グアムの穴場「マタパンビーチ」とは?場所や周辺情報をチェック!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

 

グアムではずせないものと言ったらやはり海ですね。青い空に青い海・・関東に住んでいる私にはなかなか簡単には見られない景色です。

グアムでは観光やショッピングも楽しみですが、この雄大な海の景色を見たい、というのも毎回グアムに来る理由の一つです。

グアムにはタモンビーチイパオビーチなど、いくつかビーチがあります。グアムのビーチなんてどこも同じだと思っていませんか。実はビーチによって海の状態や雰囲気、設備が違うのです。

今回はその中でものんびりできるおすすめの穴場スポット、マタパンビーチ(Matapang Beach)についてご紹介します。

マタパンビーチの名前はあまり聞いたことがないかもしれませんが、実はとってもステキな場所です。その魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

マタパンビーチとは

引用:GoogleMaps

まず、「ビーチ」について少しご説明します。海に囲まれたグアムにはいくつかビーチがありますが、プライベートビーチパブリックビーチに分けることができます。

  • プライベートビーチ
    所有者や、ビーチが契約しているツアーの参加客など限られた人に有料で利用されるビーチのこと。ココパームガーデンビーチココス島のビーチなどがあります。
  • パブリックビーチ
    一般に開放されているビーチのこと。イパオビーチやハガニアビーチなどがあります。無料で利用できます。

マタパンビーチはタモン湾のほぼ中央に位置するパブリックビーチです。観光客だけでなく地元の方も多く訪れる場所です。

グアムで一番にぎやかな場所に面しているタモンビーチと比べると、のんびりした時間が流れている感じがします。

Kai
遠浅のビーチなので小さい子でも遊びやすい場所です。こどもの海外のビーチデビューにもピッタリの場所ではないでしょうか。
Emily
ちなみに「マタパン」とは、17世紀ごろのチャモロ人の首長の名前です。

また、マタパンビーチにはトイレやシャワーも完備されています。

トイレやシャワーがなく、わざわざホテルまで行かなければならないビーチもあるので、マタパンビーチは便利さから考えてもおすすめのビーチです。

マタパンビーチの平日は静かに過ごせますが、休日になるとバーベキューをする人たちなど多くの人でにぎわいます。

車で音楽を大音量でかけていたりするので、人があまりいない静かな時がよければ、平日に行くことをおすすめします。

そして、砂浜も白くてとてもきれいなビーチです。ただ砂浜は砕けたサンゴや、ビールの栓が落ちていることが多いので、歩くときははだしではなくマリンシューズを履いた方が良さそうです。

Mama
私が行ったときはナマコが砂浜にいました。危うく踏んでしまうところでしたが、なまこは砂浜をきれいにしてくれる生き物なのでそっとしておいてあげましょう。マタパンビーチの海は透明度が高くとてもきれいで、魚もたくさん見られますよ。

 

マタパンビーチの場所


引用:GoogleMaps

タモン湾に面するビーチはいくつかありますが、ホリデイリゾート&スパグアムの前からフィエスタリゾートグアムの前までのビーチをマタパンビーチと言います。

行き方

引用:ホリデイリゾート&スパグアム

1.まずはホリデイリゾート&スパグアムをめざしてください。

ホリデイリゾート&スパグアムまでの行き方

  • 徒歩
    Tギャラリアなどがあるタモンの中心地からホリデイリゾートまでは、徒歩で約15分です。

  • 同じくタモンの中心地からホリデイリゾートまでは車で約4分です。
    グアム国際空港から車で行く場合は10分ほどで行けます。

    また、レンタカーでいく場合は、ホリデイリゾートの奥の海の方に駐車場があります。停めやすい駐車場ですのでレンタカーの場合も気兼ねなく行けますね。ただし、休日はバーベキューをする人たちが車でくるので停められないこともあります。休日は早めに行きましょう。

レンタカーについてはこちらの記事もご覧ください。

グアムでおすすめの格安レンタカー!免許や保険、車種などを解説!

2019-04-09

  • 赤いシャトルバス
    ラムラムツアーズが運行するシャトルバスでも行けます。
    停留所:「ホリデイリゾート/フィエスタリゾート前」
    運行ルート:タモンシャトル(南回り)、朝市シャトル(土日の朝のみ運行)
    料金:一回乗車券$4で、他に一日乗車券などもあります。

    運行情報などの詳しい情報はこちらをご覧ください。

    グアムの交通手段はラムラムツアーズが運行する赤いシャトルバス!

    2019-01-11

  • レアレアトロリー
    H.I.S.が運行するレアレアトロリーでも行けます。
    停留所:「ホリデイリゾート/フィエスタリゾート前」
    運行ルート:ホテルルート、チャオフリーマーケットエクスプレス(土日の早朝のみ運行)
    料金:一日乗り放題券$10です。ただし、H.I.S.の対象ツアー参加者はホテルルートを無料で利用できます。

    運行情報などの詳しい情報はこちらをご覧ください。

    グアムの交通手段はH.I.S.レアレアトロリーで快適に移動しよう!

    2019-01-22

2.ホリデイリゾートから徒歩ですぐに行けます。


引用:グーグルマップ

ホリデイリゾートとその横にある交番の間の道を行くとマタパンビーチはあります。上の写真の右にある大きな建物がホリデイリゾート、「POLICE」とある左の小さな白い建物が交番です。

Kai
ちなみにこの交番、日中しかお巡りさんはいないそうです。夜に何かあったらどうするのでしょうか・・。
Mama
やはり海外では引き締めるところは引き締めて、楽しむところは思いっきり楽しむ、が基本ですね。

 

マタパンビーチの設備

ビーチに行くと、やはり気になるのが設備です。設備によっては準備していくものが違ってきますので、事前に確認しておきましょう。

トイレ

ホリデイリゾートと交番の間の道を通り、マタパンビーチに出る前のところにトイレがあります。一般的な公衆トイレですので、きれいなトイレがいいという方は、ホリデイリゾートやフィエスタリゾートのトイレを利用しましょう。

Mama
グアムのトイレを利用するときは、お金は払わなくても大丈夫です。また、トイレットペーパーも基本的には置いてありますが、補充されていないこともあるので心配な方は流せるティッシュを持っておきましょう。

シャワー

トイレのすぐ横にシャワーもあります。壁から出た蛇口から水が出てくる簡単なものですが、砂や海水を洗い流せるのでこれだけでさっぱりします。お湯は出ませんが、グアムはご存じの通り暑いのですぐに乾きますよ。

ちなみにマタパンビーチに更衣室はありませんが、トイレで着替えられるので、その点も心配ありません。

Kai
ビーチで遊んだ後は、シャワーで洗い流してそのまま街に繰り出すことができますよ。わざわざホテルに戻る必要がないので、シャワーがあるのとないのとでは大きく違いますね。

監視員

引用:GoogleMaps

マタパンビーチは誰でも気軽に行けるパブリックビーチですが、ちゃんと監視員がいます。監視員は上の写真の建物に常駐しており、海が危険な状態になった時に声をかけてくれたりして見守ってくれています。

波に注意する、貴重品には気をつける、などある程度は自分たちで身を守らなければいけませんが、ライフガードがいてくれるといざという時は安心できますね。

また、この建物のそばに海に入るときの注意情報が出ています。海の状況を示す旗も出ているので必ず確認しておきましょう。旗は色によって示している状況が異なります。

  • 緑色→比較的穏やか
  • 黄色→遊泳注意
  • 赤色→遊泳禁止
  • 青色→危険な海洋生物あり

ガゼボ

引用:GoogleMaps

ガゼボとは、西洋風のあずまやのことです。ここでバーベキューなどの食事をしたり、休憩したりできます。

マタパンビーチにもいくつかガゼボがあるので、ちょっとした食事をしたい時や日陰でゆったりしたい時に利用するといいですね。

 

レンタルできるものは

引用:マップルアクティビティ

  • スタンドアップパドル
    マタパンビーチではレンタルできるものがあまりありませんが、スタンドアップパドルはレンタルできるそうです。(1時間で約$10)
スタンドアップパドルとは
ハワイ発祥のマリンスポーツで、サーフボードよりも少し大きめのボードの上に立ってパドルを漕いだり、座ってカヤックのように漕いだりします。慣れたらこどもでもできますので家族みんなで楽しめます。

マリンセンターでレンタルする

フィエスタリゾートグアムのすぐそばにあるマリンセンターでビーチグッズをレンタルできます。

基本情報
●レンタルできるもの:シュノーケルセット、カヤックチェアなど。
●営業時間:9:00~17:00

 

アクティビティ

シュノーケリング

引用:マップルアクティビティ

シュノーケリングとは、シュノーケルと呼ばれるパイプ状の呼吸器を口にくわえて比較的浅い海の中を遊泳しながら、水中の景色や魚を見て楽しむものです。マタパンビーチは海の透明度が高いのでシュノーケリングが特におすすめです。

   
●シュノーケル
●専用ゴーグル
●フィン(足ひれ)

こちらのセットで大体4000円前後です。資格や技術も必要なく、気軽にできるアクティビティなので、ぜひともやってみてくださいね。こどものサイズのシュノーケルセットもありますので、家族みんなで楽しみましょう。

こちらの記事は同じタモン湾にある別のホテルの記事ですが、シュノーケリングのやり方などについて詳しく書いていますのでぜひごらんください。

グアム旅行!デュシタニのプールやビーチでシュノーケリングを満喫!

2019-03-31

水中カメラ

シュノーケリングで見た景色を、目に焼き付けるだけでなく、いつでも見られるようにしておきたいですね。そのために水中カメラも用意しておきましょう。

気軽に使える使い捨て水中カメラ
 

こちらのカメラは、撮影して現像する、という簡単なものです。値段も2000円未満と比較的安いですし、「とりあえず写真に残しておきたい」という方にはおすすめです。

便利な機能付き水中カメラ

●防水機能
●手振れ補正機能
●広角レンズ
●Wifi機能
●ケース付き
たくさんの便利な機能がついていますが、初心者でも大丈夫です。撮影後、すぐにSNSへアップすることも可能ですし専用のアプリをダウンロードすることで、撮影した映像をスマホでも見ることができます。

価格も10,000円ほどと、これだけ機能がついている割にはお安く感じます。せっかくのグアム旅行ですから、思い切って買ってみるのもいいかもしれませんね。

アクティビティにいいものを一部紹介しましたが、ご自分に合うものを探してみてくださいね。

 

周辺情報

マタパンビーチでのんびりと一日過ごすのもいいですが、近くにはどんなものがあるんだろう、他にも行ってみたいな、と思うこともありますよね。

またビーチには売店がないので、ランチにしたい時やちょっとおなかがすいたときにはどこに行けばいいんだろう、と悩んでしまうと思います。そこでマタパンビーチの周辺情報をご紹介したいと思います。

周辺のビーチ

  • タモンビーチ(アウトリガーホテル前からハイアットリージェンシー前)

マタパンビーチから海に向かって右手の方向にあります。タモンビーチはグアムで一番にぎやかなビーチです。

Tギャラリアなどの大型ショッピングセンターやホテルが立ち並ぶ「プレジャーアイランド」からすぐのところにあり、パラソルやシュノーケリングなど海で楽しめるグッズのレンタルも充実しています。

タモンビーチの詳しい情報はこちらの記事をごらんください。

グアムのタモンビーチを満喫!基本情報やアクティビティを紹介!

2018-12-13

 

  • イパオビーチ(パシフィックアイランズクラブグアム前からヒルトングアムリゾート&スパ前)

    マタパンビーチから海に向かって左手の方向にあります。イパオビーチは比較的のんびりできる雰囲気のビーチです。海の透明度が高く、魚が多いためシュノーケリングの絶好ポイントとなっています。

    イパオビーチの詳しい情報はこちらの記事をごらんください。

    シュノーケリングにピッタリ!インスタ映えするイパオビーチの楽しみ方!

    2019-02-18
注意
ビーチによっては潮の流れが速かったり、盗難など犯罪が頻繁に起こっているビーチもあります。

タモン湾沿いはビーチがたくさんあり、きれいな砂浜をずっと歩いていきたくなりますが、いつの間にか人のいない遠くのビーチまできてしまったということないよう常に安全なビーチにいるようにしてください。

 

周辺の食事ができるところ

多国籍料理のブッフェが楽しめるお店です。大きな窓から太陽光が降り注ぎ、明るく開放的な雰囲気のレストランです。

基本情報
●営業時間:朝食(6:30~10:00)、ランチ(11:00~14:00)、ディナー(18:00~21:00)
●料金:約$20~/人
●場所:ホリデイリゾートグアムのロビー階にあります。
●曜日で変わる料理のテーマ:

月曜日 日本料理
火曜日 中華料理
水曜日 フィリピン料理
(酸味や甘みが効いた魚料理や肉料理)
木曜日 イタリア料理
金曜日 シーフード料理
土・日曜日 多国籍料理

George
ホリデイリゾートには以前「カリフォルニアピザ キッチングアム」がありましたが、2019年の3月にザ・プラザの方へ移転しています。

 

  • ワールドカフェ
    引用:フィエスタリゾートグアム

    ビーチを眺めながらブッフェを楽しめるお店です。

    基本情報
    ●営業時間:朝食(7:00~10:30)、ランチ(11:30~14:00)、ディナー(18:00~22:00)
    ●料金:約$22~/人 (4歳以下は無料です)
    ●場所:フィエスタリゾートグアムのロビー階にあります。

  • ハーゲンダッツカフェ
    引用:フィエスタリゾートグアム

海で思いっきり楽しんだ後には冷たいものが欲しくなりますよね。ハーゲンダッツカフェにはアイスクリームの他、オリジナルのパフェやコーヒーセットもあります。大人も子供も一息つけるカフェです。

基本情報
●営業時間:10:00~23:00
●料金:ドリンクで約$3~、パフェだと$10~くらい。
●場所:フィエスタリゾートグアムのロビー階にあります。

Kai
少々値段は高いですが、ハーゲンダッツのお店は日本にはありませんので、グアムに来たらぜひ一度寄ってみてくださいね。
  • その他、ホリデイリゾートグアム前からタモンの中心街までの通りに、「サブウェイ」やラーメン屋の「藤一」などのお店があります。

周辺の食事が買えるところ

食べ物や飲み物から、洗濯洗剤などの日用品まで幅広くそろっています。お土産も売っています。ここで食べ物と飲み物を買ってビーチで食べるのもいいですね。

基本情報
●営業時間:8:30~23:00

 

食べ物や日用品はもちろん、ビーチグッズも充実しています。日焼け止めなども売っているのでありがたいですね。

基本情報
●営業時間:7:00~23:00
●場所:フィエスタリゾートグアムの道を挟んで斜め前にあります。

Kai
日本人の方が経営されていて、とってもフレンドリーなので、何か困ったことがあると相談してみるのもいいかもしれません。その時はお店でお買い物をすることは忘れないでくださいね。

 

  • ABCストア(グランドプラザ店)
    引用:グランドプラザホテル

    食べ物や飲み物のほか、日用品や医薬品も売っています。そしてビーチグッズも売っています。マタパンビーチではレンタルできるものがあまりないので、ここで購入しておくのもありかもしれませんね。
基本情報
●営業時間:7:30~0:30
●場所:グランドプラザホテルの1階にあります。マタパンビーチから歩いて10分もかからないくらいの距離です。

 

グアム唯一の動物園が近くにあります

引用:グアム政府観光局

こちらはグアム唯一の動物園、「グアム・ズーロジカル・ボタニカル&マリン・ガーデン(Guam Zoological Botanical & Marine Garden)」です。1977年に開園したグアムでも穴場スポットなのです。

こちらはホリデイリゾートからマタパンビーチに出る道の途中にあります。

ここでは大型動物や猛獣ではなく、かわいらしいそして珍しい動物たちに会えます。カラバオ(水牛)やロバ、コウモリやクジャクなどがいます。

引用:グアム政府観光局

そしてこの動物園には絶滅危惧種であるココバード(別名:グアムクイナ)もいるんです。上の写真のように、しましま模様がおしゃれな小さな鳥です。

Emily
動物園にいるココバードはとても人懐っこくてかわいいですよ。グアムに住んでいてもなかなか見られないので、ぜひ一度見に行ってみてくださいね。
基本情報
●営業時間:10:00~16:00
●料金:12歳以上$15、11歳以下$8.5
●入場するには、入り口にあるボタンを押してください。

引用:グアム政府観光局

Kai
私たちが行ったときには、陽気で笑顔がステキなオーナーのおじいさんが出てきてくれました。動物たちを本当にかわいがっている感じで、いろんなお話を聞かせてくれました。動物たちの他に植物もたくさんあり、こどもたちもとっても楽しかったようです。
この動物園の入り口の近くにはラッテストーンがいくつかあります。ラッテストーンとは、グアムやサイパンなどのマリアナ諸島に見られるサンゴ石の石柱群です。ラッテストーンが何に使われたものなのかは、古代チャモロ文化が途絶えてしまったためによくわかっていません。

マタパンビーチやその周辺には、グアムを知ることができ、グアムを感じられる場所がたくさんありますね。古代チャモロ文化にも思いをはせながら過ごすことができる場所だと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。マタパンビーチはタモン湾のビーチの中でも自然を感じられる静かな場所です。

有名なタモンビーチもいいですが、せっかくグアムに来たからにはグアムの自然の中にゆったり身を置いてみるのも良いのではないでしょうか。

また、マタパンビーチは素晴らしいサンセットが見られることでも有名です。

午前中はシュノーケリングなどアクティブに過ごし、ランチはビーチや近くのレストランで楽しみ、夕方まではビーチや動物園で人や動物と触れ合い、雄大なサンセットを見て感動する・・考えただけでもワクワクしますね。

ぜひ次のグアム旅行にはマタパンビーチまで足を運んでみてください。きっと一生忘れられない体験と感動が待っていると思います。

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください