JRキューポをお得にためてANAマイルの交換やTポイントに活用しよう!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

引用:JR九州公式サイト

みなさんはJRキューポというポイントがあるのはご存じですか。九州にお住まいの方ならもうすでに利用されていたり、知っているという方もいらしゃると思います。

JR九州を利用しないから関係がないと思われるかもしれませんが、九州に住んでいない方にとってもメリットがあるんです。

ANAマイルをためている人やTポイントを利用されている人も必見ですよ。

今回はJRキューポとはどんなポイントなのか、ANAマイルやTポイントとからめてどう活用できるのか、詳しくお話していこうと思います。

 

JRキューポとは

JRキューポとは、JR九州の利用でたまるポイントをまとめてひとつにすることで、ポイントがたまりやすく使いやすくなるシステムのことです

 

JRキューポでまとめられるポイントは3種類あります。

  1. SUGOCA(スゴカ)でたまる「SUGOCAポイント」
  2. JQ CARDでたまる「JQポイント」
  3. 新幹線や特急列車のネット予約でたまる「eレールポイント」

引用:JRキューポ

JRキューポのポイントは、SUGOCAのチャージや各種ギフト券などの交換に利用できます。

また、SUGOCAは交通系のICカードの中でも珍しい乗車料金に応じてポイントがたまる電子マネーです。

Kai
ポイントを1つにまとめることができれば、マイルやTポイントに交換する時も手続きする回数を少なくすることができますよ。

 

ポイントをためるというと、ポイントカードを連想する人は多いと思います。

では、JRキューポにはポイントカードはあるのでしょうか?

 

JRキューポのポイントカードはあるのか

結論から言うと、JRキューポには決まったポイントカードはありません。

その代わりに、SUGOCAポイント・JQポイントの会員IDやカードにJRキューポがたまっていきます。

その後「おまとめ登録」をすることで、各ポイントを合算し利用することができます。

Kai
おまとめ登録のやり方については、後ほど説明します。

そして、ポイントには有効期限があるものが多いですよね。次はJRキューポの有効期限についてです。

 

JRキューポの有効期限は

引用:JR九州公式サイト

JRキューポの有効期限は、ポイントを獲得した月の2年後の月末です。

ただし、eレールポイントのみ2年後の翌月末までとJRキューポと比べて少しですが長くなっています。

Kai
統合前のJQポイントやSUGOCAポイントの有効期限と比べて長くなったので、ポイントを失効するリスクは少なくなったんですよ。

 

JRキューポのため方

JR九州の3つのポイントがJRキューポに統合されたことで、どのサービスを利用しても効率よくポイントをためることができるようになりました。

ここで、JRキューポの3つのポイントについてひとつひとつ解説していきたいと思います。

 

SUGOCAポイント

引用:JR九州公式サイト

SUGOCAとは、自動改札にタッチするだけで通過できるカードです。

Suicaと同じようなシステムなので、電車を利用して通勤や通学をしている人は特にためやすいポイントとなっています。

そのSUGOCAポイントは3つの方法でためることができます。

  1. 列車を利用する
  2. 自由席特急券を購入する
  3. 買い物をする

では、それぞれのため方について説明していきたいと思います。

 

<列車に乗るたびにポイントがたまる>

一回の乗車で、自動改札機で引き去った運賃×1%分のJRキューポがたまります。

SUGOCAはJR九州のほかに、福岡市地下鉄・西鉄電車・西鉄バスでも利用できますが、ポイントが付くのはJR九州での乗車のみなので、注意してください。

Kai
列車にのるだけでポイントがたまるので、電車通勤の方はどんどんたまっていきますね。

 

<自由席特急券の購入でポイントがたまる>

SUGOCAのカード残高を使って、自動販売機でSUGOCAエリア内の駅までの自由席特急券を購入します。

そうすることで、特急料金×5%分のJRキューポがたまります。

またSUGOCAのカード残高を使って、「JR肥後線・唐津線駅入場→福岡市地下鉄出場」または、「福岡市地下鉄入場→JR肥後線・唐津線出場」という利用をすると、乗車区間に関係なく、なんと10ポイントのJRキューポがたまります。

引用:JR九州公式サイト

Kai
電車をよく利用する方は、ぜひSUGOCAを利用してポイントを獲得しましょう。

 

<買い物するほどポイントがたまる>

SUGOCAを利用してJRキューポ対象加盟店で買い物をすると、200円ごとに1ポイントのJRキューポがたまります。

コンビニやドラッグストアなど、普段からよく買い物するお店が加盟店になっているので、ポイントがためやすいです。

Kai
ほかにもたくさんのお店が加盟店として参加しているのでチェックしてみてくださいね。(ポイント加盟店はこちら)

 

JQポイント

引用:JQカード公式

初めに触れましたが、JQポイントはJQカードを利用することでポイントがたまります。

そのJQカードとは、JR九州が各カード会社と提携し発行しているクレジットカードのことで、買い物・列車利用をすると200円につき1ポイントのJRキューポがたまります。

Kai
また、JQゴールドカードでは還元率が2倍なので、年間の利用金額が大きいという人はゴールドカードもおすすめですよ。

 

そして、このJQカードを使ったポイントのため方はいろいろあります。

  • ネットショッピング
  • 列車予約
  • SUGOCAへのオートチャージ
  • 通勤・通学の定期券の購入
  • 水道、光熱費や携帯料金、家賃などの月々の支払い

いろいろとポイントをためる方法があるJQカードですが、大きなメリットとしてカードを発行後1カ月はアミュプラザで5%オフの優待特典があります。

さらに、入会して1カ月が過ぎてもアミュプラザの店舗ごとに優待日があるなど、他にも特典があります。(JQカードのお得な特典の詳細はこちら)

Kai
生活から切り離せない支払いなので、JQカードでまとめて払うことにより、かなりのポイントがためることができますね。

 

eレールポイント

このポイントは、新幹線や特急列車のネット予約でためることができます。

下記の通り、特に九州内の利用がお得です。

JR九州内完結の利用の場合

山陽・東海道新幹線(博多~東京)などのJR他社線の利用の場合

100円につき1ポイント

200円につき1ポイント

JR九州の列車予約をするにはWeb会員になる必要があり、JR九州Web会員になると、以下のようなメリットがあります。

  • 24時間利用が可能
  • パソコンスマホで簡単購入
  • ネット限定の割引きっぷの購入
  • きっぷの受け取り前なら何度席を変更しても無料
  • コンビニ支払いが可能
Kai
Web会員になれば、お得にポイントがためられますね。

 

JRキューポを便利に使う「おまとめ登録」のやり方

先ほどお話したように共通のポイントカードはなく、各サービスのカードやIDにポイントがたまっていきます。

JRキューポを効率よくためて使うには、それぞれのサービスでためたポイントをおまとめ登録をしておきましょう。

ポイントのまとめ方

  1. JRキューポを検索する
    引用:JRキューポ
  2. JRWeb会員の方はIDとパスワードを入力する。(または新規会員登録)
    引用:JRキューポ
  3. お持ちのJQカード、SUGOCAを登録する
    引用:JRキューポ
  4. おまとめ完了

このように、ポイントはとても簡単にまとめることができます。

おまとめ登録することで、JRキューポを使ったSUGOCAのチャージやアミュプラザのお買物券への交換がやりやすくなります。

Kai
難しいと思っていたり、めんどくさそうだと思っていた方はぜひこの機会にまとめてみてはいかがでしょうか。

そして、上記の方法でためたポイントは、ANAマイルに移行することができます。

 

JRキューポはANAマイルにも交換できる

JRキューポはJR九州のポイントプログラムなので、関係ないかと思われるかもしれませんが、九州に住んでいない人にもメリットがあります。

それは、JRキューポはANAマイルに交換することができるということです。

上記でJRキューポはJQカードというクレジットカードを使うことでためられると説明しましたが、JQカードにもいろいろな種類があります。

その中でも、ANAマイルに交換するのであれば「JQ SUGOCA ANA」というカードがおすすめです。

 

JQ SUGOCA ANA

引用:JQ SUGOCA ANA公式

JQ SUGOCA ANAは、一枚でSUGOCA・JQカード・ANAマイレージクラブカードが一緒になっているとても便利なカードです。

クレジットカードの利用でJRキューポがたまったり、SUGOCAのオートチャージができるのはもちろん、たまったJRキューポはANAマイルに相互交換できます。

補足
<ANAマイル→JRキューポへの交換>
100%の等価交換ですが、年度内(4/1~翌年3/31)の各種ポイントへの交換したマイルの累計が30,000マイル以降は50%(ANA10,000マイル→JRキューポ5,000ポイント)での交換です。

<JRキューポ→ANAマイルへの交換>
50%での交換になるので、JRキューポ1,000ポイント→ANA500マイルでの交換です。

最後にJQ SUGOCA ANAの基本情報をご紹介しておきたいと思います。

  • 年会費:年1回の利用で無料(利用がない場合、税別1250円かかる)
  • カード発行会社:JCB
  • たまるポイント:JRキューポ
  • 提携先機能:ANAマイレージクラブ機能
  • 提携先のポイント交換:ANAマイルへの移行が可能
Kai
年に1度でもカードを使えば、年会費が無料になるのはすごいですよね。

そして、このカードを発行する時に一工夫すれば、より多くのポイントを得ることができるのです。

 

ポイントサイトを利用してお得にJQ SUGOCA ANAを発行しよう

カードを申し込むときに公式サイトから手続きをしてしまうと、マイルを取りこぼしてしまいます。

ポイントサイトからJQ SUGOCA ANAを申し込めば、お得に発行することができるのです。

Kai
クレジットカードはポイントサイトを経由することでお得に発行できますが、2020年4月6日現在はJQ SUGOCA ANA案件がありません。

ですが、案件はいつ復活するか分かりませんので、カード申込時は「どこ得」でJQ SUGOCA ANA案件があるか確認してください。

 

ポイントサイトは、隙間時間をつかってお小遣い稼ぎができるので主婦層から特に人気があります。

そして、ポイントサイトは数多くありますが、その中でもおすすめなのがこちらのサイトです。

  • Hapitas(ハピタス)
  • moppy(モッピー)
Kai
どちらのサイトもマイルがたまりやすいサイトとして、陸マイラーからとても人気がありますよ。

それでは、それぞれのサイトについて簡単に説明したいと思います。

 

<ハピタス>ハピタスは「楽天」「Yahoo!」などの人気ショップと提携しており、ポイント数や還元率が業界最高水準となっており、登録料・年会費は無料です。

大量にポイントがためられるポイントサイトとして陸マイラーから絶大な人気を誇る登録必須のポイントサイトとなっています。

 

<モッピー>
モッピーもハピタスと同じく登録料・年会費が無料で、多くの人気ショップとていけいしています。

モッピーはAmazonの還元率が高いので、特にAmazonユーザーから人気があります。

ポイント交換は最低500ポイントや1,000ポイントからというサイトが多いですが、こちらのサイトは300ポイントから交換が可能です。

Kai
どちらもマイルをためるためには重要なポイントサイトなので、まだ会員ではない人はこの機会に会員登録することをおすすめします。

 

今までクレジットカードでためたJRキューポをANAマイルに移行できるとお伝えしてきましたが、他の方法でためたポイントもANAマイルに変えることができます。

直接交換ではなく、JRキューポをTポイントに変えて、そのTポイントをマイルに交換するのです。

まずは、TポイントをANAマイルに移行する説明をしていきたいと思います。

 

TポイントからのANAマイル交換

通常であれば、TポイントからANAマイルへ交換すると50%のポイント交換になります。(期間固定Tポイントは直接交換不可。関連記事→期間固定TポイントとTポイントのANAマイルへの交換方法教えます!)

ですが、ミズホルートと呼ばれる交換手順を踏むことにより、交換率を70%にまで引き上げることができるのです。

この場合は、ためていたTポイントをJRキューポに交換してからANAマイルに交換するととてもお得ですし、Tポイントも有効に使えます。

 

そして、Tポイント1,000ポイントを移行すると仮定した場合、このような流れでANAマイルに変わります。

Tポイント 1000ポイント
  ↓
JRキューポ(JQセゾンカード使用) 1000ポイント
  ↓
永久不滅ポイント(みずほマイレージクラブカードANA使用) 200ポイント
  ↓
ANAマイルに交換 700マイル
Kai
JRキューポから永久不滅ポイントに交換した時に、一見ポイントが減っているように思えますが、ポイントの単位が違うだけで、価値は同じですよ。(永久不滅ポイントは1ポイント=5円の価値)

 

黄枠の中にありますが、このミズホルートを使うためには「JQセゾンカード」「みずほマイレージクラブカードANA」という2種類のクレジットカードが必要となります。

どちらのカードも年会費は実質無料ですので、発行してお得にTポイントをマイルに変えましょう。

Kai
先ほどの紹介しましたが、カード申込時はポイントサイトから申し込むことを忘れないでくださいね。

これらのクレジットカードの詳細や移行手順などは、こちらの記事に記載があるので、ぜひご覧ください。

「還元率70%」TポイントをANAマイルに交換する方法!JRキューポと永久不滅ポイントを解説!

2020-02-13

 

以上がTポイントをマイルに変える説明となります。

直接交換するよりも高い交換率でマイルに移行できるミズホルートですが、このルートはに交換できるようになったことを受け開通しました。

そして、Tポイント→JRキューポだけでなく、TポイントとJRキューポは相互交換することができるのです。

 

Tポイント⇔JRキューポの相互交換が可能に

引用:JRキューポ

以前はJRキューポ→Tポイントにのみの交換だけでしたが、2019年3月25日からTポイント→JRキューポへもポイント交換できるようになり、相互交換が可能になりました。

Tポイント1ポイント=JRキューポ1ポイントで、等価交換できます。

引用:Tサイト

 

ポイントを交換をするには、JR九州web会員への登録、Tカード番号が登録されたYahoo JAPANのIDでTサイトへそれぞれログインし行っていきます。

  • JRキューポ→Tポイントへの交換はJRキューポWebサイトへログイン(JRキューポWebサイトはこちら)
  • Tポイント→JRキューポへの交換はTサイトへログイン(Tサイトはこちら)
Kai
Tポイントをためている人は多いので、相互交換ができるのは嬉しいですね。

 

JRキューポはさまざまなものに交換できる

JRキューポはANAマイルへ移行する以外にも、以下のような使い道があります。

  • SUGOCAにチャージする
  • 買い物に使う
  • ギフトやお食事券と交換する
  • 提携ポイントへ交換する

 

<SUGOCAにチャージ>
1ポイント1円として、100ポイント単位でSUGOCAにポイントをチャージして乗車やSUGOCA電子マネー加盟店などで利用できます。

ポイントは、ポイントチャージ機能付き自動販売機でチャージできます。

 

<買い物に使う>
各アミュプラザインフォメーション付近に設置されたポイント交換機で、アミュプラザショッピングチケットへの引換券を発行します。(交換機設置場所はこちら)

引換券をインフォメーションにてその場でショッピングチケットに交換できます。

 

<ギフトやお食事券との交換>
JR九州グループで利用できるギフト券やお食事券、特選商品などに交換できます。(交換一覧はこちら、各地のおすすめグルメ一覧はこちら)

 

<提携ポイントへの交換>
ポンタポイント、Gポイント、Tポイントなどの提携パートナー各種ポイントに交換できます。引用:JRキューポ

Kai
使い道が多いと、自分が一番欲しいものを得ることができるのでいいですね。

 

おわりに

最後にこの記事のまとめです。

  • JRキューポはJR九州の利用でたまる「SUGOCAポイント」「JQポイント」「eレールポイント」を1つにまとめたもの
  • JRキューポには特定のポイントカードはなく、SUGOCAポイント・JQポイントの会員IDやカードにポイントがたまる
  • JRキューポには有効期限があり、ポイントを獲得した月の2年後の月末となっている
  • 3つのポイントによって、ポイントをためる方法が異なる
  • 3つのポイントをまとめるには「おまとめ登録」が便利
  • JRキューポはANAマイルに交換できる
  • ANAマイルを効率よく獲得するにはクレジットカードが必要
  • クレジットカードの申込はポイントサイトからがお得
  • JRキューポはTポイントとの相互交換が可能
  • JRキューポの使い道はいろいろあるので、自分に合ったものを選べる

これまでそれぞれでためていたポイントをJRキューポにひとつにまとめることで、効率よくポイントがためたり、お得に利用できるようになったのはうれしいですよね。

ANAマイルTポイントに交換したりと、JRキューポは使い方の幅が広がるので自分のライフスタイルに合わせて活用できます。

九州に住んでいる方も、そうでない方もポイントを効率よくためて、大好きな家族と旅行にお買い物にぜひ活用してくださいね。

月曜日はウエルシアで大量Tポイントを貯めてANAマイルに交換!

2019-10-31

 

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください