為替や円ドルの予想や推移!チャートの見方などわかりやすく解説します!

スポンサーリンク

「気になるホテルの最安値をチェック!」

Kai
ホテル料金を比較、検討!
たくさんあるサイトから最安値を一度で検索できます。

 

旅行するときになんとなく意識する為替や円高ドル安という言葉。普段は為替を意識していなくても、生活は成り立ちます。果たしてみなさんは、この意味をしっかりと理解できているでしょうか。

難しくなければ、簡単であればもっと楽しく旅行ができると思いませんか。為替やチャートって実はとても身近な存在なのです。

為替の基本やチャートについて専門用語は使わずに、わかりやすく説明しますので少しだけお付き合いください。

 

為替と為替レート

為替とは現金を直接のやり取りをせずに、支払いができることをいいます。一般的に為替というと、外国為替のことを指します。簡単に言うと両替、日本円から外国のお金に換えることを言います。

為替レート(為替相場)とは、通貨(円)と通貨(ドル)を取り替えるときの比率のことです。円とドルは違う国の通貨なので、同じ価値で交換しないとフェアじゃないですよね。

そのために1ドル=120円と表記して、互いの国で欲しい通貨の価値を知るのです。毎日ニュースで「本日の為替レートは1ドル120円です」とサラッと紹介されていますね。

お金のやり取りのもととなるのは、ドルなど海外の通貨をもとにして計算します。

例えば、手元に10,000円持っていたとします。これを海外の空港などで、ドルに替えたいとしましょう。

1ドル=110円だとした場合、

10,000÷110=90.90←この値がドルです。

あなたは90.90ドルを円からドルに替えたということです。

もう1つの例を出してみましょう。

海外でクレジットカード支払いをする際、お会計が45ドルだったとします。日本円にすると、いくら支払ったことになるのでしょうか。

1ドル=111円だとした場合、

45×111=4,995←この値は円です。支払額は4,995円です

イメージは少しついたでしょうか。為替という言葉のアレルギーの人も、多いのではないのでしょうか。言葉は難しく感じることがありますが、やっていることは両替で、身近に感じられたのではないでしょうか。

 

円とドルの関係

引用:じぶん銀行「為替のきほん」

円高ドル安とする場合を見てみましょう。ある日のあなたは海外ブランドの限定商品(100ドル)を購入しようと目をつけていました。その日の為替レートは1ドル=110円でした。

日本円にして11,000円用意しておきました。もう少し考えたいからと、次の日に購入しようと思いました。翌日商品を購入しようとすると、商品の値札は変わらず100ドルなのに、なんと1,000円もおつりが来ました。

なぜでしょうか。その日の為替レートは1ドル=100円だったのです。あなたは予定より安く購入ができました。商品も思った通りの使い心地で大満足しました。こんな経験したことはありませんか。

私は何度かありました。グアムでは上記のように円高ドル安のときに現地のものを安く購入することができます。それは両替するときに1ドルの価値が安くなるので、たくさんのドルと交換ができるからです。

円安ドル高の場合はこの反対です。この場合は損したと感じます。どちらの通貨の価値が上がるか下がるかは、毎日変わってきます。為替レートを知るには、毎朝ニュースで確認しないといけないのでしょうか。

そんなことをする必要はなく、知りたいときはすぐにyahooファイナンスで知ることができます。

グアムのお金情報!両替はどこで?円高や円安、為替って何?

2018-11-13

レート推移と予想

細かい時間で変動する為替レート推移は、大きな買い物をする時に役立ちます。代表的なものは株式です。

それだけではなく海外に別荘を購入する予定がある、ブランド品や高級時計など輸入品を購入する際にはすべての商品に役立てることができます。

旅行シーンだと、クレジットカードなどで支払いをしたときに、いくら支払ったか予想ができます。平均が1ドル=110円だとしたら時間によって112円になったり、108円になったり変動が起こることを推移と言います。

頭がパンクしそうですね(笑)一番身近なのはクレジットカード支払いなので、国内での支払時にもこの考え方は役立ってきます。

スマートフォンで明細書を見ていたとしましょう。いくらのものを購入して、支払金額が参照されて、いつに引き落とされる。これを月々で比較して見てみると、推移が見られますね。

為替予想はおもに時間、日付、曜日など過去に出ている結果をもとに最高値を割り出すことができます。

 

為替計算をしてチャートを見よう

為替計算は簡単にできます。大体はサイトの上の方にあり、その時点の為替レートが載っています。yahooファイナンスで見てみてください。

円とドルを入れ替えたりして計算してみましょう。なんとなくわかってくるはずです。私はドルの他にもユーロやポンドにしたりしてみました。円以外の通貨は、触る機会があまりないので新鮮でした。

チャートも最初はわからなくて当たり前なので、こんな感じなんだな程度で流し見してみてください。チャートは今までお話したことをグラフや図にして、さまざまな情報を1つにしてまとめたものです。

そう思うと、簡単に思えてきたのではないでしょうか。図で一例を載せておきます。

引用:上田ハローFX

ドルでの買い物を検討しているときは、線が上に向かっているとき(朝~昼)に購入すると経済の流れに乗って購入することができます。

反対に線が下に下がっているとき(深夜など)は、為替レートが動かないまたは下がることがあるので、商品を購入するのはあまりおすすめしません。通貨の価値が変動して、入れ替わったりすることはいつでもあります。

円とドルの両方の視点で見る必要がありますね。このようにチャートを読めるようになると、日々の買い物が楽しくなると思いませんか。

 

チャートはリアルタイムで変わる

推移は1分ごとに変わっていきます。商品の価格も例外ではありません。もちろん両替するときもチャートは役立ちます。日々の生活に参考にできることが、結構あることに発見できますよ。

身近な旅行を例に見てみましょう。待ちに待っていた旅行が、1ヵ月後に控えていたとします。いままでのあなたは出発直前に、銀行でドルに両替をしていました。

ある日のチャートを隙間時間に眺めていました。その日の為替レートは1ドル=100円でした。まだ出発までに日にちがあります。

そこであなたはもう少し様子を見てみようと思いました。数日たってチャートを見てみると、1ドル=90円でした。過去の推移を見て納得したうえで、ドルに両替することができました。

チャートグラフを眺めていると、更新ボタンを押していないのに更新されていきます。これは1分毎に価格変動しているからです。日本にいても世界の経済の流れを知ることができます。

 

おわりに

今回は為替レートの基礎からチャートの読みかたを、なるべく専門用語を使わずにご紹介しました。とても難しく思えることでも、少し見方を変えると遠くに思っていたものが少しだけ、身近に感じたのではないでしょうか。

私も初めは本当にチンプンカンプンでした。為替ってなんて読むのだろうから入りました。為替(かわせ)と知った時は、人に聞かなくてよかったとほっとしたくらいです。

旅行に行く際にはぜひ為替レートを意識してみてください。日本と経済感覚が違うことに新鮮さを感じることができます。

そしてチャートを眺めてみましょう。あなたに役立ちそうなヒントが、たくさん隠されているかもしれません。

「ポケットWi-Fiを忘れていませんか?」 

Kai
ポケットWi-Fiとは「定額制」のサービスを利用して、グアムでもインターネットを楽しむことができる海外旅行に必須のアイテムです。
他社より安くて安定した通信状態を維持、日本と同じ環境でノンストレス!自宅か空港で受け取り、帰国時にそのまま空港で返却できます。詳しくはここをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください