グアム旅行!日本帰国時の制限、酒、タバコ、化粧品や輸入禁止品!

スポンサーリンク

「マイルを貯めて、もっとお得にグアムへ行こう!」

Kai
マイルは「フライト」や「クレジットカード決済」でしか貯まらないと思い込んでいませんか?
日常生活で大量にマイルを貯めてお得にグアムへ行きましょう!誰でも簡単に取り組めます。新婚旅行や家族旅行、旅費を抑えて浮いたお金で美味しいものや欲しかったものを買っちゃいましょう!

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

楽しいグアム旅行も終わりが近づいて、後は飛行機に乗って帰るだけ。日本にいる知り合いにお土産を買ったり、自分や家族用のお土産を買う方も、多いのではないのでしょうか。

私たちの家族もグアムが好きで、毎年グアム旅行に家族で行っています。お土産もたくさん買うのですが、残念ながら空港で没収。持ち帰れなくて、苦い経験があります。

せっかく買ったお土産が無駄にならないように、日本帰国時の制限についてまとめました。これからグアムに行く方や、帰る予定の方。これを参考にして、旅行計画を立ててみては、いかがでしょうか。

 

輸入禁止 前編

『禁止とか制限とか、なんだか大変そう』『覚えるの難しそう』そんな声が聞こえてきそうですね。確かに1つ1つ細かく覚えるには大変です。とりあえず細かい部分は置いといて、簡単な3つを紹介します。

  1. コピー商品
  2. ワシントン条約
  3. 食品、植物

この3つの共通点は、【人】と【環境】を守ることです。1つずつ説明していきますね。

・コピー商品

これはブランド品の偽物だったり、海賊版と呼ばれるDVDなどを違法コピーした物です。

主に[商標権][著作権]といった、【人の権利】を守るための制限です。グアムでも離島のショップで取り扱っている場合があり、注意が必要です。ショップごとに多少の値段の差はあるのですが、あまりにも相場より安いものは危険です。

正規のショップで購入したものなら問題はないので、そちらで購入するようにしましょう。安さにつられて購入すると、税関で没収されたり、罰金の可能性もあります。出費を抑えたつもりが余分な出費になった。なんてことにならないように気をつけましょう。

・ワシントン条約

条約と書かれているので、これが一番難しそうに聞こえますよね。簡単に言うと、絶滅の可能性がある【動植物】を勝手に国外へ持ち出してはいけません。という内容です。

気を付けなければいけないのが、規制の対象が生きている動植物だけではないと言う事。規制対象の素材を使った、カバンや財布などの加工品も持ち出せません。

Kai
私はまだこの手の物を買った事がないので、分からないですが。他の規制品も含めて、ショップの店員がOKと言っても、ダメなパターンもあるそうですよ。

これは上で挙げた、【環境】を守るための規制ですね。どうしてもほしい方は、きちんとした手続きをして持ち帰るようにしましょう。

・食品、植物

基本的に肉製品、果物、植物の種、土が付着した花などが、禁止されています。寄生虫や病原菌を、日本に持ち込まないための規制ですね。

【人】を守るためでもあり、【環境】を守る意味もあるように感じます。

Kai
実は私の苦い経験があるのはこれなんです。グアムには思いのほかカップラーメンが豊富に売っているんですよ。初めて行った時に感動して、夜食に大量買いをしたんです。その余りを持ち帰ろうとしたのですが、空港で没収されてしまったんです。

その時はあまり分かっていなかったんですが、どうも牛肉の加工品が入っていたのがダメだったようです。グアムはアメリカの領土になるので、牛肉が輸入されている今でも、牛肉の加工品は禁止でした。

検疫という検査を受けて、証明書を発行してもらえば持ち込む事ができる物もあるので、持ち帰る時は気をつけましょう。上記の3つは、比較的に覚えやすいので覚えておいてください。

 

輸入禁止 後編

少し難しくなりますが、次は税関のホームページに記載されていた輸入禁止の内容です。

  1. 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具
  2. 指定薬物(医療などの用途に供するために輸入するものを除く。)
  3. けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品
  4. 爆発物
  5. 火薬類
  6. 化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質
  7. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体など及び同条第21項に規定する二種病原体など
  8. 貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手または有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)
  9. 公安または風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
  10. 児童ポルノ
  11. 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権または育成者権を侵害する物品
  12. 不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号までまたは第10号から第12号までに掲げる行為を組成する物品

URL外務省関税局ホームページから引用

(注)記のほかに医薬品、医療機器などの品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律、植物防疫法、家畜伝染病予防法などにおいても輸入が禁止されているものがあります。

また、違法ではないと称して販売されているハーブやアロマオイル、バスソルトなどの商品の中には、「麻薬」や「指定薬物」にあたり、輸入が禁止されているものがありますので、ご注意ください。

書き方が難しいですね。要は『日本の法律に関わるものは持ち込めないよ』ってことです。麻薬や銃、爆発物は常識的に日本では禁止ですよね。法律に関わりそうなものはお土産に選ばないようにしましょう。

 

持ち込み制限【化粧品、医薬品】

女性の方は日本にない化粧品などを、たくさん持ち帰りたいと思います。ですが化粧品と医薬品は薬事法と言う法律が関わってくるので、個人の使用限定かつ数量規制があります。

・化粧品

化粧品は一品目につき24個までの制限があります。この範囲をこえると税関で没収されたり、その場で破棄しなければなりません。

『こえる場合は税金を払えばいいの』という声が聞こえそうですが、個人が使用する範囲で認められているのが24個以内なので日本に持ち込む事はいっさいできません。

バレなければOKという内容を見かけますが法律に違反しているので気を付けましょう。せっけんや歯磨き粉なども、こちらの対象に入るそうですよ。

・医薬品

知り合いにお土産で医薬品を頼まれた時は、断るようにした方が無難です。今から紹介するのはあくまで個人使用の範囲なので、販売はもちろん、誰かにあげることも禁止されています。

○医薬品及び医薬部外品  

1)外用剤(毒薬、劇薬及び処方せん医薬品を除く)

・ 標準サイズで一品目につき24個以内

2)毒薬、劇薬及び処方せん薬

・ 用法用量からみて1か月分以内

3)上記以外の医薬品

・ 用法用量からみて2か月分以内

なお、自己判断で使用すると重大な健康被害を生じるおそれがある医薬品は、数量にかかわらず医師による処方が確認できない限り、一般の個人による輸入は認められません。

薬事法の関係で自分で使う場合は、上記の範囲内で持ち込みが可能です。知り合いにあげる場合、事業目的の輸入として扱われるため個人で持ち込む事が出来なくなってしまいます。

関税 基礎知識

販売目的の商用輸入と個人使用の輸入で税金額が変わります。今回は旅行目的なので、個人使用の輸入について説明をしていきますね。

まず日本帰国時の機内で【携帯品・別送品申告書】と言う紙が配られます。これを家族の場合は代表者が1枚。友人などとグループで行った場合はそれぞれ一人1枚書かなければ行けません。

免税範囲をこえる場合はここで申告して、日本の空港にて税関ブースで税金を支払います。緑色のレーンは免税レーン。赤色は課税レーンなので持ち物に合わせて正しい方に入りましょう。

分からない場合は税関の職員に聞くと、丁寧に教えてくれます。次に免税範囲ですが、大きく分けると2つのジャンルにわかれています。

  1. 酒、タバコ、香水
  2. その他

なぜこの2つかと言うと、免税範囲が細かく決まっているか、いないかです。酒、タバコ、香水は数量で規制があり、その他の物は20万以内ですと免税になっています。

極力、旅行者の負担が少なくなるように課税されていきますので、『思ったより安いな。』って時もありますよ。

 

免税範囲【酒、タバコ、香水】

日本ではお酒とタバコは20歳から。みんな知ってる常識ですね。当然のように海外でも20歳からOKだと思う方もいるかもしれませんが、グアムでは21歳未満が禁止されています。

つまりグアムでは20歳なら禁止なんです。友人と遊びに行く大学生の方などは気をつけてくださいね。日本に持ち帰る時の制限ですが、下記の免税範囲をこえると税金が掛かってきます。

・酒

  • 酒 760ml 3本まで

酒類は約2280ml以内であればOKなので、350mlの缶ビールの場合6缶までが免税範囲です。

OK例 350ml×6本=2100ml  

NG例 350ml×7本=2450ml

課税額は酒の種類によって変わります。

種類 1リットルの課税額
ウイスキー、ブランデー 600円
ラム、ジン、ウォッカ 400円
リキュール、焼酎など 300円
ビール、ワインなど 200円


・タバコ

  • タバコ

近年はいろいろなタバコが出ていますので、種類ごとに違いがあります。

2018年10月1日~の規制
種類 数量

昔の規制にあった、日本製、外国製の区別は無くなりました。

種類ごとではなく、合計の数量になります。

 

OK例

紙巻200本+ヒートスティック200本

紙巻200本+葉巻25本+プルームテック25個

 

NG例

紙巻300本+プルームテック100個

葉巻400本

 

紙巻タバコ 400本
ヒートスティック 400本
プルームテック 100個
葉巻タバコ 100本
その他のタバコ 500g

 

2021年10月1日~の規制
種類 数量

類ごとではなく、合計の数量ですのでご注意ください。

 

OK例

紙巻100本+プルームテック25個

ヒートスティック100本+プルームテック10個+葉巻15本

 

 

NG例

プルームテック50個+葉巻50個

紙巻400本

紙巻タバコ 200本
ヒートスティック 200本
プルームテック 50個
葉巻タバコ 50本
その他のタバコ 250g

愛煙家の方はいろいろな種類のタバコを吸い分けたり、紙巻以外も合わせて持っている方もいると思うので合計数にはお気をつけください。

グアムではナターシャ保護法という喫煙に関する法律があります。公共の場所は基本的に禁煙なので、一つの種類に絞った方がわかりやすいかもしれませんね。

酒もタバコも未成年者には、上記の規制に関係なく免税されません。お土産を頼まれたりした時はなるべく断った方がトラブルになりにくいですよ。

・香水

  • 香水

2オンスまでOK (1オンスは約28ml)

香水はこのようになっています。日常的に使っている香水を除き、未開封で2オンスまでが免税です。【オーデコロン】【オーデトワレ】は除くとなっているので、香料の濃度が8%未満の物はその他の税率が適用されますよ。

ただし、日常的に使っているものでも、使いかけをたくさん所持していると免税対象から外れる可能性があります。欲張らずにお気に入りを1つか2つ程度に納めたほうが、安心して税関を通過できます。

免税範囲【その他】

酒、タバコ、香水以外の物でしたら合計20万円以内は免税となっています。この20万円に1万円以下の物は含まれません。税関のホームページを見ても難しくて分かりづらいので、例を挙げながら説明しますね。

20万円に含まれるのは1品目の値段の合計が1万円をこえる場合。

  • 例1

1個1000円の口紅×10個+1個5000円のファンデーション2個

合計額が2万円ですが2品目がありますので

  1. 口紅1万円分
  2. ファンデーション1万円分

となり、20万円には含まれません。

  • 例2

1個1000円の口紅10個+1個2000円の口紅5個

合計額が2万円で先ほどと同じですが

  1. 口紅2万円分

となり、20万円に含まれます。

メーカーや色違いの商品を選んでも、口紅としてまとめられますので1品目です。

20万円をこえた場合、こえた品物の価格から60%を課税

  • 例1

1個5万円のハンドバッグ×1個+1個7万円の指輪×2個

【商品価格】

5万+14万=19万円

となり、20万円以内なので免税です。

  • 例2

1個5万のハンドバッグ×1個+1個7万円の指輪×2個+1個5000円のネクタイ×4本

【商品価格】

5万+14万+2万=21万円

となり、課税対象ですね。

この時の課税額ですが、旅行者の有利になるように課税されていきます。

課税価格は商品価格の60%に対して掛かってきますので

【課税価格】

  1. 5万円×0,6=3万円
  2. 7万円×0,6=4万2000円
  3. 5000円×0,6=3000円

この課税価格の15%が支払う税金です。20万の免税枠がありますから、その中に納まるように一番安い商品が選ばれるので安心してください。この場合だと

【税額】

  1. 3万円×0,15=4500円
  2. 4万2000円×0,15=6300円
  3. 3000円×0,15=450円

こうなり、20万からはみ出ているのは1万円ですので、ネクタイ2本分の組み合わせが一番安くなります。

免税

5万のハンドバッグ×1個

7万の指輪×2個

5000円のネクタイ×2個

合計 20万円    支払う税金0円 

課税

5000円のネクタイ×2個

税金450円×2=900円

 

合計 1万円   支払う税金900円 

これが税関で行われている計算です。20万をこえてもこのように税金が安く納まるパターンもあります。ただ、これを見て勘違いしてはいけないのが、『20万をこえても900円だけ払えばいいのか』と覚えてはいけませんよ。

あくまで20万をこえた分に納まるように1商品に対して全額が課税対象です。ややこしいですが、例3を書きますので例2と見比べてみてください。

例3

5万円のハンドバッグ×2個+7万円の指輪×2個

【商品価格】

10万+14万=24万

【課税価格】

  1. 5万×0,6=3万円
  2. 7万×0,6=4万2000円

【税額】

  1. 3万×0,15=4500円
  2. 4万2000円×0,15=6300円

免税

5万円のハンドバッグ×1個

7万円の指×2個

合計 19万円  支払う税金0円 

課税

5万円のハンドバッグ×1個

税金4500円

合計 5万円  支払う税金4500円 

このようにはみ出した1商品の全額に対して税金が掛かってくるので注意しておいてくださいね。


これが基本的な税金の仕組みになっています。腕時計やパソコンなど、例外もありますので上記を読んだ後に税関のホームページを確認していただくと分かりやすいと思います。(外首相関税局ホームページ)

 

まとめ

関税など細かく説明しましたが、実際には税関で全てやってもらえるので難しくはないです。正しく申告して法律に違反しないように気を付けてくださいね。

制限や禁止が多くて不便に思う部分もあると思います。それぞれの国を守るためには仕方ないことと割り切り、思いっきりグアムを楽しみましょう。

「旅費の見積りはしましたか?」

Kai
自宅で簡単に、しかも無料で複数の会社に一括見積りできます
少しでもお得にと思うのなら必ず数社から見積もりを取ってください。各地域を専門に取り扱う旅行会社が日程や予算等、要望に合わせて最適なプランを無料で作成・提案してくれます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください