グアムの交通手段はシャトルバス・タクシー・レンタカーの3種類!

スポンサーリンク

「マイルを貯めて、もっとお得にグアムへ行こう!」

Kai
マイルは「フライト」や「クレジットカード決済」でしか貯まらないと思い込んでいませんか?
日常生活で大量にマイルを貯めてお得にグアムへ行きましょう!誰でも簡単に取り組めます。新婚旅行や家族旅行、旅費を抑えて浮いたお金で美味しいものや欲しかったものを買っちゃいましょう!

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

日本からの観光客が8割を占めるグアム。日本人ってグアム好きが多いんだなと感心してしまいます。行くたびに新しい発見があるので、リピーターも多いのかもしれませんね。

僕もその一人なんですが、毎年家族でグアム旅行の計画を立てています。

”〇〇にランチを食べに行く” 

”〇〇でショッピングをする” などなど。

「じゃあ何で行く?」と、現地で妻に突っ込まれ、慌てた時のことを思い出します(笑

今では、交通手段も計画の時に考えるようになりました。

そんなグアムでは、主な交通手段として次のようなものがあります。

  • シャトルバス赤いシャトルバスやH.I.S.グアムのバスなど)
  • タクシー
  • レンタカー

一つずつご紹介していきます。

一番メジャーな赤いシャトルバス

ラムラムツアーズが運行している「赤いシャトルバス」複数路線があるため、グアムの至る所で目にすることができます。

グアムの観光客にとっては一番メジャーな交通手段です。

運行エリア

運行エリアは、ホテルの多いタモンとタムニングのエリア、ショッピングモール、空港、観光地恋人岬などがあります。

アクセスにとても便利で、僕もよく利用しているバスになります。

タモンシャトル 北廻り・南廻り
ショッピングモールシャトル
Tギャラリア ⇔ Kマートシャトル
GPO ⇔ レオパレスシャトル
空港行きシャトル
恋人岬シャトル
チャモロビレッジナイトシャトル
朝市シャトル

赤いシャトルバス路線図はこちら(ラムラムツアーズ)

宿泊するホテルから買い物などに行くときに、よく使っているシャトルバスをご紹介します。

タモンシャトル

まず乗るのがタモンシャトルで、たくさんのホテルが立ち並ぶホテルロードを運行しています。

[北廻りルート] 

グアムプレミアアウトレット(GPO)からホテルロード沿いの各ホテルを経由し、マイクロネシアモール間を結びます。

[南廻りルート] 

逆ルートで、マイクロネシアモールからホテルロード沿いの各ホテルを経由し、グアムプレミアアウトレット(GPO)へ向かいます。

ショッピングモールシャトル

一本内陸側を運行する、ショッピングモールシャトルも便利。

アガニャショッピングセンター⇒グアムプレミアアウトレット⇒Kマート⇒マイクロネシアモール⇒Kマート⇒グアムプレミアアウトレットのルートで運行しています。

「ホテルから買い物へ」と先ほど言いましたが、一つ難点があるんです。

このショッピングモールシャトルは、ホテルがたくさんあるホテルロードを通らないため、このルートに出るために一つ乗り継ぎが必要となります。

この乗り継ぎに使うのが、次で紹介するシャトルです。

Tギャラリア⇔Kマートシャトル

Tギャラリア⇒JPスーパ-ストア⇒Kマート⇒Tギャラリア間を20分間隔でピストン運行しています。

このシャトルでも、ショッピングの”はしご”に便利ですが、さらにショッピングの足を伸ばしたい時は、次の手段で。

先ほどの、タモンシャトルからの乗り継ぎにこのシャトルを使います。

タモンシャトル(北廻り)で、Tギャラリア又はJPスーパーストアで降りてこのシャトルに乗り込みます。

あとはKマートまで乗っていけば、ショッピングモールシャトルのエリア内に到着します。

この方法で各シャトルバスを利用し、宿泊しているホテルからショッピングに繰り出せるという訳です。

チケット料金

ショッピングで乗る他に、観光スポットへ行く場合のお得なチケットも揃っています。

一度は見ておきたい恋人岬も、乗車券・展望台入場券セットのチケットでお得でした。

チケットの種類 料金
1回チケット $4
Day Pass 1日チケット $10
2日チケット $15
5日チケット 大人: $25  子供: $13 
Time Pass 3時間チケット $3
6時間チケット $6
 

子供乗り放題チケット(6~11歳)

$13
空港・観光ルート

空港行きチケット(24時間有効)

 $7
恋人岬シャトルトクトクチケット (往復乗車券+恋人岬展望台入場券付)   $10
チャモロビレッジナイトシャトルトクトク往復チケット  $7
朝市シャトルトクトク往復チケット (開催日の土・日早朝のみ)  $7
6歳未満は無料

赤いシャトルバス時刻表はこちら(ラムラムツアーズ)

チケットの購入場所

では、チケットはどこで買える?主なチケット売り場は次の通りです。

  • グアム国際空港
  • Tギャラリア グアム by DFS
  • グアムプレミアアウトレット(GPO)
  • マイクロネシアモール
  • Kマート

この他に、ホテルに入っているツアーデスクバスのドライバーからも購入可能です。

 

H.I.S.グアムのバス【レアレアトロリー】

先に紹介した赤いシャトルバスとこのレアレアトロリーは、同じような運行ルートを走っていますが、運営する会社は全く違うため、停留所やチケットは異なります。

「レアレアトロリー」は、主にH.I.S.のツアー申し込み者向けの送迎バスなんです。

ですが、H.I.S.のツアーを使ってない個人旅行客も、バスのチケットを事前に購入し利用することは可能です。

運行エリア

4つの無料コース(ツアー申し込み者のみ無料)と2つの有料コースがあります。

赤いシャトルバスもなかなか好きなんですが、こちらは冷房がきっちり効いていて、しかも広々乗れる感じでした。

荷物が多い場合などは、気兼ねしなくて済むかもしれませんね。

無料コース

ホテルコース
ショッピングセンターコース
ラウンジコース
アガニアショッピングセンターコース

有料コース

 

チャオフリーマーケットエクスプレス(土曜日・日曜日の朝のみ運行)
チャモロビレッジエクスプレス(水曜日のみ運行)

レアレアトロリー路線図・停留所などの詳細はこちら(H.I.S.)

チケット料金

もちろんツアー申し込みの方は、無料コースは料金がかかりません。

ツアーでない個人旅行の方も、事前にチケットを購入できますので、レアレアトロリーに乗ってみてください。

5日間フリーパス 大人$20
子供$8(6~11歳)
チャオフリーマーケット エクスプレス 往復チケット$7
チャモロ  ビレッジ  エクスプレス 往復チケット$7
5歳以下無料

以前は1週間フリーパス($18、11歳以下は無料)があったのですが、日数が短くなり、値上げと子供料金もかかるようになってしまったのは少し残念です。

チケットの購入場所

チケットの購入ができるレアレアラウンジは、ザ・プラザの中のアンダーウォーターワールド内、1階と2階にそれぞれあります。

また、宿泊しているホテルでも購入できるところがあります。ツアーデスクがあるホテルや施設は次の通りです。

  • グアムプラザホテル
  • ヒルトングアムホテル
  • グアムリーフホテル
  • ロイヤルオーキッドホテル
  • オンワードホテル
  • Tギャラリア内

 

目的地へ楽に直行できるタクシー

何と言っても、「目的地直行のタクシーはやっぱり便利」なんですよね。バスと違って、停留所や時刻表とにらめっこしなくていいんですから。

人数によっては、バスよりお得だったかもなーとしばしば思う事もありました。

しかし、タクシーを利用するとしたら、料金は?チップは?車内に忘れ物をしたら?ぼったくりのトラブル?など何かしら心配が付き物です。

タクシーを利用する場合、知っておきたい事をいくつかあげていますので、参考にして下さい。

政府公認タクシーで安心

せっかく旅行でグアムに来ているのに、トラブルがあっては楽しめません。夢のリゾート地であっても、不法タクシーは残念ながら走っています。

ぼったくりなどの被害に遭わないために、グアム政府から許可を得て、営業しているタクシー会社を選ぶことが第一だと思います。

そこで、グアムでも一番ポピュラーなMikiタクシー」利用をおすすめします。

もちろん政府公認ですし、グアム内の全てのホテルと提携しているので、宿泊ホテルでタクシーを頼むとMikiタクシーが来ます。

もしも車内に忘れ物をした場合でも、政府公認のタクシーだと安心できますね。また、車内ではWi-Fiが無料で利用できるのも嬉しいサービスです。

Mikiタクシーについてはこちら

料金

気になるものの一つは料金ですね。グアムのタクシーはメーター制になっています。

初乗り料金に走行距離、停車時間が加算されます。

政府公認タクシー料金
初乗り料金 $2.40
最初の1マイル(1.6㎞) $4
その後の1/4マイル(400m)毎 $0.80
待機時間(停車2分毎) $0.80
荷物代(1個につき) $1

表内の荷物代とは、トランクに積み込むような大きな荷物(スーツケースなど)で、1個につき$1の追加料金が掛かります。

タクシーを手配する方法

  • ホテルから乗車の場合

宿泊しているホテルに頼めば、タクシーを呼んでもらえます。

目的地が主要なショッピングセンターや有名なレストランなどであれば、日本語英語でも通じます。

目的地によって、通じるか少し不安があれば、メモを控えてドライバーに見せる、スマホなどで検索したお店や地図を見せるなどして伝えましょう。

空港へ向かう場合も、大概ホテルにはタクシーが待機しているので、こちらも心配はないです。もしもタイミングが悪く、待機していない時も、ホテルに頼んで呼んでもらいましょう。

  • ショッピングセンターやレストランから乗車の場合

主要なショッピングセンターにはタクシー乗り場があるので、ここから乗車できます。

タクシー乗り場にはタクシー会社の連絡先が書いてあるので、なかなかタクシーが来ない場合は連絡して呼ぶようにします。丁寧に各ホテルまでの目安の料金表もあるので助かります。

チップを忘れずに!

タクシーのドライバーに支払うチップの目安は、タクシー乗車料金の10~15%程。料金とチップを合わせて、お釣りがないように紙幣で払うのがスマートな支払い方です。

例えば、タクシー料金が$30だった場合、チップは$3〜$5が必要になってきます。セントの単位は切り上げでも切り下げでもいいので、$1単位で切りよくスッキリと支払って下さい。

持ち合わせによりお釣りを貰いたい場合は、支払う金額と返して欲しいお釣りの金額を伝えるようにしましょう。決して嫌な顔はされないと思います。

ここで注意!

ホテルやレストランのスタッフにタクシーの手配を頼んだ場合も、チップ忘れてはいけません。

チップの額は$1~2ほどで大丈夫です。

併せて、タクシーまで荷物を運んで貰った場合も、荷物1個につき$1が相場となっています。

日本ではチップを払う習慣がないので、どうしても忘れがちというか、疑問というか。

しかし、例えば外国人を自宅に招いた場合、靴を脱いでくれなかったら気分を慨しますよね?

「そのくらいは常識でしょう!」なんて思うかもしれません。それと同じだと考えて、「そこの土地の習慣に気持ちよく従おう」と自分なりに納得したことを思い出します。

ドアは自分で開ける

グアムのタクシーは自動ドアではないんです。乗り降りのときは自分でドアを開閉しなければなりません。

そんな、開閉をセルフでするタクシーを使うと、改めて日本のタクシーの素晴らしさに気付きます。

 

自由に使えるレンタカー

自由に行動できるレンタカーは、好きな場所に好きな時間に行けるのでやはりいいですよね。

時間を気にしなければならない公共の乗り物も、子供が小さいと余裕を持って行動するというのがキツイ場合もあります。

そんな時に重宝なレンタカー。グアムにはたくさんレンタカー会社がありますが、利用する場合に知っておきたい事などご紹介します。

利用するときに必要なもの

  • 運転免許証

グアムでの運転は、日本の免許証で運転可能です。(国際免許証は不要)

  • クレジットカード

支払いはクレジットカード指定の会社が多いです。レンタカー代は現金可のところもありますが、保証金として$100分をカードより保留されることが多いので、クレジットカードは必須です。無事に車両を返却すれば保証金は戻ります。

予約方法

  • 宿泊しているホテルのレンタカーカウンターで借りる

ホテルのカウンターや電話予約の場合、日本人や日本語の話せるスタッフが常駐しているところがほとんどなので、心配はいりません。借りるときも返却もホテルへになります。

  • 空港で借りる

ツアーの場合はホテル送迎付きが多いのですが、個人の場合は空港からホテルまで自分で移動しなければなりません。

タクシーを利用するのもいいですが、観光でレンタカーを使うつもりでいるなら、空港でレンタルしてしまいましょう。グアム空港にはアラモレンタカー、ニッサンレンタカー、ダラーレンタカーのカウンターがあります。

アラモレンタカーグアムはこちらから

ニッサングアムレンタカーはこちらから

ダラーレンタカーグアムはこちらから

  • レンタカー会社へ電話予約またはネット予約

一番おすすめは、事前のネット予約ですね。求めている車種や、運転しやすいサイズの車などの要望が通りやすいからです。

また、グアムに到着したら空港やホテルまで、レンタカー会社がお迎えに来てくれるサービスもあります。レンタカー会社により異なりますが、タモン・タムニング地区と空港近辺のホテルは無料往復送迎、空港へは片道$3のところや、空港送迎は無料だが空港施設利用料を一人$9の実費など。

宿泊するホテルによっては、タクシーを利用するよりお得な場合もありますね。

それと、予約の際に気を付けたいのがシーズン料金。繁忙期(GW・夏休み・冬休み・年末年始)はそうなっても仕方ないと思いますが、繁忙期も割増料金無しとうたっているレンタカー会社もあるので、上手に選んでください。

グアム島のレンタカー選びはこちらから

運転で気を付けること

  • 右側走行

みなさんご存知かと思いますが、日本とは真逆の右側通行です。道路の真ん中にあるのが左折用の車線なので、よく注意してください。

  • シートベルト

運転手ほか、同乗者も全員シートベルト着用の義務があります。

  • 携帯電話

走行中はもちろん使用禁止です。渋滞や信号待ちで停止の間も使用してはいけません。違反の場合、$100以上の罰金などもあるので、安全な場所に駐車して使用してください。

  • 全車線ストップ

停止中のスクールバスがいた場合、後方から抜かして通過することは禁止です。また反対車線も停止しなければなりません。スクールバスが発進するまでじっと待ちましょう。

グアムの交通ルールはこちら

 

まとめ

 
シャトルバス、タクシー、レンタカーの紹介をしましたが、利用してみたいものはありましたか?
 
思い出に残るグアム旅行にするためには、自分に合った移動手段でスマートに観光したいものです。そのために、いろいろな交通手段を試してみるのもいいでしょう。
 
あたふたと慣れない頃もありましたが、そんなことも過ぎればいい思い出になります。
 
グアム旅行を計画している皆さん、素敵な旅行になれば嬉しいです。

 

「旅費の見積りはしましたか?」

Kai
自宅で簡単に、しかも無料で複数の会社に一括見積りできます
少しでもお得にと思うのなら必ず数社から見積もりを取ってください。各地域を専門に取り扱う旅行会社が日程や予算等、要望に合わせて最適なプランを無料で作成・提案してくれます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください