レンタカーでグアムを満喫!早朝から深夜まで空港カウンターにお任せ!

スポンサーリンク

「マイルを貯めて、もっとお得にグアムへ行こう!」

Kai
マイルは「フライト」や「クレジットカード決済」でしか貯まらないと思い込んでいませんか?
日常生活で大量にマイルを貯めてお得にグアムへ行きましょう!誰でも簡単に取り組めます。新婚旅行や家族旅行、旅費を抑えて浮いたお金で美味しいものや欲しかったものを買っちゃいましょう!

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

海外旅行でグアムに行こうと決めたら、せっかくだから現地に早めについて、初日も早朝から時間をめいっぱいに使って楽しみたいと思う事もありますよね。

そのため深夜や早朝にグアムに着く飛行機で移動をすることもあると思います。

そんな方にうってつけの移動手段は、やはり自由度の高いレンタカーではないでしょうか。

グアムへ旅行へ行く場合、多くの観光地はタモン地区周辺にあり、そこからバスなどで移動することができます。

しかし何度もグアムへ行った事があるかたや、格安ツアーのホテルを使っている場合など、公共交通機関も時間帯によっては思うような行動をできない恐れもありますよね。

そんな時にはぜひレンタカーをご検討ください。

 

レンタカーって必要?

グアムでは観光地のほとんどをバスで回る事ができますが、例えばグアム南部の雄大な景色を見たり、観光地ではなくもっとローカルな雰囲気を楽しみたいといった場合には、車が無ければ不便なことも多々あります。

何度もグアムへ旅行をしたことがある方などは、いつもは行ったことないような場所に行きたいと思う事もありますよね。

そんな時こそレンタカーの出番ではないでしょうか。

南の島を車で自由に駆け抜けると何だかいろんなことから解放されて、一気にリフレッシュできるので、わが家では長期で滞在するときには必ず1日はレンタカーを借りて好きなところ行く日を作っています。

郊外へ足を延ばすだけでなく、ショッピングをたくさんするときなども、荷物の量や大きさをあまり気にしなくて良いので、とても便利で助かっています。

 

グアムの車事情

グアムで車を運転するとなると気になるのは、交通制度ではないでしょうか。

グアムでは日本で取得した免許証で車の運転をすることができます。

しかし、海外で運転をしたことがない人からすると、グアムに限らず『日本と海外では交通ルールが違うから運転するのは怖い』とお思いのかたも多いと思います。

でも少し運転するとすぐに慣れてくると思いますよ。

グアムはアメリカ国土なので、基本は左ハンドルの右側通行です。

それに伴い、左折専用斜線というものがあります。日本で言う右折レーンのようなものですね。

そしてなんと右折は赤信号でも進むことができるのです。

しかし場所によっては標識で禁止されている所ももちろんありますので、確認をしながら慎重に進みましょう。

そしてもう一点日本とは大きく違う交通ルールがあります。

それはスクールバスに関してのルールです。

グアムではスクールバスが停車しているときは、同一車線に限らず反対車線を走行中のすべての車が停止しなければなりません。

レンタカーを借りる際には、必ず注意すべき交通ルールやマップそして、標識の一覧表などをもらう事ができるので、運転前に必ず確認をして慣れるまでは特に慎重に運転をするようにしましょう。

せっかくのレンタカーでの自由な旅を楽しんでいるのに、交通違反で捕まってしまっては台無しですよね。

しっかりと確認して注意して運転するようにしましょう。

 

レンタカーを予約しよう

レンタカーを利用することが決まったら、出発前に日本で予約をしていくようにしましょう。

今回は日本で予約をしていくメリットをご紹介します。

1.現地でのレンタル手続きの短縮

レンタカーを現地で行うには、レンタカー会社の窓口、もしくは観光案内などのツアーカウンター・ホテルでレンタカーの手続きをする必要があります。

しかしいざ借りたいと思っても近くに借りたい会社の窓口が無かったり、泊っているホテルではレンタカーの受付を行っていなかったり、窓口やカウンターへ行けたとしても手続きには時間がかかってしまうため、ちょっと時間がもったいないですよね。

せっかくのグアムを自由に旅するなら、時間をフルに活用していきたいところです。時間を有効に使ってできる限り楽しみましょう。

2.空き状況・希望車種の確保

ハイシーズンかどうかなど、旅行の時期やその時の状態にももちろんよりますが、グアムに行ってからレンタカーの手続きをする場合、比較的よくおこる事例として希望車種が空いていないという事があります。

実際、カップルでの旅行・家族での旅行となると、どの旅行者もある程度同じような車を選ぶ傾向があり、人気車種は決まってきてしまいがちです。

残っているのは、希望車種と同じ人数しか乗れないのにレンタル代金が高額な、いわゆる高級車であったり、特殊な車種であったりと、希望のものに乗れない事もありえます。

レンタカーを借りる時には車種や代金なども重要になってくると思いますので、日程や借りたい車種などを早めに決めて、出発する前に日本で予約しておくようにしましょう。

その他、レンタカー会社によっては、早めのネット予約で代金の割引などを行っている会社もありますよ。

ご自身が乗りたい車などがある程度決まってきたら、プランをしっかりと確認してから予約することをオススメします。

いくつか日本での早めの予約がオススメの理由を挙げてみました。

グアムの旅を最高に楽しむためにも、しっかりと事前準備をして、好きな車をお得に使えるといいですよね。

 

空港からのレンタカーと返却

せっかくグアムにいくのだから、前日の深夜から当日の朝早くに到着して、できるだけグアムの滞在時間を確保し時間を有効に使って遊びたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。

時間帯によっては公共の交通機関が止まっていて他の手段での移動をしなければならない事も考えられますよね。

そんな時、タクシーを使ってホテルに移動するのもいいですが、こんな時こそレンタカーを使ってみてはいかがでしょうか。

グアム国際空港では24時間体制でレンタカーの受付ができるカウンターがあります。

事前予約をしておけば、カウンターで受付をした後、空港のロータリーから直接レンタカーを借りて移動することができるので、荷物などの搬入も自分のペースで行う事ができますし、そのまま朝早くから行動したいときなどにはうってつけです。

空港からは貸し出しだけでなく、返却もできるので、最終日にしっかり遊んで荷物をたくさん抱えて最終便で帰るなど、帰国の時の大掛かりな移動にも大活躍です。

もちろん返却も空港カウンターで24時間受け付けてもらう事ができますよ。

レンタカーですから、利用する便に合わせて自分たちのペースでゆったりと移動できることもメリットの一つですよね。

空港カウンターのあるレンタカーは?

グアム国際空港にツアーカウンターがあるレンタカー会社は3つあります。

ダラーレンタカー・エイビスレンタカー・ニッサンレンタカーです。

この3社全ての受付が24時間OKになっているので、ここで気になってくるのは取り扱い車種と料金の違いなどではないでしょうか。

というわけで、次は会社ごとに一般的な料金の比較をしていきます。

 

レンタカーの料金比較

空港にツアーカウンターを設けている3社の料金の1例をご紹介していきます。

どれも24時間以上レンタルをする場合のプランで算出された24時間当たりの金額です。

会社ごとについているオプションが違いますので、予約をする前にもう一度それぞれのHPでしっかりと確認をしてから予約するようにしてください。

ちなみに日本円表記とドル表記の会社に分かれていましたので、このページでは会社ごとの料金表記に合わせて記載しています。

細かい料金比較をなさりたい場合は為替レートで日本円の確認をして計算されると良いですよ。

参考までに、2018年12月現在 1ドル=113円前後です。

ダラーレンタカー

  • A-Specialエコノミータイプ        25.00ドル~29.00ドル

定員:5名 荷物:大×1・小×1 禁煙 AT チャイルドシート2台まで

  • B-classコンパクトタイプ         39.00ドル

定員:5名 荷物:大×1・小×2 禁煙 AT チャイルドシート2台まで

  • C-class中型セダンタイプ         49.00ドル

定員:5名 荷物:大×1・小×2 禁煙 AT チャイルドシート2台まで

  • D-classmart-Mercedes          26.00ドル

定員:2名 荷物:小×2 禁煙 AT

  • RV-classSUVタイプ       52.00ドル

定員:5名 荷物:大×2・小×2 禁煙 AT

  • F-classオープンカー       78.00ドル

定員:4名 荷物:大×1・小×1 禁煙 AT

  • W-classミニバン・ワゴンタイプ 79.00ドル

定員:7~8名 荷物:大×2・小×3 禁煙 AT 

  • L-class皮卡車           68.00ドル

定員:4名 荷物:大×3・小×3 禁煙 AT

【上記料金に含まれるサービス】

自動車損害賠償保険・自車輌損害補償制度・空港施設使用料・チャイルドシート(3台まで)・追加運転手1名・走行距離無制限

【追加運転手】1名追加・1日:5.00ドル

【カーナビ】 1日:8ドル

【乗り捨て】 タモン・タムニング地区:10.00ドル / 空港・レオパレス・スターツ:20.00ドル

【チャイルド】ベビーシート(0~1才)・チャイルドシート(1~4才)・ジュニアシート(4才以上)

その他、タモン・タムニング地区や空港近辺のホテルへの無料送迎が付いてきます

ダラーレンタカーではチャイルドシートが3台まで料金に含まれているので、お子さんの多いご家庭にはオススメかもしれません。

プランによって内容や料金も変わりますので、希望のプラン内容をしっかりと確認してから予約するようにして下さい。

エイビスレンタカー

  • C  CCAR / コンパクト2/4ドア             12,200円

定員:5名 荷物:大×1・小×2

  • D  ICAR  / インターメデュエイト2/4ドア  12,800円

定員:5名 荷物:大×1・小×2

  • E  FCAR / フルサイズ2/4ドア        14,800円

定員:5名 荷物:大×2・小×2

  • K  STAR / コンバーチブル         19,000円

定員:4名 荷物:大×1・小×2

  • M  MVAR / ミニバン             18,800円

定員:7名 荷物:大×1・小×1

  • P  IFAR / スポーツユーティリティー      17,800円

定員:5名 荷物:大×2・小×2

【支払い方法】

  • 円建て

出発の7日以上前までに予約を完了させます。出発前にE-チケットを日本で購入するため、日本円で支払いを済ませることができます。為替の動きを気にしなくて良いのがうれしいポイントですね。

他にも保険フルカバー・税金込み・ガソリン空返却OKと嬉しい特典満載です。

  • 現地通貨建て

予約のみを出発前に日本で完了させ、グアムについてから現地にて運転者名義のクレジットカードで決済を行います。

保険は基本的な2つが付いていて、任意保険などはオプションで追加することができます。

その他、追加料金を支払ってつけられるオプションや諸経費についてはコチラです。

  • 任意保険
  • 追加ドライバー
  • 装備品レンタル
  • ガソリン前払いサービス
  • 空港施設使用料
  • 車両登録料
  • ガソリン満タン返し

エイビスレンタカーにはカーナビがないのが少し残念ですが、今はスマホなどで簡単にナビをすることができるので、あまり気にしなくてもいいのかなという印象もあります。

プランは様々ですので、ご自身の旅程にあったプランをしっかりと吟味して選ぶことがポイントです。

エイビスレンタカーは、色んなオプションを自分で選ぶことができるものも多いので、必要なものだけをつけてプランニングすることができますよ。

ニッサンレンタカー

  • Versa / ヴァーサ  通常:71.00ドル ➡ ネット:48.00ドル(車両免責込み)

中型セダン 4ドア AT エアコン付き 

  • Cube / キューブ   通常:71.00ドル ➡ ネット:57.00ドル(車両免責込み)

2BOX 4ドア AT エアコン付き

  • Sentra / セントラ   通常:71.00ドル ➡ ネット:50.00ドル(車両免責込み)

2BOX 4ドア AT エアコン付き

  • Altima / アルティマ   通常:82.00ドル ➡ ネット:62.00ドル(車両免責込み)

フルサイズ 4ドア AT エアコン付き

  • Rogue / ローグ   通常:82.00ドル ➡ ネット:68.00ドル(車両免責込み)

フルサイズ 4ドア AT エアコン付き

  • Quest / クエスト  通常:120.00ドル ➡ ネット:108.00ドル(車両免責込み)

7人乗りバン 4ドア AT エアコン付き

  • Crew cab / クルーキャブ 通常:116.00ドル ➡ ネット87.00ドル

2WDトラック 4ドア AT エアコン付き

【その他追加料金】

  • 空港使用料:50セント
  • 空港免許税金:11.11%
  • 空港設備使用料:50セント
  • 車両登録料:3.00ドル

ニッサンレンタカーでは今回ご紹介したプランに限らず、全てのプランで超過距離料金なし(フリーマイレージ)となっていました。

また車種によっては、2日間以上のレンタルでガソリンを1タンク分サービスしてくれるものもありましたよ。

そして何と言ってもネット予約の値引きは嬉しいですね♪

 

まとめ

今回はレンタカーについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

確かにグアムではレンタカーをしなくても、しっかりと観光地を回ることができますし、南の島を満喫することができます。

タモン地区だけでも、ショッピングからアクティビティ・観光に至るまで十分に楽しむことができるのもグアムの魅力の一つですものね。

でもせっかくグアムに行くのであれば、時間を気にせず家族や恋人との時間をレンタカーを使って、めいっぱい楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

南の島ならではの風景の中、風をきって走るのは本当に気持ちが良くてレンタカーを返す時は少し寂しく感じてしまいます。

また、レンタカーを借りて普段バスがあまり通っていないような、ローカル地域を探索してみるのもいいですが、ゆっくりとショッピングするときにもレンタカーはオススメですよ。

たくさんの荷物を気にすることなくお買い物をすることができますし、バスでしか行くことのできないショッピングモールやカフェなど、観光客で込み合う前に行くことができるので、比較的スムーズに行動することができるでしょう。

とっても便利なレンタカーですが、いつもと違う場所でいつもと違う交通ルールで車の運転をするため、十分に注意して運転する必要があります。

慣れない土地と環境の中での運転はちょっとしたことで回りが見えなくなってしまう事もありますから、意識して安全運転で行動するように努めてくださいね。

また交通ルールを守るというのはもちろんですが、レンタカーを使って遠くのビーチなどへ遊びに行ったりする場合は、たとえお子さんであったとしても車内のシートなどを濡らさないように注意したり、車内を清潔に保つなど、マナーもしっかり守って行動するようにして下さい。

返却時に車内が汚れていたりする場合、追加料金を取られるというのも珍しくないのです。

レンタカーを使用することで注意しなければならない事もたくさんありますが、自由に動けることで自分達らしい旅をすることができ、よりグアムを満喫できるのは言うまでもありません。

レンタカーを使って大切な人達と過ごす、最高に楽しいグアム旅行をしましょう。

「旅費の見積りはしましたか?」

Kai
自宅で簡単に、しかも無料で複数の会社に一括見積りできます
少しでもお得にと思うのなら必ず数社から見積もりを取ってください。各地域を専門に取り扱う旅行会社が日程や予算等、要望に合わせて最適なプランを無料で作成・提案してくれます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください