりも上位のサービスを提供しているので、EX予約には年会費が発生してしまうんですね。

ですが、年会費は1100円と安いので、得られるメリットを考えれば年会費は大きなデメリットにはなりませんね。

 

商品

EX早得21などの早得商品については、EX予約とスマートEXのどちらでも利用することができます。

指定席の割引については、スマートEXにおいても割引は行われていますが、例えば東京~新大阪間で値引き額は200円と大きな額ではありません。

対して、EX予約では東京~新大阪間であれば1100円と、スマートEXと比べて約5倍の値引きがされます。

以上3つがEX予約とスマートEXの大きな違いとなっています。

Kai
EX予約とスマートEXはどちらもほとんど同じサービスが提供されているので、見分けがつきにくいです。

両者の大きな違いは、使えるクレジットカードと指定席料金の割引(早得商品ではない)、年会費となっているので、そこに注目してどちらのサービスを使うかを決めるといいですね。

 

EX予約に関する疑問

つづいては、EX予約に対してよくある質問について紹介していきます。

EX予約は2人以上で利用できるのか、領収書はでるのかなどみなさんが気になる点についての回答もあるので、ぜひ参考にしていってください。

 

EX予約を本人以外や2人以上で利用したい

EX予約を利用すると新幹線の料金を安くすることができるので、「頻繁に新幹線に乗ることはないけど、安くなるならたまに使いたい」という方もいるのではないでしょうか。

そんな時、EX予約会員である他の誰かを通じてサービスを利用できたら便利ですが、電車の定期券などは本人以外が利用することはできないので、EX予約も会員以外利用できない、と思うかもしれません。

しかし、EX予約は定期券などとは異なり、会員(本人)以外の家族・友人も利用することができます。また、EX予約は会員を含めた2人以上で利用することも可能です。

このように、EX予約の利用は制約が少なく自由度が高いのでうれしいですね。

 

領収書は出るのか

仕事で新幹線をよく利用するという人にとっては領収書が出るのか否かは気になる点だと思います。

結論からいいますと、EX予約を利用して新幹線に乗車しても領収書はきちんと発行されるので、安心してください。

EX予約専用ICカードで乗車した場合は、新幹線乗車時に改札機から領収書が出力されます。

また、パソコン・スマホからエクスプレス予約にログインした後のメニュー画面「ご利用履歴・領収書の発行」で領収書を画面に表示することもできます。

安心して仕事でも利用することができますね。

 

予約していた列車に乗り遅れた場合は

予約していた列車に乗り遅れてしまった場合にはどうなってしまうのかというのも気になるところですよね。

EX予約の場合、予約していた列車に乗り遅れた場合でも予約していた列車と同一日出発・同一区間であれば、後続の列車の自由席に乗車することができます。

予約していた列車に乗れなければ終わり、ということはないので安心ですね。

しかし、予約していた列車に乗り遅れた場合、早得商品は適用されなくなってしまうので注意が必要です。

 

予約していた列車よりも早い列車に乗ることはできるか

先ほどの乗り遅れた場合と関連して、予約していた列車よりも早い列車に乗ることができるのかというのも気になるところです。

EX予約の場合、改札入場前・きっぷ受け取り前・予約した列車の出発時刻前であれば、何度でも、手数料なしで列車を変更することができるので、予約よりも早い列車に乗ることは可能です。

しかし、乗車当日の場合は、予約した列車よりも早い時間の列車の自由席にしか乗車することができません。

また、この場合も早得商品は適用されないので注意してください。

Kai

今回紹介した他にも、JR東海のEX予約ホームページ「よくあるご質問」にてさまざまな疑問に対する回答があるので、EX予約についてさらに質問があるという方はそちらも参照してみてください。

 

ANA・VISAワイドゴールドカード

引用:SMBC三井住友カードホームページ

ここまで、EX予約についてご紹介してきました。EX予約にはたくさんのメリットがあるということが分かっていただけたのではないかと思います。

このようにとても便利なEX予約ですが、その利用にはクレジットカードの登録が必要となります。

しかし、スマートEXとEX予約の違いのところでも説明したように、そのクレジットカードは何でもいいというわけではなく、EX予約では対象のクレジットカードを登録する必要があります。

そして、EX予約ではANA・VISAワイドゴールドカードを利用することが可能です。

ANA・VISAワイドゴールドカードにはどのようなメリットがあるのかについて、詳しく知りたいという方は下記の記事を参考にしてください。

ANA・VISAワイドゴールドカードで海外のラウンジを満喫しよう!

2020-01-23
Kai
ANA・VISAワイドゴールドカードは貯めたポイントをANAマイルに変換できるなど非常に便利なカードです。

ANA・VISAワイドゴールドカードを利用できるというのは、エクスプレス予約のもう一つのメリットといえるかもしれませんね。

 

まとめ

以上、EX予約について紹介してきました。

  • EX予約とは東海旅客鉄道株式会社(JR東海)が提供している、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)のネット予約&チケットレスサービスです。
  • EX予約を利用すると、普通に新幹線を利用するのと比べて安く新幹線を利用することができたり、早得商品といった割引を受けることができます。

また、EX予約の利用に際してはクレジットカードを登録する必要があり、対象のクレジットカードを用いる必要があります。

  • 対象のクレジットカードにはANA・VISAワイドゴールドカードも含まれているので、新幹線を利用しながらお得にANAマイルを貯めることができます。

みなさんもANA・VISAワイドゴールドカードでEX予約を利用して、早得商品などのメリットに加えて、ANAマイルをお得に貯めましょう!

ANA・VISAワイドゴールドのメリットとクレカ基本知識を紹介!

2019-11-01

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください